Member

名誉顧問

高円宮妃久子殿下

指揮者陣

[常任指揮者]

[首席客演指揮者]

[指揮者/クリエイティヴ・パートナー]

[桂冠指揮者]

[名誉指揮者]

[名誉客演指揮者]

[特別客演指揮者]

Photo: ©読響 ©堀田正矩

コンサートマスター

コンサートマスター

コンサートマスター

特別客演コンサートマスター

ヴァイオリン

瀧村 依里(首席)

赤池 瑞枝

荒川 以津美

伊東 真奈

井上 雅美

太田 博子

小形 響

小田 透

鎌田 成光

川口 尭史

久保木 隆文

小杉 芳之

島田 玲奈

杉本 真弓

薄田 真

髙木 敏行

武田 桃子

對馬 哲男

寺井 馨

肥田 与幸

外園 彩香(首席代行)

宮内 晃

森川 徹

山田 耕司

山田 友子

ヴィオラ

ソロ・ヴィオラ

ソロ・ヴィオラ

榎戸 崇浩

小山 貴之

正田 響子

冨田 大輔

長岡 晶子

長倉 寛

二宮 隆行

三浦 克之

森口 恭子

渡邉 千春

チェロ

ソロ・チェロ

遠藤 真理

富岡 廉太郎(首席)

唐沢 安岐奈

木村 隆哉

芝村 崇

髙木 慶太

林 一公

松葉 春樹

室野 良史

渡部 玄一

コントラバス

ソロ・コントラバス

大槻 健(首席)

石川 浩之

小金丸 章斗

ジョナサン・ステファニアク

瀬 泰幸

髙山 健児

樋口 誠

フルート

倉田 優(首席)

フリスト・ドブリノヴ(首席)

片爪 大輔

オーボエ

蠣崎 耕三(首席)

金子 亜未(首席)

浦 丈彦

北村 貴子

クラリネット

金子 平(首席)

藤井 洋子(首席)

鎌田 浩志

芳賀 史徳

ファゴット

井上 俊次(首席)

吉田 将(首席)

岩佐 雅美

武井 俊樹

ホルン

日橋 辰朗(首席)

松坂 隼(首席)

上里 友二

伴野 涼介

久永 重明

矢野 健太

山岸 リオ

トランペット

辻本 憲一(首席)

長谷川 潤(首席)

田中 敏雄

尹 千浩

トロンボーン

青木 昂(首席)

桒田 晃(首席)

葛西 修平

篠崎 卓美

チューバ

次田 心平

ティンパニ

岡田 全弘(首席)

武藤 厚志(首席)

打楽器

西久保 友広

野本 洋介

エルダー楽員

田島 勤

舘市 正克

田村 博文

福田 高明

望月 寿正

契約団員

佐藤 友美(フルート)

役員

理事長

古本 朗

常任理事

津村 浩

石澤 顕

理事

一本 哉

梅田 尚哉

大石 久和

亀山 郁夫

小石川 伸哉

酒巻 和也

齋藤 理

武野 一起

福地 茂雄

前木 理一郎

山口 多賀司

監事

廣瀨 健一

村岡 彰敏

事務局

事務局長

津村 浩

事務局次長(統括)

安達 幸一

事務局次長

正岡 美樹

経理担当 田口 博善 (部長級)

事業課

副課長 大久保 広晴

伊藤 香代

根本 峰男

平井 牧子

松岡 豊

田嶋 美由紀

佐藤 友信

制作課

課長 法木 宏和

部坂 祐貴乃

角田 修平

演奏課

課長 深川 弦

藤原 真

新谷 琢人

小倉 康平

武田 若水

総務課

課長 深川 弦(兼務)

杉山 雄介

倉持 徹也

菅原 美和

山本 響子

加藤 智子

山本 明美

2020年 4月 1日 現在

読響の理念

最高の音楽で、至福の時を

 読売日本交響楽団は、オーケストラによる芸術創造の最高峰を目指し、至福の音楽体験をお届けします。演奏活動を通じて、クラシック音楽の振興、普及に尽力し、心豊かな社会づくりに貢献します。

  • 読売日本交響楽団は、読売新聞社、日本テレビ放送網、讀賣テレビの3社からの大きな支援を基盤として、充実した演奏活動を続けてきました。今後も、内外の著名な指揮者、ソリスト、若い可能性を秘めたアーティストたちとともに、さらなる高みに挑戦します。
  • 渾身の演奏で、聴衆の皆様に感動――それは、言い換えれば喜び、希望、安らぎ、そして時には悲しみ――をお届します。
  • 音楽ファンだけでなく、クラシックを初めて聴く若者や子供たちとも、音楽の素晴らしさを共感し、共有してもらえるよう努力します。
  • 読響の活動を支えていただいているのはお客様です。感謝の気持ちを忘れず、演奏会での一期一会の「出会い」を大切にしたい。読響は、皆様の心の潤いとなる存在でありたいと思います。

オーケストラプロフィール

 読売日本交響楽団は1962年、オーケストラ音楽の振興と普及のために読売新聞社、日本テレビ放送網、読売テレビのグループ3社を母体に設立された。

 歴代常任指揮者には、若杉弘、レークナー、フリューベック・デ・ブルゴス、アルブレヒト、スクロヴァチェフスキら世界的指揮者が並び、2019年4月からはヴァイグレが第10代常任指揮者を務めている。現在の指揮者陣には、首席客演指揮者の山田和樹、指揮者/クリエイティヴ・パートナーの鈴木優人、桂冠指揮者のカンブルラン、名誉指揮者のテミルカーノフ、名誉客演指揮者の尾高忠明、特別客演指揮者の小林研一郎が名を連ねている。

 創立以来、オッテルロー、ストコフスキー、ヴァント、クルト・ザンデルリンク、チェリビダッケ、マゼール、ロジェストヴェンスキー、ゲルギエフ、ルイージら巨匠を招くとともに、ルービンシュタイン、リヒテル、アルゲリッチ、クレーメル、ポゴレリッチらと共演を重ねてきた。

 現在、名誉顧問に高円宮妃久子殿下をお迎えし、赤坂のサントリーホールや池袋の東京芸術劇場などで充実した内容の演奏会を多数開催している。15年3月には、欧州公演で読響の実力をアピールした。17年11月にはメシアンの歌劇「アッシジの聖フランチェスコ」(全曲日本初演)が好評を博し、サントリー音楽賞などを受賞した。

 公益財団法人「正力厚生会」のがん患者助成事業に協力する「ハートフル・コンサート」や小中学校での「フレンドシップ・コンサート」も行っている。また、エルダー楽員によるアンサンブル「サロン・コンサート」など、音楽文化のすそ野拡大にも地道な努力を続けている。

 演奏会などの様子は日本テレビ「読響シンフォニックライブ」で放送されている。

 また、2014年のソチ五輪から表彰式などで使用される「君が代」の演奏を務めている。東京芸術劇場とは事業提携を結んでおり、多くのコンサートのみならず、シアターオペラへの出演や、教育関連事業など、多彩なプロジェクトを共同で展開している。

読響プロフィール画像

組織概要

公益財団法人読売日本交響楽団/評議員・理事・監事

(2019.10.1現在)

評議員

評議員

池辺 晋一郎

江利川 毅

老川 祥一

大久保 好男

大橋 善光

岡村 正

川畑 年弘

小杉 善信

相良 朋紀

佐藤 謙

但木 敬一

玉井 忠幸

伝川 幹

堤 剛

中村 政雄

原 孝文

肥田 美代子

福川 伸次

マリ クリスティーヌ

山口 寿一

渡邉 恒雄

(50音順)

理 事

理事長 古本 朗
常任理事

津村 浩

石澤 顕

理 事

一本 哉

梅田 尚哉

大石 久和

亀山 郁夫

小石川 伸哉

酒巻 和也

齋藤 理

武野 一起

福地 茂雄

前木 理一郎

山口 多賀司

(50音順)

監 事

監 事

廣瀨 健一

村岡 彰敏

(50音順)

公開情報