2017年4月 遠藤真理さんがソロ・チェロ奏者に就任

2017年4月1日付で、遠藤真理(えんどう まり)さんが、ソロ・チェロ奏者に就任します。

遠藤真理(C)読売日本交響楽団.jpgソロ・チェロ奏者のポジションは、長らく嶺田健さん(2013年9月に退団)、毛利伯郎さん(2015年8月に退団)が務めていました。今後は、遠藤真理さんが読響のチェロ・パートをリードし、皆様により一層充実した演奏をお届けしてまいります。

【プロフィール】神奈川県出身。東京芸術大学を首席で卒業。臼井洋治、河野文昭、山崎伸子、藤森亮一、C.ハーゲンの各氏に師事。2003年日本音楽コンクールで第1位、06年「プラハの春」国際コンクールにて第3位(1位なし)、08年エンリコ・マイナルディ国際コンクールにて第2位。07年ザルツブルクのモーツァルテウム音楽大学修士課程を満場一致の最高点で卒業。同年神奈川県・文化賞未来賞を、09年に齋藤秀雄メモリアル基金賞を受賞。これまでにウィーン室内管、プラハ響、読響、東京都響など国内外の楽団に招かれ、小林研一郎、山田和樹、G.ボッセ、J=P.ヴァレーズら指揮者と共演。ドイツ・キームガウ春の音楽祭、神戸国際芸術祭ではアンサンブル・ラロと、ザルツブルクにてザルツブルク・ゾリステンとも共演するなど室内楽奏者としても活躍。10年NHK大河ドラマ「龍馬伝」の「龍馬伝紀行」(第三部)での音楽演奏を担当。3枚のソロ・アルバムなどをエイベックス・クラシックスからリリース。12年からNHK-FMのクラシック音楽番組「きらクラ!」でパーソナリティを務めるなど活動の幅を広げている。17年4月、読響ソロ・チェロ奏者に就任する。

【就任のコメント】この度、歴史ある読響に入団することになり大変光栄に思っています。チェロでは女性の入団は初めてと伺いました。私のように小柄でオーケストラの経験が少ないのにも関わらず、抜擢していただき、大きな責任を感じています。この一年ほどゲスト首席として演奏させていただき、沢山の曲に出会いました。指揮者の方々の表現方法を学び、オーケストラとは大きな室内楽だと実感しました。演奏者同士の信頼がそこにはあり、分からない事を教えて下さる先輩方がいて、笑顔にあふれる読響が大好きになりました。団員の皆様、コンサートにお越しくださるお客様、テレビを通してお聴きくださる方々に信頼を得られるよう、全てに感謝の心を持って頑張ります。

【今後の主な出演情報】
4月8日(土)「第196回土曜マチネーシリーズ」(ソロ・チェロ奏者として初出演)
4月9日(日)「第196回日曜マチネーシリーズ」(ソロ・チェロ奏者として出演)
4月21日(金)「第601回名曲シリーズ」(ソロ・チェロ奏者として出演)
4月23日(日)「第95回みなとみらいホリデー名曲シリーズ」(ソロ・チェロ奏者として出演)
7月1日(土)「第199回土曜マチネーシリーズ」(ソリストとして出演)
7月2日(日)「第199回日曜マチネーシリーズ」(ソリストとして出演)
[2017年2月 2日 05:00]

読響チケットセンター

前の月へ2017年4月次の月へ

      1
2345678
14:00
9
14:00
101112131415
18:00
161718192022
2425
19:00
26
18:30
272829
14:00
30
14:00
      

オーディション

  • 現在、募集はありません
クリックすると、読響ブックレット2017が新しいページでPDF表示されます