"北欧の巨人"セゲルスタムが来日し、マーラー5番を披露へ

ヘルシンキ・フィルの名誉指揮者を務め、膨大なCD録音でもお馴染みのレイフ・セゲルスタム氏が来日し、21日公演に向けて、リハーサルに励んでいます。今回が読響と、約3年振りの6度目の共演となります。
 
se 003.jpg 昨日17日のリハーサル初日では、マーラーの交響曲第5番のリハーサルを行いました。巨体を使ってテンポを自由に操り、オーケストラに大きな声で次々と指示を繰り出すマエストロ。「リハーサルは順調に進んでおり、あと3日間ベストを尽くします。日本のお客様の前で、演奏できるのを楽しみにしています!」と決意を語っていただきました。
 
21日公演のチケットは、残り約20枚と、大変少なくなっております。本日は18時まで受付しており、残券がある場合は21日12時までご予約を受け付けております(21日12時以降は、当日券での販売となります)。どうぞ、お聴き逃しなく。
 
読響チケットセンター:03-3562-1550(平日10時~18時)
[2013年1月18日 12:22]

読響チケットセンター

前の月へ2016年12月次の月へ

    1
45
18:30
6
19:00
78910
111213
19:00
14151617
14:00
1920
19:00
22
19:00
2324
25
14:00
26
19:00
2728293031

クリックすると、読響ブックレット2016が新しいページでPDF表示されます