【読売新聞より】[7月の読響]カンブルラン 多彩な演目

読響 常任指揮者 シルヴァン・カンブルランの写真 常任指揮者のシルヴァン・カンブルラン=写真=が、地域、時代など彩り豊かな組み合わせの三つのプログラムで、多様なレパートリーの一端を披歴する。

 東京芸術劇場マチネーシリーズ(3日)では、得意とするベルリオーズの序曲「ローマの謝肉祭」を手始めにオネゲル、ラフマニノフ、ムソルグスキーの仏露両国4作曲家を取り上げる。

 名曲シリーズ(8日サントリーホール)、東京芸術劇場名曲シリーズ(9日)は、マーラー「大地の歌」に、古典派のハイドン、20世紀前半に活躍したヴァレーズと変化に富んでいる。

 「3つの『ペレアスとメリザンド』」シリーズの第2弾はフォーレ。定期演奏会(14日サントリーホール)のオール・フランス・プログラムで演奏される。

第124回東京芸術劇場マチネーシリーズ

2010年7月 3日(土) 14:00 東京芸術劇場

指揮:シルヴァン・カンブルラン  
ピアノ:ニコライ・デミジェンコ
ベルリオーズ/序曲〈ローマの謝肉祭〉
オネゲル/夏の牧歌
ラフマニノフ/パガニーニの主題による狂詩曲
ムソルグスキー(ラヴェル編曲)/組曲〈展覧会の絵〉

第528回名曲シリーズ

2010年7月 8日(木) 19:00 サントリーホール

指揮:シルヴァン・カンブルラン
アルト:エカテリーナ・グバノヴァ
テノール:ミヒャエル・ケーニッヒ
ハイドン/オラトリオ〈天地創造〉から序奏
ヴァレーズ/砂漠
《マーラー・イヤー・プログラム》
マーラー/交響曲〈大地の歌〉

第174回東京芸術劇場名曲シリーズ

2010年7月 9日(金) 19:00 東京芸術劇場

指揮:シルヴァン・カンブルラン
アルト:エカテリーナ・グバノヴァ
テノール:ミヒャエル・ケーニッヒ
ハイドン/オラトリオ〈天地創造〉から序奏
ヴァレーズ/砂漠
《マーラー・イヤー・プログラム》
マーラー/交響曲〈大地の歌〉

第495回定期演奏会

2010年7月14日(水) 19:00 サントリーホール

指揮:シルヴァン・カンブルラン
ピアノ:児玉桃
《3つの〈ペレアスとメリザンド〉》
フォーレ/付随音楽〈ペレアスとメリザンド〉
ドビュッシー/ピアノと管弦楽のための幻想曲
メシアン/鳥たちの目覚め
デュティユー/5つの変遷(Cinq metaboles)

[2010年6月29日 19:00]

読響チケットセンター

前の月へ2017年8月次の月へ

  1
15:00
2345
6789101112
13141516171819
20
14:00
21222324
19:00
25
15:00
26
2728
18:30
293031  

クリックすると、読響ブックレット2017が新しいページでPDF表示されます