「読響とは家族でした」 下野竜也のインタビューが読売新聞に掲載

_DSC8030 - コピー.jpg

昨日16日の読売新聞の夕刊に、3月末で首席客演指揮者を退任する下野竜也のインタビューが掲載されました。
 
3月20日に最終公演を迎えるにあたり、ドヴォルザークの交響曲第9番「新世界から」を選んだ理由を打ち明け、作品の魅力を紹介しています。また、2006年に正指揮者として就任して以来、10年間にわたって活動を共にしてきた読響との想いも語っています。
 
以下の「YOMIURI ONLINE」のページからもご覧いただけます。どうぞ、ご覧ください。
 
3月18日公演のチケットは完売。3月19日公演(会場:東京芸術劇場)と3月20日公演(会場:横浜みなとみらいホール)のチケットは、どちらも残り僅かです。お申し込みは、読響チケットセンター 0570-00-4390(10時~18時)まで。皆様のご来場、お待ちしております。
[2017年2月17日 17:30]

読響チケットセンター

前の月へ2017年9月次の月へ

     2
3456
19:00
789
10111213141516
14:00
17
14:00
19
19:30
20
14:00
212223
242526272829

オーディション

  • 現在、募集はありません
クリックすると、読響ブックレット2017が新しいページでPDF表示されます