News

21日と23日、俊英ゲッツェルがドヴォルザーク第7番などを披露!

Sascha Goetzel_Foto Harald Hoffmann.jpg

4月21日(金)と23日(日)、ウィーンの俊英サッシャ・ゲッツェルが読響に初登場し、ドヴォルザークの交響曲第7番などを披露します。

ゲッツェルは、ウィーン・フィルのヴァイオリン奏者を務めた後、指揮者として活動している注目株。ボヘミアの民俗音楽的な語法とロマンティックな感情が融合しているドヴォルザークの交響曲第7番ばどを思い切りのよい大胆な解釈で聴かせてくれるでしょう。

グリーグのピアノ協奏曲では、ショパン国際コンクールでアルゲリッチ以来の女性奏者として優勝し、一躍人気者となったアヴデーエワが共演します。北欧のさわやかな抒情あふれる傑作で、華麗な技巧と瑞々しい音色をご堪能ください。

チケットは好評発売中です。
当日券は、両日とも開演1時間前から発売します。学生券(2,000円/25歳以下/要学生証)の整理券も、各日開演1時間前から配布します。皆様のご来場、お待ちしております。

第601回名曲シリーズ

2017年4月21日〈金〉 東京芸術劇場

指揮=サッシャ・ゲッツェル
ピアノ=ユリアンナ・アヴデーエワ

ウェーバー:歌劇「魔弾の射手」序曲
グリーグ:ピアノ協奏曲 イ短調 作品16
ドヴォルザーク:交響曲 第7番 ニ短調 作品70

第95回みなとみらいホリデー名曲シリーズ

2017年4月23日〈日〉 横浜みなとみらいホール

指揮=サッシャ・ゲッツェル
ピアノ=ユリアンナ・アヴデーエワ

ウェーバー:歌劇「魔弾の射手」序曲
グリーグ:ピアノ協奏曲 イ短調 作品16
ドヴォルザーク: 交響曲 第7番 ニ短調 作品70