News

明日から、首席客演指揮者マイスターが登場し、ピアノのトリフォノフが共演へ

20170915235120-0001.jpg明日16日~18日は、今年4月から首席客演指揮者に就任したコルネリウス・マイスターが登場します。ウィーン放送響の音楽監督として本場で培った実力を携え、ベートーヴェンの交響曲第6番「田園」をみずみずしく聴かせます。

また前半には、チャイコフスキー国際コンクールに優勝し、世界の第一線で活躍するピアニストのダニール・トリフォノフが共演します。昨月、ザルツブルク音楽祭にてウィーン・フィルと共演し絶賛されたプロコフィエフのピアノ協奏曲第2番を披露。度肝を抜くテクニックと豊かな表現力を存分に発揮することでしょう。

1曲目のスッペ「詩人と農夫」序曲では、ソロ・チェロ奏者の遠藤真理の歌心あふれる独奏にもご注目ください。

各日、当日券は13時から販売します。学生券(2,000円/25歳以下/要学生証)の整理券も13時から配布します。皆様のご来場、お待ちしております。

【公演情報】
9月16日(土)14時 東京芸術劇場 《第200回土曜マチネーシリーズ
9月17日(日)14時 東京芸術劇場 《第200回日曜マチネーシリーズ
9月18日(月・祝)14時 横浜みなとみらいホール 《第98回みなとみらいホリデー名曲シリーズ