2021年「第九」

至福の時!年末、心に響く“歓喜の歌”
読響《第九》
人類愛を高らかに謳ったベートーヴェンの最高傑作

指揮=アレホ・ぺレス
ソプラノ=中村恵理
アルト=藤木大地
テノール=小堀勇介
バリトン=妻屋秀和
合唱=新国立劇場合唱団
(合唱指揮=冨平恭平)

ベートーヴェン:交響曲第9番 ニ短調 作品125「合唱付き」
※20日、22日公演のみ、中田恵子によるオルガン演奏(約15分)を行います。

Concerts

指揮者・アーティスト画像

アレホ・ぺレス:©Karim Khawatmi
藤木大地:©hiromasa
新国立劇場合唱団:©読売日本交響楽団