News

仙台フィルと合同オケを結成。山田和樹指揮「第九」公演、明日開催!

IMG_5842.jpg明日、12月27日(水)18時30分から、東京オペラシティコンサートホールにて、公益財団法人ソニー音楽財団主催による「Sony Music Foundation 東日本大震災 復興支援プロジェクト 仙台フィル×読響 スペシャル合同オーケストラによる小・中・高校生のための『第九』チャリティ・コンサート」が開催されます。

この演奏会は、ソニー音楽財団が2011年3月11日の未曾有の災害で被災された方々を支援するには何ができるかを考え、世界中で愛されている〈ベートーヴェンの「第九」交響曲のコンサート〉を通じて復興支援を行うことを目的とし、開催しているものです。2011年以降、毎年「第九」チャリティ・コンサートを開催してきており、読響が出演するのは2011年12月23日(指揮:下野竜也)以来、2回目になります。

今回は、来年4月に読響首席客演指揮者に就任する山田和樹の熱い呼びかけに、“復興に向けて歩み続けるオーケストラ”仙台フィルハーモニー管弦楽団と、“復興を応援する東京のオーケストラ”読響が応え、この公演のためだけに「復興支援のためのスペシャル合同オーケストラ」を結成しました。一夜限りの豪華なコラボレーションに、ご期待ください。

本日26日23:59まで、チケットぴあにて前売券を発売中。
明日の当日券は、17時30分から、S席(小学生・中学生・高校生3,000円、保護者5,000円)、A席若干枚(小学生・中学生・高校生1,500円、保護者3,000円)を販売予定。大人のみ券の当日販売はございません。

詳しくは、以下のソニー音楽財団のページをご覧ください。「山田和樹 スペシャル・インタビュー」もお読みいただけます。
http://www.smf.or.jp/concert/daiku_2017/