【読売新聞より】[3月の読響]スタニスラフ・スクロバチェフスキが登場

インタビューに答える読売日本交響楽団常任指揮者のスタニスラフ・スクロバチェフスキさん。 2007年4月から第8代常任指揮者を務めたスタニスラフ・スクロバチェフスキ=写真=が3月で退任する。読響と培ってきたサウンドの集大成を聴かせる。
 12日・東京芸術劇場、13日・横浜みなとみらいホールでは、今年生誕200年を迎えたシューマンの交響曲第1番「春」などを演奏。19日・サントリーホール、20日・東京芸術劇場では同じくシューマンの同第3番「ライン」のほか、指揮者の自作曲を日本初演する。
 最後に選んだのは、十八番のブルックナーの交響曲第8番。26日定期演奏会(サントリーホール)は完売。25日・東京オペラシティで追加公演を行う。(電)03・3562・1550。
 

[2010年3月 3日 17:30]

読響チケットセンター

前の月へ2017年6月次の月へ

    123
15:00
45678910
1214151617
14:00
18
14:00
19
19:30
2021222324
18:00
2526
19:00
27282930 

オーディション

  • 現在、募集はありません
クリックすると、読響ブックレット2017が新しいページでPDF表示されます