第174回東京芸術劇場名曲シリーズ

2010年7月 9日(金) 19:00開演

会場:東京芸術劇場

時空を超えた楽の音の旅をご一緒に。新常任カンブルランからの素敵な提案だ。旅は〈天地創造〉の混沌(カオス)の描写で始まる。管、打楽器の響きが交錯するヴァレーズ(1883 ~ 1965)の〈砂漠〉は必聴・必見の逸品。 1954年、シェルヘンの指揮によりシャンゼリゼ劇場で初演された。電子変調音を伴わないアコースティック版での演奏に期待。〈大地の歌〉も発見の喜びに包まれそう。ムーティ、バレンボイムが賞賛しミラノ・スカラ座にも迎えられたロシアの才媛グバノヴァの出演に拍手を。

(奥田佳道)

指揮:シルヴァン・カンブルラン
アルト:エカテリーナ・グバノヴァ
テノール:ミヒャエル・ケーニッヒ

ハイドン/オラトリオ〈天地創造〉から序奏 [試聴する](当団の演奏では声楽は入りません)
ヴァレーズ/砂漠 [試聴する](当団の演奏では電子音挿入部分はカットします)
《マーラー・イヤー・プログラム》
マーラー/交響曲〈大地の歌〉 [試聴する]
 
【試聴について】
[試聴する]をクリックすると、外部サイト「ナクソス・ミュージック・ライブラリー」へ移動し、
該当曲目を無料で試聴できます。
 
【主催】読売新聞社、日本テレビ放送網、読売テレビ、読売日本交響楽団
【後援】在日フランス大使館

文化芸術振興費補助金(芸術創造活動特別推進事業)

読響チケットセンター

前の月へ2017年10月次の月へ

1
14:00
234
16:00
567
14:00
89
15:00
1011
14:00
1213
14:00
14
14:00
151617
16:00
18192021
22232425262728
293031    

オーディション

  • 現在、募集はありません
クリックすると、読響ブックレット2017が新しいページでPDF表示されます