【読売新聞より】[4月の読響]カンブルラン登場

cambreling.jpg 来年4月に読響常任指揮者に就任するシルヴァン・カンブルラン=写真=が登場する。

 ドイツ・オーストリア音楽の王道であるモーツァルトの歌劇「劇場支配人」序曲、ベートーベンの交響曲第4番、第5番「運命」を聴かせるのは、12日・東京芸術劇場、13日・サントリーホール。母国フランスのバロックから近代までを取り上げるのは18日・東京芸術劇場、19日・横浜みなとみらいホールで、ラモーの歌劇「ダルダニュス」組曲から、ベルリオーズ「幻想交響曲」など。

 正指揮者の下野竜也も、すべて日本人作曲家の曲という意欲的な演奏会で気を吐く。尾高賞を受賞した藤倉大の新作委嘱作品のほか、黛敏郎の「涅槃(ねはん)交響曲」などでタクトをとる。(電)03・3562・1550。

[2009年4月 3日 15:35]

読響チケットセンター

前の月へ2017年8月次の月へ

  1
15:00
2345
6789101112
13141516171819
20
14:00
21222324
19:00
25
15:00
26
2728
18:30
293031  

クリックすると、読響ブックレット2017が新しいページでPDF表示されます