今週末から登場する名匠ヤングのインタビューが読売新聞に掲載

simone_young(c)Berthold Fabricius.jpg6月17日、18日、24日、26日の東京と大阪公演で指揮台に上がる名匠シモーネ・ヤングのインタビューが、読売新聞に掲載されました。ヤングはハンブルク国立歌劇場の総裁を務めるなど欧州でキャリアを積んでおり、世界の一流歌劇場や楽団に客演しています。今回、読響への初登場にも大きな注目が集まっています。

インタビューは、以下のよみうりオンラインのページでもご覧いただけます。
http://www.yomiuri.co.jp/entame/ichiran/20170609-OYT8T50003.html

読響と演奏する二つのプログラム、ブラームスの交響曲第2番とR.シュトラウスのアルプス交響曲の聴きどころを紹介するほか、自身の音楽理念や娘とのエピソードなどを語っています。

4公演のチケットは、好評発売中です。お申し込みは読響チケットセンター 0570-00-4390(10時~18時)まで。

【公演情報】
6月24日(土)《第569回定期演奏会
6月26日(月)《第17回大阪定期演奏会

[2017年6月15日 16:20]

読響チケットセンター

前の月へ2017年8月次の月へ

  1
15:00
2345
6789101112
13141516171819
20
14:00
21222324
19:00
25
15:00
26
2728
18:30
293031  

クリックすると、読響ブックレット2017が新しいページでPDF表示されます