被災地・福島でミニコンサートを開催

福島 避難民コンサート.JPG 東日本大震災の避難住民を励まそうと読売日本交響楽団は5月29日、メンバー4人によるミニコンサートを福島県内2か所の避難所で行いました。
 福島民友新聞社の協力を得て実現したもので、二本松市のJICA二本松訓練所では約50人、また郡山市の「かんぽの宿郡山」では約80人の避難住民が集まりました。
 ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロの弦楽四重奏で、ドヴォルザーク「ユーモレスク」などのクラシック曲のほか、アニメ映画音楽「崖の上のポニョ」や「見上げてごらん夜の星を」などを演奏しました。
 最初のうちは、硬い表情で聴いていた避難住民でしたが、次第にほぐれ、楽しげに体を揺らしてリズムをとる人もいました。最後に唱歌「故郷」を演奏すると、歌いながら涙を流す女性らの姿も見られました。
 ヴァイオリン奏者の杉本真弓さんは「被災者の思いをどこまで受け止めることができるか心配でした。でも次第に盛り上がり、逆に大事なものをいただきました」と話していました。
[2011年6月 2日 14:50]

読響チケットセンター

前の月へ2017年4月次の月へ

      1
2345678
14:00
9
14:00
101112131415
18:00
161718192022
2425
19:00
26
18:30
272829
14:00
30
14:00
      

オーディション

  • 現在、募集はありません
クリックすると、読響ブックレット2017が新しいページでPDF表示されます