カンブルラン指揮の〈ニューイヤー・コンサート〉開催へ

カンブルラン2014 005.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像常任指揮者シルヴァン・カンブルランが来日し、1月7日、8日、9日に開催する演奏会に向けてリハーサルが順調に進められています。
 
初日のリハーサル開始時には、マエストロは日本語で「明けましておめでとうございます」と挨拶し、読響メンバーから大きな拍手を受け、和やかな雰囲気でリハーサルが始まりました。ラヴェル「高雅で感傷的なワルツ」の練習では、音の長さやアクセントなど微妙なニュアンスを次々にオーケストラに要求し、緊張感のある密度の濃いリハーサルが行われました。
 
カンブルランは「本番に向けて、シューマンとラヴェルの響きに、さらに磨きをかけていきます。また、ロジェ・ムラロの素晴らしいピアノもお楽しみいただきたい」と意欲を語っています。常任指揮者カンブルラン&読響が作る、華やかで美しい〈極上のニューイヤー・コンサート〉にご期待ください!
 
チケットは、読響チケットセンター 0570-00-4390 で好評発売中です。演奏会当日の12時までご予約いただけます。また、当日券は開演1時間前から販売します。学生整理券も開演1時間前から配布します。皆様のご来場、お待ちしております。
[2014年1月 5日 12:38]

読響チケットセンター

前の月へ2017年1月次の月へ

1234567
15:00
891011121314
15
15:00
1617181920
19:30
21
22232426
14:00
2728
293031
19:00
    

クリックすると、読響ブックレット2017が新しいページでPDF表示されます