News

当日券あり。東京・大阪・福岡で、テミルカーノフが「新世界」などを披露へ!

テミルカーノフ1(C)読響.jpg東京・横浜にて計4公演を盛況に終えたロシアの巨匠テミルカーノフ(読響・名誉指揮者)が、明日20日(火)から東京・大阪・福岡で、ドヴォルザークの交響曲第9番「新世界から」などを指揮します。20日(火)は東京・サントリーホール、21日(水)は大阪・フェスティバルホール、22日(木)は福岡シンフォニーホールで開催し、全て19時開演です。

ドヴォルザークにも強い思い入れのあるマエストロは、独自の解釈でこの有名曲を振り、温かく旋律を歌い上げ、スケールの大きく世界を作り出します。前半には、グリンカの歌劇「ルスランとリュドミラ」序曲でオーケストラを鼓舞して力強く開幕。続くプロコフィエフのヴァイオリン協奏曲第2番では、スペインの新鋭テレィシア・モレノが艶やかなソロを奏でます。テミルカーノフも認めた超絶技巧と豊かな音楽性は、聴き手を魅了することでしょう。どうぞ、ご期待ください。

各日、当日券を発売します。詳しくは、各公演ページをご覧ください。皆様のご来場、お待ちしております。


第609回名曲シリーズ

2018年2月20日〈火〉 サントリーホール

指揮=ユーリ・テミルカーノフ
ヴァイオリン=レティシア・モレノ

グリンカ:歌劇「ルスランとリュドミラ」序曲
プロコフィエフ:ヴァイオリン協奏曲 第2番 ト短調 作品63
ドヴォルザーク:交響曲 第9番 ホ短調 作品95「新世界から」

第19回大阪定期演奏会

2018年2月21日〈水〉 フェスティバルホール(大阪)

指揮=ユーリ・テミルカーノフ
ヴァイオリン=レティシア・モレノ

グリンカ:歌劇「ルスランとリュドミラ」序曲
プロコフィエフ:ヴァイオリン協奏曲 第2番 ト短調 作品63
ドヴォルザーク:交響曲 第9番 ホ短調 作品95「新世界から」

【お申し込み】 フェスティバルホールチケットセンター 06-6231-2221
http://www.festivalhall.jp/ticket.html

読響チケットセンター 0570-00-4390

名曲シリーズ 福岡公演

2018年2月22日〈木〉 アクロス福岡シンフォニーホール

指揮=ユーリ・テミルカーノフ
ヴァイオリン=レティシア・モレノ

グリンカ:歌劇「ルスランとリュドミラ」序曲
プロコフィエフ:ヴァイオリン協奏曲 第2番 ト短調 作品6
ドヴォルザーク:交響曲 第9番 ホ短調 作品95「新世界から」