ヨーロッパで活躍する篠﨑靖男氏が読響と初共演へ!

DSCN0547.jpgフィンランド・キュミ・シンフォニエッタの首席指揮者・音楽監督の篠﨑靖男氏が、5月19日(土)に読響に初登場します。現在、19日公演に向け、熱心なリハーサルが続いております。
 
初共演となる読響の印象については、「皆さん一緒に音楽を作ろうという姿勢を感じられる素晴らしいオーケストラで、練習をしている間もとても“音楽の喜び”を感じられています」とお話しいただきました。
 
曲目は、ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番とブラームスの交響曲第2番という名曲プログラム。「私の得意なブラームスの2番という曲を取り上げられることがとても嬉しいです。お客様にもこの曲から、音楽を聴くことの特別な喜びを味わっていただけるのでは」と自信をのぞかせます。
 
また、ピアノ協奏曲で共演するロマノフスキーさんについて、「以前にも一緒に演奏した友人で、若手ながらとても豊かな才能を持った素晴らしいピアニストです。スラヴ系の彼が得意とするラフマニノフは、私もとても楽しみにしています」と期待を述べられました。
 
なお、チケットは完売のため、当日券はございません。13時よりキャンセル待ち整理券を配布いたします。

 

[2012年5月18日 10:10]

読響チケットセンター

前の月へ2017年5月次の月へ

 1
14:00
2
19:00
345
15:00
6
16:00
78910111213
14:00
14
14:00
1516171819
19:00
20
2122232425
293031   

オーディション

  • 現在、募集はありません
クリックすると、読響ブックレット2017が新しいページでPDF表示されます