News

2月に共演するM.フロスト氏のインタビュー、「レコード芸術」誌に掲載

Frost(clarinet)2(C)本体に表記あり.JPG20110922231320646_0001.jpg来年2月にオスモ・ヴァンスカ指揮の読響と共演するクラリネット奏者マルティン・フロスト氏のインタビューが、現在発売中の『レコード芸術』誌10月号に掲載されています。
 
フロスト氏は、古典から現代曲まで幅広いレパートリーを持つほか、クロスオーバーに活躍しており、世界から注目を浴びる超絶技巧のクラリネット奏者です。
 
2月に演奏するカレヴィ・アホのクラリネット協奏曲(日本初演)についての思いや聴きどころについても語っています。是非、ご覧ください。
 

 

第10回オペラシティ名曲シリーズ

2012年2月14日〈火〉 東京オペラシティコンサートホール

指揮:オスモ・ヴァンスカ
クラリネット:マルティン・フロスト
グリーグ/付随音楽〈ペール・ギュント〉から抜粋
アホ/クラリネット協奏曲(日本初演)
シベリウス/交響曲 第2番 ニ長調 作品43

第546回サントリーホール名曲シリーズ

2012年2月15日〈水〉 サントリーホール

指揮:オスモ・ヴァンスカ
クラリネット:マルティン・フロスト
グリーグ/付随音楽〈ペール・ギュント〉から抜粋
アホ/クラリネット協奏曲(日本初演)
シベリウス/交響曲 第2番 ニ長調 作品43