明日10日と12日、ドイツの巨匠ツァグロゼクがブラームスなどを披露へ

明日3月10日(木)と12日(土)に、ドイツの巨匠ローター・ツァグロゼクが読響に初登場し、ブラームスとR.シュトラウスの作品を披露します。
 
DSCN3323.JPGツァグロゼクは、ライプツィヒ歌劇場やシュトゥットガルト歌劇場の音楽総監督、ベルリン・コンツェルトハウス管の首席指揮者などを歴任した巨匠。古典派から近現代作品まで幅広いレパートリーを誇り、デッカ・レーベルの「退廃音楽シリーズ」やベルリン・コンツェルトハウス管とのブルックナーなど録音でも評価が高く、日本でも多くの支持を得ています。今回が10年ぶりの来日です。
 
リハーサルでは、細部にわたり何度も修正を繰り返しながら、熱いタクトで音楽に多彩な表情を加えて行きました。リハーサルを終えたマエストロに読響の印象を尋ねると、「楽員ひとりひとりが非常に熱心に取り組んでいて素晴らしいです。私の示した音楽的な意図を、素早く、とても柔軟に受け入れてくれます」と満足そうな表情を見せ、「本番が、とても楽しみ」と語っていただきました。
 
ブラームス「交響曲第1番」と「悲劇的序曲」では、マエストロの渾身のタクトが生み出す、温かな歌と力強いエネルギーに満ちた演奏にご期待ください。また、R.シュトラウス「メタモルフォーゼン」では、コンサートマスターのダニエル・ゲーデを中心とした23人の弦楽器による奥深い表現を、ご堪能ください。
 
チケットは、絶賛発売中です。当日券は、各日開演1時間前から販売します。学生券(2,000円)整理券も、開演1時間前から配布します。皆様のご来場、お待ちしております。

第590回サントリーホール名曲シリーズ

2016年3月10日(木) 19:00 サントリーホール

指揮=ローター・ツァグロゼク

ブラームス:悲劇的序曲 作品81
R.シュトラウス:メタモルフォーゼン
ブラームス:交響曲 第1番 ハ短調 作品68

第86回みなとみらいホリデー名曲シリーズ

2016年3月12日(土) 14:00 横浜みなとみらいホール

指揮=ローター・ツァグロゼク

ブラームス:悲劇的序曲 作品81
R.シュトラウス:メタモルフォーゼン
ブラームス:交響曲 第1番 ハ短調 作品68

[2016年3月 9日 22:00]

読響チケットセンター

前の月へ2016年12月次の月へ

    1
45
18:30
6
19:00
78910
111213
19:00
14151617
14:00
1920
19:00
22
19:00
2324
25
14:00
26
19:00
2728293031

クリックすると、読響ブックレット2016が新しいページでPDF表示されます