ホーム会員のご案内 >2008年度「主な指揮者・ソリスト プロフィール」

2008年度「主な指揮者・ソリスト プロフィール」

2008年度も充実の顔ぶれで、最高の感動を最高の音楽でお届けいたします。

スタニスラフ・スクロヴァチェフスキ(指揮)
1923年生まれ。2007年より読売日本交響楽団第8代常任指揮者。
ローマ国際指揮者コンクールで優勝。ミネソタ管弦楽団音楽監督、ハレ管絃楽団首席指揮者を歴任。
下野 竜也(指揮)
1969年生まれ。第12回東京国際音楽コンクールで優勝、ブザンソン国際指揮者コンクール優勝。2006年11月、読売日本交響楽団の「正指揮者」に就任。 2002年に出光音楽賞、渡邊暁雄音楽基金音楽賞、2007年新日鉄音楽賞フレッシュアーティスト賞を受賞。
ゲルト・アルブレヒト(指揮)
1935年生まれ。ブザンソン、ヒルヴァーシュム(オランダ)両国際指揮者コンクールで優勝。ベルリン・ドイツ・オペラ首席指揮者、チューリッヒのトーンハレ管弦楽団の首席指揮者、ハンブルク州立歌劇場およびハンブルク・フィルの音楽監督を歴任。 1997年・2007年読売日本交響楽団第7代常任指揮者。
アレクサンドル・ラザレフ(指揮)
1945年生まれ。カラヤン国際指揮者コンクールで優勝。ボリジョイ劇場の芸術監督、首席指揮者、BBC交響楽団の首席客演指揮者、ロイヤル・スコティッシュ管弦楽団の首席指揮者を歴任。
小林 研一郎(指揮)
1940年生まれ。第1回ブダペスト国際指揮者コンクールで第1位、特別賞受賞。ハンガリー国立フィルハーモニー管弦楽団桂冠指揮者、名古屋フィルハーモニー交響楽団桂冠氏k氏は、アーネム・フィルハーモニー管弦楽団常任指揮者、九州交響楽団首席客演指揮者。
井上 道義(指揮)
1946年生まれ。グィド・カンテルリ指揮者コンクールで優勝。大阪ザ・シンフォニーホールの国際音楽賞、クリスタル賞、第9回中島健蔵音楽賞、フランス政府より芸術文芸勲章(シュヴァリエ賞)を受賞。新日本フィルハーモニー音楽監督、京都市交響楽団常任指揮者を歴任。現在、アンサンブル金沢音楽監督。
橘 直貴(指揮)
1946年生まれ。2001年第47回ブザンソン国際指揮者コンクール・ファイナリスト、ならびに会場内の聴衆による投票にて最優秀である聴衆賞受賞。バルトーク国際オペラ指揮者コンクールで優勝。
ヴィクトーア・エマニュエル・フォン・モンテトン(指揮)
1984年生まれ。ヨーロッパ文化賞-ヨーロッパの希望賞、ヨーロッパのための文化・経済奨励賞(ルツェルン)、バーデン文化賞とヨーロッパ文化賞を受賞。
オスモ・ヴァンスカ(指揮)
1953年生まれ。ブザンソン国際指揮者コンクール(現・東京国際指揮者コンクール)で優勝。シベリウスの交響曲や管絃楽曲の録音は、世界的に評価が高い。ラハティ交響楽団およびミネソタ管弦楽団の音楽監督。
広上 淳一(指揮)
1958年生まれ。民音指揮コンクール(現・東京国際指揮者コンクール)で入選、日本指揮者協会奨励賞受賞。キリル・コンドラシン国際青年指揮者コンクールで審査委員全員一致による優勝。2006年から米国コロンバス交響楽団の音楽監督。
ギュンター・ノイホルト(指揮)
1947年生まれ。フィレンツェ指揮者コンクールで優勝、スワロフスキー指揮者コンクールで第2位受賞。ブレーメン州立歌劇場のGMD兼アーティステック・ディレクターを務めた。
上岡 敏之(指揮)
1960年生まれ。ノルトライン=ヴェストファーレン州ヘルフォルトの北西ドイツ・フィルハーモニーの首席指揮者。ザールブリュッケン音楽大学教授。ヴッパータール市立音楽総監督。渡邊暁雄音楽基金音楽賞を受賞。
ヴァシリー・シナイスキー(指揮)
1947年生まれ。カラヤン国際指揮者コンクールで優勝。モスクワ・フィルの音楽監督&首席指揮者、ネーデルランド・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者、BBCスコティッシュ交響楽団の首席指揮者を歴任。
ゲイリー・グラフマン(ピアノ)
1928年生まれ。レヴェントゥリット国際コンクールで優勝。右手を負傷したが、それ以来左手で演奏活動を続ける。
瀬尾 和紀(フルート)
1974年生まれ。1998年第5回ジャン・ピエール・ランパル国際フルート・コンクールで第2位グランプリ(1位なし)。 2000年第3回ジャン・フランセ国際音楽コンクールで優勝。
野原みどり(ピアノ)
1991年ブダペスト・リスト国際ピアノコンクールで第2位入賞。第23回ロン=ティボー国際ピアノコンクールで第1位受賞。
クレメンス・ハーゲン(チェロ)
1966年生まれ。カールベーム賞、ヘンリク・シェリング賞、ウィーン・フィルハーモニー賞を受賞。
フランソワ=フレデリック・ギイ(ピアノ)
1969年生まれ。パリ国立高等音楽院を首席で卒業。ベルリン交響楽団、ロンドン・フィルハーモニー、国立パリ管弦楽団、リヨン国立管弦楽団などのオーケストラと共演。
ミリヤム・コンツェン(ヴァイオリン)
1976年生まれ。ティボール・ヴァルガ国際ヴァイオリンコンクールで優勝。ドイツ文化奨励賞を受賞。
長原 幸太(ヴァイオリン)
1981年生まれ。全日本学生音楽コンクール全国第1位。ヴィエニアフスキー国際ヴァイオリンコンクール17以下の部第3位。日本音楽コンクール最年少優勝。大阪フィルハーモニー交響楽団首席コンサートマスター。
ユン・ソン(チェロ)
1974年生まれ。パウロ国際チェロ・コンクールで優勝。韓国大統領賞を受賞。韓国文化大使の任を受け全世界の60を超える都市で演奏活動。
ラウマ・スクリデ(ピアノ)
1982年生まれ。ハンブルク国立音楽大学にてフォルカー・バンフィールドのもとで研鑽。ポツダムとベルリンで、ブランデンブルク州立管弦楽団のソリストとして成功。
アリョーナ・バーエワ(ヴァイオリン)
モスクワのチャイコフスキー音楽院で研鑽を積む。2007年第3回仙台国際音楽コンクールヴァイオリン部門で第1位。 2001年ヴィエニアフスキー国際コンクール、2004年モスワク・バガニーニ国際ヴァイオリンコンクールで優勝。
ジョン・キムラ・パーカー(ピアノ)
1959年生まれ。カーネギーホール、シドニー・オペラハウスやバフィン島、ジンバブエなど世界中で演奏を行っている。ヒューストンのライス大学所属シェパード音楽校にてピアノの教授。カナダの民間人に与えられる最高名誉であるカナダ勲章を授かっている。
高橋 礼恵(ピアノ)
ウィーン国際ベートーヴェン・コンクールで第4位。イサン・ユン記念ギョンナム国際コンクール(韓国)で第3位を受賞。ボン国際ベートーヴェン・コンクールで第2位、同時に現代音楽特別賞を受賞。
ライナー・ホーネック(ヴァイオリン)
1961年生まれ。ウィーンでの青少年コンクールで優勝。 1981年ウィーン国立歌劇場管弦楽団に入団、1992年にウィーン・フィルのコンサートマスターに就任。
クリスチャン・リンドバーグ(トロンボーン)
1958年生まれ。英国王立音楽大学に留学。ストックホルム・フィルと協演しソロデビュー。以降フランク・マルタンコンペティションでは優勝のほかにマリア・マルタン賞も受賞する。
林 正子(ソプラノ)
安宅賞受賞。トゥールーズオペラ国際コンクールで入賞。五島記念文化オペラ新人賞を受賞。現在ジュネーブ在住。海外でもその実力は注目を集めている。
林 美智子(メゾ・ソプラノ)
2003年国際ミトロプーロス声楽コンクールで最高位を入賞、第5回ホテルオークラ音楽賞を受賞。二期会「フィガロの結婚」のケルビーノで鮮烈な印象を与え、「ばらの騎士」オクタヴィアンでは名演出家G.クレイマーより最大級の賛辞が寄せられた。
中鉢 聡(テノール)
1966年生まれ。東京芸術大学卒業。オペラ「ねぶり流し物語」でデビューし、「椿姫」で藤原歌劇団デビュー。 2003年ゲルギエフ指揮、読響定期ベルリオーズ「レクイエム」などで注目を集め、オペラ・コンサートで活躍中である。
宮本 益光(バリトン)
1972年生まれ。日本音楽コンクールで入選。国際モーツァルトコンクール優秀賞を受賞。「ドン・ジョヴァンニ」でオペラデビュー。「欲望という名の電車」スタンリー役の好演で一躍脚光を浴び、二期会オペラデビューとなる。
ルノー・カプソン(ヴァイオリン)
1976年生まれ。トーマス・ブランディス、アイザック・スターンの薫陶を受ける。パリ高等音楽院を1等賞で卒業。フランス・カンヌ音楽賞ソリスト・オブ・ザ・イヤー賞を受賞。
ゴーティエ・カプソン(チェロ)
トゥールーズのアンドレ・ナヴァラ・コンクールで優勝。フランス・カンヌ音楽賞ソリスト・オブ・ザ・イヤー賞を受賞。
フランク・ブラレイ(ピアノ)
1968年生まれ。期待のフランスの若手で、1991年ベルギーでのエリザベート王妃国際音楽コンクールで優勝。
フローリアン・プライ(バリトン)
バリトン歌手。父は著名なヘルマン・プライ。ミュンヘンに生まれ、当地の音楽大学に学び、H.ブラシュケ、A.カピナーティ、K.レーヴァスやヘルマン・プライに師事。
小野 明子(ヴァイオリン)
メニューインに師事。メニューイン国際ヴァイオリンコンクールで優勝、ビオッティ・バルセシア、エリザベート王妃、バガニーニ、シテゲィ各国際コンクールに入賞。
アナ・チュマチェンコ(ヴァイオリン)
イタリア、パドヴァ生まれ。カール・フレッシュ・コンクール第1位。エリザベート王妃国際コンクール銀賞を受賞。
タチアナ・ヴァシリエヴァ(チェロ)
2001年ロストロポーヴィチ国際チェロ・コンクールで優勝。 2005年フランス音楽大賞「海外の新人」賞を受賞。シチェドリン、デュティユー、サーリアホ、シュニトケ、ストロッパ、ペンデレツキなどの作品集が権威あるディアパゾン賞を受賞。

読響チケットセンター

前の月へ2017年10月次の月へ

1
14:00
234
16:00
567
14:00
89
15:00
1011
14:00
1213
14:00
14
14:00
151617
16:00
18192021
22232425262728
293031    

オーディション

  • 現在、募集はありません
クリックすると、読響ブックレット2017が新しいページでPDF表示されます