上岡敏之が語る「第九」/18日から「第九」公演を開催

DSCN3234.JPG12月18日から26日まで、年末恒例のベートーヴェン「第九」(全7公演)を開催します。
 
今年の指揮台に上がるのは、ドイツを拠点に活動する上岡敏之。読響とは国内プロ・オーケストラへのデビューとなった98年以来、共演を続けており、数々の名演を残してきました。上岡はスコアを独自の視点で読み込み、慣習にとらわれない自由な解釈で表現し、聴衆から絶大な支持を得ております。
 
今回の「第九」のリハーサルでも、伝統的に行われている演奏慣習を、ひとつひとつ見直すことからはじめ、独自のテンポやフレーズによる音楽を細部にわたり繰り返し作りこんでいます。
 
会場で配布する『月刊オーケストラ』誌の特集「上岡敏之が語る『第九』」のページ(PDF)を以下に、アップしました。どうぞ、ご覧ください。
 
チケットは、7公演中6公演が完売。24日(木)の東京オペラシティ公演も、残り僅かとなっております。皆様のご来場、お待ちしております。

 

第5回東京オペラシティ名曲シリーズ

2015年12月24日(木) 19:00 東京オペラシティコンサートホール

指揮=上岡 敏之
ソプラノ=イリーデ・マルティネス
メゾ・ソプラノ=清水 華澄
テノール=吉田 浩之
バリトン=オラフア・シグルザルソン
合唱=新国立劇場合唱団

ベートーヴェン:交響曲 第9番 ニ短調 作品125「合唱付き」

[2015年12月16日 22:45]

読響チケットセンター

前の月へ2016年12月次の月へ

    1
45
18:30
6
19:00
78910
111213
19:00
14151617
14:00
1920
19:00
22
19:00
2324
25
14:00
26
19:00
2728293031

クリックすると、読響ブックレット2016が新しいページでPDF表示されます