第177回東京芸術劇場名曲シリーズ

2010年11月27日(土) 18:00開演

会場:東京芸術劇場

創造の地平を拓くカンブルランと読響。《3つの〈ペレアスとメリザンド〉》企画のフィナーレを飾るのは、やはりドビュッシーだ。名匠コンスタン(1925~2004)編曲の交響曲で、あの歌い手たちの心の揺らめきを。豊麗な旋律美と激情を併せ持つコルンゴルトの名ヴァイオリン協奏曲(1947年ハイフェッツにより初演)を、ドイツの才媛ハーグナーが弾くのも客席の喜び。英ブリテンの流儀で聴く、マーラーの自然観にも酔いしれたい。ドイツ・ロマン派の化身シューマンの本音も公演の華となる。

(奥田佳道)

指揮:シルヴァン・カンブルラン
ヴァイオリン:ヴィヴィアン・ハーグナー
《3つの〈ペレアスとメリザンド〉》
ドビュッシー(コンスタン編曲)/〈ペレアスとメリザンド〉交響曲[試聴する]
コルンゴルト/ヴァイオリン協奏曲[試聴する]
《マーラー・イヤー・プログラム》
マーラー(ブリテン編曲)/野の花々が私に語ること(原曲:交響曲第3番 第2楽章)
シューマン/交響曲第4番(第1稿)[試聴する]

【主催】読売新聞社、日本テレビ放送網、読売テレビ、読売日本交響楽団
【後援】在日フランス大使館

文化芸術振興費補助金(芸術創造活動特別推進事業)

【試聴について】
[試聴する]をクリックすると、外部サイト「ナクソス・ミュージック・ライブラリー」へ移動し、
該当曲目が無料で試聴できます。

読響チケットセンター

前の月へ2017年8月次の月へ

  1
15:00
2345
6789101112
13141516171819
20
14:00
21222324
19:00
25
15:00
26
2728
18:30
293031  

クリックすると、読響ブックレット2017が新しいページでPDF表示されます