【読売新聞より】[8月の読響]井上道義、名曲シリーズ

200808.jpg   指揮者の井上道義=写真=が、5つのラプソディーを集めた名曲シリーズ(26日・サントリーホール)でタクトを振る。伊福部昭の初期の作品「日本狂詩曲」、リストの「ハンガリー狂詩曲第2番」など、民俗色の強いプログラムだ。

 サマーフェスティバル「三大協奏曲のしらべ」(16日・横浜みなとみらいホール、17日・サントリーホール)に登場するのは、昨年のバルトーク国際オペラ指揮者コンクールで優勝した橘直貴。バイオリンの長原幸太、チェロのユン・ソン、ピアノのラウマ・スクリデという新鋭を迎え、メンデルスゾーンなどを聴かせる。沼尻竜典指揮による「三大交響曲のしらべ」(19日・サントリーホール)はシューベルト「未完成」など。

(電)03・3562・1550。

[2008年7月22日 10:00]

読響チケットセンター

前の月へ2017年3月次の月へ

   123
15:00
4
15:00
56789
19:00
10
19:00
11
18:00
12
15:30
131415161718
14:00
19
14:00
21
14:00
22232425
26
14:00
272829
11:30
13:30
3031 

クリックすると、読響ブックレット2017が新しいページでPDF表示されます