ホーム2009年度 会員のご案内 >2009年度「 注目の指揮者・ソリスト プロフィール」

2009年度「 注目の指揮者・ソリスト プロフィール」

2009年度も充実の顔ぶれで、最高の感動を最高の音楽でお届けいたします。

シルヴァン・カンブルラン(指揮者)
1948年生まれ。フランス・アミアン出身。バーデンバーデン&フライブルクSWR(南西ドイツ放送)交響楽団の首席指揮者。ベルギー王立モネ歌劇場の音楽監督、フランクフルト歌劇場の音楽総監督を歴任。近年はパリ・オペラ座でも活躍。
2010年4月に読響第9代常任指揮者に就任予定。
オラリー・エルツ(指揮者)
1971年エストニア生まれ。2000年、シベリウス国際指揮者コンクール優勝。2001年から06年までラトヴィア国立響の首席指揮者。2006年ブルターニュ管のアーティスティック・アドヴァイザーに就任。スコットランド室内管とエストニア国立響の両楽団で首席客演指揮者も兼ねる。
2008年にルツェルン響と来日した。
スコット・ユー(指揮者)
これまでにコロンバス響、ヴァージニア響、ユタ響、フロリダ管を指揮。2007年4月にはセント・ルーク管とのデビューを飾った。また、洗練されたヴァイオリニストとしてサン・フランシスコ響等を弾き振りしている。1993年に創設したメタモルフォーゼ室内管の音楽監督を務める。若手指揮者として注目をあびている。
パオロ・カリニャーニ(指揮者)
1961年イタリア・ミラノ生まれ。ミュンヘン・フィル、ベルリン・ドイツ響、ウィーン放送響、デトロイト響に客演。オペラの分野では2008年までフランクフルト歌劇場音楽総監督を努めたほか、ウィーン国立歌劇場、ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場等に登場している。
マリン・オルソップ(指揮者)
ニューヨーク出身の女性指揮者。2002年から08年までボーンマス響の首席指揮者(現在は名誉指揮者)、2007年9月からボルティモア響の第12代音楽監督。ニューヨーク・フィル、フィラデルフィア管、シカゴ響、ロサンゼルス・フィル、ロンドン響、ロンドン・フィルに定期的に客演。
ザビーネ・マイヤー(クラリネット)
バイエルン放送響を経てベルリン・フィルにソロ・クラリネット奏者として入団。一年後にベルリン・フィルを退団し、ソリストとして活躍。ウィーン・フィル、ベルリン・フィル、ロンドン・フィル、シカゴ響等、世界の一流オーケストラと共演。
ジャン=マルク・ルイサダ(ピアノ)
1985年ショパン・コンクールに入賞。これまでにデュトワ、インバル、ティルソン・トーマスらの指揮者と共演。またロンドン響、フランス国立管、サンクト・ペテルブルグ・フィル等の一流オーケストラに招かれている。
清水 和音(ピアノ)
弱冠20歳でロン=ティボー国際コンクールに優勝。1983年「プラハの春」音楽祭にてプラハ室内管と共演、1986年ロンドン響と共演しロンドン・デビュー。1995年から2年にわたりベートーヴェンのソナタ全曲演奏会を開催。完璧なまでの高い技巧と美しい弱音、豊かな音楽性を兼ね備えたピアニストである。
戸田 弥生(ヴァイオリン)
日本音楽コンクール第1位。桐朋学園大学音楽学部を首席で卒業。エリザベート王妃国際音楽コンクールに優勝して一躍注目を集める。小澤征爾、ミンツ、アルゲリッチらと共演。使用楽器は、上野製薬株式会社より貸与されている1740年製ピエトロ・ガルネリ。
アンドレ・ワッツ(ピアノ)
16歳でバーンスタイン&ニューヨーク・フィルの青少年コンサートでデビュー。世界各地のトップ・オーケストラや指揮者と共演。タングルウッド、サラトガ、プロムスなどの音楽祭への出演多数。フィラデルフィア管の100周年記念コンサートでの演奏は欧米全土で放映された。エイヴリー・フィッシャー賞受賞。
小菅 優(ピアノ)
東京生まれ。9歳でリサイタルを開く。これまでにベルリン響、フィンランド放送響、フランクフルト放送響等のオーケストラと共演。共演した指揮者には小澤征爾、バルシャイ、アルブレヒト、ヴァンスカらがいる。ザルツブルク音楽祭をはじめとする多くの国際音楽祭に招かれ、各地で活躍。
ピーター・ウィスペルウェイ(チェロ)
オランダ生まれ。アンナー・ビルスマ、ウィリアム・プリースらの薫陶を受ける。ボストン響、ゲヴァントハウス管、ロンドン響といった世界中の主要オーケストラと協奏曲の公演を行い、サロネン、ブロムシュテット、ノリントンら著名指揮者と共演。
ライナー・ホーネック(ヴァイオリン)
1961年オーストリア生まれ。1977年ウィーンでの青少年コンクール優勝。1981年ウィーン国立歌劇場管弦楽団及びウィーン・フィルに入団、92年にウィーン・フィルのコンサートマスターに就任。ソリストとしてウィーン・フィル、読響などに登場している。
ルベン・シメオ(トランペット)
1992年スペイン生まれ。8歳にしてソリストとしての活動を開始。13歳の時にモーリス・アンドレに招かれ、現在巨匠アンドレのただひとりの生徒として研鑽を積んでいる。第6回フィリップ・ジョーンズ国際コンクールおよびモーリス・アンドレ国際コンクール第2位入賞。

読響チケットセンター

前の月へ2017年10月次の月へ

1
14:00
234
16:00
567
14:00
89
15:00
1011
14:00
1213
14:00
14
14:00
151617
16:00
18192021
22232425262728
293031    

オーディション

  • 現在、募集はありません
クリックすると、読響ブックレット2017が新しいページでPDF表示されます