News

ラッセル・デイヴィスの《第九》、7月27日(土)発売開始!

年末恒例のベートーヴェンの「第九」公演。12月19日(木)サントリーホールでの特別演奏会など計6公演を開催します。あの有名な美しい旋律と共に、この一年を振りかえるひとときをお過ごしください。
 
_DSC5202.jpg今年は、欧米の名門楽団を歴任する名指揮者デニス・ラッセル・デイヴィスが初登場します。現在、名門リンツ・ブルックナー管弦楽団の音楽監督を務めるラッセル・デイヴィスは、古典から現代作品まで幅広いレパートリーを持ち膨大な録音を残しています。また、バイロイト音楽祭などで活躍するなどオペラや声楽作品でも高い評価を得ています。今年4月にはフランツ・ウェルザー=メストの代役として急遽ウィーン国立歌劇場で「ヴォツェック」を指揮し、大きな成功を収めました。
 
ラッセル・デイヴィスが巧みなタクトで、我が国を代表する新国立劇場合唱団と実力派歌手陣から引き出す歌声、そして最後にオーケストラと築くクライマックスを、どうぞご堪能ください。 
 
チケットは、7月27日(土)10時から発売開始します。
お申し込み:読響チケットセンター 0570-00-4390(10時~18時・年中無休)

「第九」特別演奏会

2013年12月19日〈木〉 サントリーホール

指揮=デニス・ラッセル・デイヴィス
ソプラノ=木下美穂子
メゾ・ソプラノ=林美智子
テノール=高橋淳
バリトン=与那城敬
合唱=新国立劇場合唱団
合唱指揮=三澤洋史

ベートーヴェン:交響曲 第9番 ニ短調 作品125 「合唱付き」
 

【主催】読売新聞社、日本テレビ放送網、読売テレビ、読売日本交響楽団

第4回読響メトロポリタン・シリーズ

2013年12月20日〈金〉 東京芸術劇場

指揮=デニス・ラッセル・デイヴィス
ソプラノ=木下美穂子
メゾ・ソプラノ=林美智子
テノール=高橋淳
バリトン=与那城敬
合唱=新国立劇場合唱団
合唱指揮=三澤洋史

ベートーヴェン:交響曲 第9番 ニ短調 作品125 「合唱付き」

第4回東京オペラシティ・プレミアムシリーズ

2013年12月25日〈水〉 東京オペラシティコンサートホール

会場:東京オペラシティコンサートホール
指揮=デニス・ラッセル・デイヴィス
ソプラノ=木下美穂子
メゾ・ソプラノ=林美智子
テノール=高橋淳
バリトン=与那城敬
合唱=新国立劇場合唱団
合唱指揮=三澤洋史

【第1部】
読響メンバーによる室内楽
【第2部】
ベートーヴェン:交響曲 第9番 ニ短調 作品125 「合唱付き」