ホーム読売日響について >ソリスト

ソリスト

日下 紗矢子

[ コンサートマスター ]

 東京芸術大学を首席で卒業後、米・南メソディスト大学大学院およびフライブルク音楽大学に留学。2008年ベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団第1コンサートマスター就任。パガニーニ国際コンクール第2位、日本音楽コンクール第1位、出光音楽賞ほか数々の賞を受賞。オケ、室内楽、ソロと世界を舞台に活発な活動を展開している。日本コロムビアよりCDをリリース。13年4月読響コンサートマスター就任、日独両オーケストラのコンサートマスターを兼務している。ベルリン在住。

小森谷 巧

[ コンサートマスター ]

 桐朋学園ディプロマコースを経て、ウィーン国立音楽大学、その後英国へ留学。  英国王立音大の演奏家ディプロマを首席で獲得し、帰国。リピツァ・ヴァイオリンコンクール、フムル国際コンクールなどで入賞。欧州各地でソロ活動を展開し、高い評価を得る。1987年、東京交響楽団に入団しコンサートマスターとして活躍。91年、第1回出光音楽賞奨励賞を受賞。4枚のソロアルバムをリリース。99年、読響のコンサートマスターに就任。昭和音楽大学の教授及び国立音楽大学の講師を務めている。

長原 幸太

[ コンサートマスター ]

 広島県呉市生まれ。東京芸術大学、ジュリアード音楽院に学ぶ。1994年、ヴィエニャフスキ国際コンクール(17歳以下の部)第3位。98年、日本音楽コンクール最年少優勝。小澤征爾、岩城宏之、秋山和慶、ゲルハルト・ボッセらと共演。室内楽や各オーケストラの客演コンサートマスターとしても活躍し、アルゲリッチ国際音楽祭、宮崎国際音楽祭等にも出演。2004年、大阪フィル首席客演コンサートマスターに就任、06年から12年まで首席コンサートマスターを務めた。14年10月、読響コンサートマスターに就任。

伝田 正秀

[ アシスタント・コンサートマスター ]

 ウィーン国立音大、ウィーン市立音楽院などで、掛谷洋三、中澤きみ子、ゲオルギ・バデフ、ルートヴィヒ・ミュラー、ギュンター・ピヒラーの各氏やアルテンベルク・トリオ・ウィーンに師事。 日本クラシック音楽コンクール全国大会グランプリ、日本音楽コンクール第2位ほか受賞多数。 2006年に仙台フィルのコンサートマスターに就任し、6年間在籍。チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲を演奏したCDや小品集などをリリース。 昭和音楽大学非常勤講師。2014年4月、読響アシスタント・コンサートマスターに就任。

鈴木 康浩

[ ソロ・ヴィオラ ]

 桐朋学園大学卒業。ヴァイオリンを辰巳明子氏、ヴィオラを岡田伸夫氏に師事。第9回クラシックコンクール全国大会ヴィオラ部門第2位(1位なし)。第12回宝塚ベガ音楽コンクール弦楽部門第1位ほか受賞多数。2001年からベルリンのカラヤン・アカデミーで研鑽を積んだ後、ベルリン・フィルの契約団員となる。04年に帰国し、06年から読響ソロ・ヴィオラ奏者。

柳瀬 省太

[ ソロ・ヴィオラ ]

 東京芸術大学卒業後、桐朋学園ソリスト・ディプロマコースを経てパドヴァに留学し、マリオ・ブルネロ主宰のオーケストラ・ダルキ・イタリアーナで活躍。 ジュネーヴ国際音楽コンクール・ディプロマ賞、97年淡路島しづかホール・ヴィオラ・コンクール第1位など受賞多数。 2004年から09年までシュトゥットガルト歌劇場管、09年から神奈川フィル首席ヴィオラ奏者を務め、14年4月に読響ソロ・ヴィオラ奏者に就任。東京芸術大学非常勤講師。 ストリングクァルテットARCO、トッパンアンサンブル、サイトウ・キネン・オーケストラのメンバー。

石川 滋

[ ソロ・コントラバス ]

 慶応義塾大学卒業。桐朋学園ディプロマを経て、エール大学でゲイリー・カー、ジュリアード音楽院でユージン・レヴィンソンに師事し修士課程修了。フロリダ・フィルハーモニック・オーケストラ首席奏者、ボストン音楽院講師、ハリッド音楽院助教授などを歴任後スイスのベルン交響楽団ソロ首席奏者に就任。ソリストとして日米欧各地でのリサイタルに加え、ベルン交響楽団、ルネッサンス室内管弦楽団、読響などと共演。バッハ無伴奏チェロ組曲のCDをリリース。2013年7月、読響ソロ・コントラバス奏者に就任。

読響チケットセンター

前の月へ2016年7月次の月へ

     12
3456789
15:00
1011121314
19:00
1516
1718
14:00
19
19:00
20212223
14:00
24
14:00
25262728
15:00
2930
31      

クリックすると、読響ブックレット2016が新しいページでPDF表示されます