【読売新聞より】[11月の読響]オスモ・バンスカがベートーベン交響曲

20081022-vanska.JPG フィンランドの名匠、オスモ・バンスカ=写真=が、昨年に続いてベートーベンの交響曲に取り組む。定期演奏会(21日、サントリーホール)と、横浜みなとみらいホールでのホリデー名曲コンサート・シリーズ(23日)では、交響曲第4番、第8番などを演奏。

 名曲シリーズ(27日・東京芸術劇場、28日・サントリーホール)では、交響曲第6番「田園」のほか、母国の現代作曲家アホの「交響曲第9番~トロンボーンと管弦楽のための」を紹介。トロンボーン独奏は名手クリスチャン・リンドバーグ。
 

 東京芸術劇場のマチネーシリーズ(16日)は、正指揮者・下野竜也のタクトにより、スメタナの連作交響詩「わが祖国」全曲に挑む。 
 

お問い合わせ:読響チケットセンター 03・3562・1550

[2008年10月22日 12:32]

読響チケットセンター

前の月へ2017年3月次の月へ

   123
15:00
4
15:00
56789
19:00
10
19:00
11
18:00
12
15:30
131415161718
14:00
19
14:00
21
14:00
22232425
26
14:00
272829
11:30
13:30
3031 

クリックすると、読響ブックレット2017が新しいページでPDF表示されます