カンブルランのインタビューが『モーストリー・クラシック』誌に掲載

20120227182955713_0001.jpg4月にフランス音楽を中心としたプログラムを指揮する常任指揮者シルヴァン・カンブルランのインタビューが、現在発売中の『モーストリー・クラシック』誌(4月号)に掲載されています。
 
カンブルランは読響との相性の良さについて、「最近は言葉で説明しなくても指揮棒の動きだけで、私のやりたいことを感じとってくれます」と話すほか、今シーズンの細川俊夫作品やマーラーへの思いなどについて語っています。是非、ご覧ください。
[2012年2月27日 18:28]

読響チケットセンター

前の月へ2017年6月次の月へ

    123
15:00
45678910
1214151617
14:00
18
14:00
19
19:30
2021222324
18:00
2526
19:00
27282930 

オーディション

  • 現在、募集はありません
クリックすると、読響ブックレット2017が新しいページでPDF表示されます