【読売新聞より】[7月の読響]久々のアルブレヒト

桂冠指揮者ゲルド・アルブレヒトの写真桂冠指揮者のゲルド・アルブレヒトが久々に登場し、二つのプログラムを披露する。

1998年から2007年まで、第7代の常任指揮者として活躍したドイツの名匠だ。

定期演奏会(7月14日、サントリーホール)は、米国をテーマにした組み合わせ。

現代音楽のヴァレーズ「アメリカ」と、ドボルザークの交響曲第9番「新世界から」を取り上げる。

東京芸術劇場マチネーシリーズ(7月19日)はシューベルトの作品で固める。

前半で劇音楽「ロザムンデ」からバレエ音楽、間奏曲を、後半には交響曲「ザ・グレート」を演奏する。

(7月の読響掲載記事より)

※お問い合わせは「読売チケットセンター」 03-3562-1550 へお電話ください。

[2008年6月18日 15:51]

読響チケットセンター

前の月へ2017年6月次の月へ

    123
15:00
45678910
1214151617
14:00
18
14:00
19
19:30
2021222324
18:00
2526
19:00
27282930 

オーディション

  • 現在、募集はありません
クリックすると、読響ブックレット2017が新しいページでPDF表示されます