スクロヴァチェフスキが4公演を指揮し、各地でファンを魅了

IMG_7083.JPG巨匠スタニスラフ・スクロヴァチェフスキが、8日に続き、9日のサントリーホール、11日の横浜みなとみらいホール、そして12日には岐阜県・下呂市の下呂交流会館アクティブ(泉ホール)に登場し、力強いタクトで各地のファンを魅了しました。
 
最終公演となった12日の下呂公演は、開館5周年記念事業として行われ、はじめに御嶽山の噴火の犠牲者に哀悼の意を表して、J.S.バッハの「アリア」が演奏されました。
 
バッハに続き、ブルックナーの交響曲第0番とベートーヴェンの交響曲第7番でも、エネルギーに満ちた演奏を披露。約600名のお客様から大きな喝采が送られました。終演後も鳴り止まない拍手の中、スクロヴァチェフスキはソロ・カーテンコールを受け、嬉しそうな表情で手を振り応えていました。IMG_7094.JPG
 
スクロヴァチェフスキは、終演後も盛んに「なんて素晴らしいホールなんだ」と興奮気味に感想を述べ、会場の音響やお客様の演奏中の集中力の高さに驚かれていました。
 
4公演では、多くのお客様にご来場いただき、誠にありがとうございました。
[2014年10月14日 15:00]

読響チケットセンター

前の月へ2016年12月次の月へ

    1
45
18:30
6
19:00
78910
111213
19:00
14151617
14:00
1920
19:00
22
19:00
2324
25
14:00
26
19:00
2728293031

クリックすると、読響ブックレット2016が新しいページでPDF表示されます