7年振りに客演する俊英エルツが、「展覧会の絵」などを披露へ

Elts_Olari 3 (c)Marco Borggreve - コピー (2).jpg11日(土)と12日は(日)は、ウィーン響やバーミンガム市響など欧州の一流楽団に客演を続けるエストニアの俊英エルツが久々の登場。2009年5月以来、7年ぶりに読響の指揮台に上がります。
メインはムソルグスキー(ラヴェル編)の「展覧会の絵」。金管楽器が活躍し、力強く華麗な響きをたっぷりとご堪能ください。ラフマニノフの傑作ピアノ協奏曲では、ウクライナの新鋭フェドロヴァが、驚愕の超絶技巧を披露します。どうぞ、ご期待ください。
11日(土)の横浜みなとみらいホール公演のチケットは絶賛発売中です。当日券は、13時から発売します。学生席(2,000円)の整理券も13時から配布します。皆様のご来場、お待ちしております。
12日(日)のパルテノン多摩公演のチケットは完売しました。当日券の販売はございません。

第89回みなとみらいホリデー名曲シリーズ

2016年6月11日(土) 14:00 横浜みなとみらいホール

指揮=オラリー・エルツ
ピアノ=アンナ・フェドロヴァ

グリンカ:歌劇「ルスランとリュドミラ」序曲
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番 ハ短調 作品18
ムソルグスキー(ラヴェル編):組曲「展覧会の絵」

[2016年6月 9日 21:46]

読響チケットセンター

前の月へ2017年6月次の月へ

    123
15:00
45678910
1214151617
14:00
18
14:00
19
19:30
2021222324
18:00
2526
19:00
27282930 

オーディション

  • 現在、募集はありません
クリックすると、読響ブックレット2017が新しいページでPDF表示されます