Concert

第499回定期演奏会

2010 12.13〈月〉 19:00  サントリーホール

ブルックナー芸術の最高峰を味わい尽くす。深遠、崇高、壮麗な交響曲第8番(1890年第2稿、ハース版)を。名誉客演指揮者の尾高忠明は、以前にもましてブルックナーに惚れ込んでいる。今春も交響曲第7番を指揮した。さあ時は熟したようである。11月で63歳になる尾高と、近年スクロヴァチェフスキに導かれこの作曲家の語法を体得してきた読響の、定期での再会。雄渾な調べはもちろん、奇蹟の長篇アダージョ楽章を満喫したいものである。そして聖歌や行進、回想も鍵を握る圧巻の最終楽章へ。

(奥田佳道)

 

指揮:尾高忠明
ブルックナー/交響曲第8番[試聴する]

【主催】読売新聞社、日本テレビ放送網、読売テレビ、読売日本交響楽団

文化芸術振興費補助金(芸術創造活動特別推進事業)

[試聴する]をクリックすると、外部サイト「ナクソス・ミュージック・ライブラリー」へ移動し、
該当曲目が無料で試聴できます。
チケット料金
A ¥8,000
B ¥6,000
C ¥5,000
D ¥4,000
  • 団体割引(10人以上)あり。
  • 学生の方は、開演15分前に残席がある場合のみ¥2000(要学生証)。
  • 都合により曲目、出演者等が一部変更される場合もございます。あらかじめご了承ください
  • 未就学児童のご入場は、固くお断りいたします
  • 開演後の途中入場はご遠慮ください