いよいよ、"鬼才ピアニスト"アファナシエフが登場!

20101001_5006bw.jpg明日6月20日(金)と22日(日)公演に、“現代最高のピアノの鬼才”と言われるヴァレリー・アファナシエフが登場し、モーツァルトのピアノ協奏曲第9番と第27番の2曲のソロを弾きます。「オール・モーツァルト・プログラム」の指揮を務めるのは、ウィーンで学びモーツァルトを知り尽くす名匠・円光寺雅彦。
 
リハーサルでは、アファナシエフは独特のテンポとフレーズを披露し、一気に独自の世界を創り出します。円光寺指揮の読響は、アファナシエフの目指す世界観を読み取り、新たなモーツァルトの響きを求め練習を繰り返しました。本番では、どのような“アファナシエフ・ワールド”が展開されるのか、ご注目ください。
 
なお、読売新聞に掲載されたアファナシエフのインタビューは、以下の「YOMIURI ONLINE」でご覧いただけます。
 
両日とも当日券は、開演1時間前から発売します。また、学生券(2000円)の整理券も開演1時間前から配布します。
皆様のご来場、お待ちしております。

第572回サントリーホール名曲シリーズ

2014年6月20日(金) 19:00 サントリーホール

指揮=円光寺 雅彦  
ピアノ=ヴァレリー・アファナシエフ

モーツァルト:歌劇「後宮からの誘拐」序曲
モーツァルト:ピアノ協奏曲第9番 変ホ長調K.271 「ジュノム」
モーツァルト:ピアノ協奏曲第27番 変ロ長調K.595 
モーツァルト:交響曲第31番 ニ長調 K.297 「パリ」

第167回東京芸術劇場マチネーシリーズ

2014年6月22日(日) 14:00 東京芸術劇場

指揮=円光寺 雅彦  

ピアノ=ヴァレリー・アファナシエフ

モーツァルト:歌劇「後宮からの誘拐」序曲
モーツァルト:ピアノ協奏曲第9番変ホ長調K.271「ジュノム」
モーツァルト:ピアノ協奏曲第27番  変ロ長調K.595
モーツァルト:交響曲第31番ニ長調K.297「パリ」

[2014年6月19日 14:02]

読響チケットセンター

前の月へ2016年12月次の月へ

    1
45
18:30
6
19:00
78910
111213
19:00
14151617
14:00
1920
19:00
22
19:00
2324
25
14:00
26
19:00
2728293031

クリックすると、読響ブックレット2016が新しいページでPDF表示されます