6月公演に向け、カリニャーニ氏とのリハーサルを開始

IMG_1426 (1).jpg6月16日、17日公演に向け、指揮者パオロ・カリニャーニ氏とのリハーサルが開始され、順調に進んでおります。
 
今の心境を「やっと東京に来ることができて、ほっとしている」と語るカリニャーニ氏ですが、日本に来る前日夜まで「本当に日本に行くのか?」と友人などから心配する電話がかかってきたと言います。
 
ヨーロッパでの日本の情報について尋ねると、「ヨーロッパの人々は、チェルノブイリのことが今でも記憶にあり、今回の福島のことで、ナーバスになっているという現実があります。一方で、報道する人々は、どうしても悪いニュースばかりをフォーカスしてしまうという一面もある」と深刻な表情で語りました。
 
IMG_1430 (1).jpg最後に日本のファンに伝えて欲しいと、メッセージをいただきました。
 
「今回の震災後、新国立劇場で予定されていた『コジ・ファン・トゥッテ』は様々な理由から、キャンセルをしなくてはならなくなったこと、そして皆さまにご迷惑をおかけしたことを、本当に申し訳なく思っております。読響との2週間の公演には、全力で取り組んでいきたいと思います。演奏会でお会いできますことを、楽しみにしております」
[2011年6月13日 18:30]

読響チケットセンター

前の月へ2017年8月次の月へ

  1
15:00
2345
6789101112
13141516171819
20
14:00
21222324
19:00
25
15:00
26
2728
18:30
293031  

クリックすると、読響ブックレット2017が新しいページでPDF表示されます