ホーム > コンサート > 定期演奏会

第496回定期演奏会

2010年9月18日(土) 18:00開演

会場:サントリーホール

1929年にクレンペラー指揮で初演されたヒンデミットの歌劇〈今日のニュース〉の序曲と、ブラスファンも夢中になる〈ウェーバーの主題による交響的変容〉が、後期ロマン派最後の巨匠リヒャルト・シュトラウスの至芸を包み込む。管弦の変容もキーワードで、傑作〈メタモルフォーゼン〉の終盤に「こだま」する〈英雄〉の葬送行進曲にもあらためて想いを。これぞ下野竜也流儀の20世紀名曲選。世界最高峰のホルニスト、ラデク・バボラークの神技も下野のプロデュース公演を祝福する。

(奥田佳道)

指揮:下野竜也
ホルン:ラデク・バボラーク
《下野プロデュース・ヒンデミット・プログラムV》
ヒンデミット/歌劇〈本日のニュース〉序曲
R.シュトラウス/メタモルフォーゼン(変容、23の独奏弦楽器のための習作)
R.シュトラウス/ホルン協奏曲第2番
ヒンデミット/ウェーバーの主題による交響的変容

【主催】読売新聞社、日本テレビ放送網、読売テレビ、読売日本交響楽団

文化芸術振興費補助金(芸術創造活動特別推進事業)

※プロオーケストラの「現場」で音楽創りのプロセスを学ぶ「下野シート」開催公演。
 作曲・指揮・器楽を学ぶ大学生・大学院生、将来音楽を志す高校生を下野竜也が無料でご招待します。
 詳しくは、こちらをご覧下さい。

→「下野シート開催公演の詳細」について
→PDFでもご案内しています。「読響・下野シートに無料ご招待」PDFダウンロード

「下野シート」に無料ご招待

 読響・正指揮者である下野竜也氏が、2006年11月に就任してから継続して企画している「下野シート」の第7弾を、9月18日(土) 第496回定期演奏会(サントリーホール)にて実施いたします。

 この企画は、読響・正指揮者である下野竜也氏が、「音楽を学んで行く過程において、生の良い音楽に接する事が一番の勉強になった・・・」という自らの経験から、「是非多くの学生にチャンスを・・・・・」という趣旨により企画されました。

今回の演奏会は、これも下野氏が正指揮者就任以来続けております《下野プロデュース・ヒンデミット・プログラム》の第5回となり、ドイツ後期ロマン派を代表するR.シュトラウスと、ドイツの20世紀を代表するヒンデミットのドイツ2大巨頭の作曲家の作品を取り上げ、19世紀後半から20世紀におけるドイツ音楽を体系的に楽しんで頂くように企画いたしました。

 R.シュトラウス「メタモルフォーゼン」は、通常のオーケストラ編成である弦楽5部というスタイルから離れ、それぞれがソロ楽器のような独奏楽器群として扱い、弦楽器の音色を細部まで聴く事が出来るように工夫されており、弦楽器を勉強するためには是非聞いておきたい作品のひとつです。
 また、ホルン協奏曲のソロは元ベルリン・フィルのラデク・バボラーク。ホルンを習得する方はもちろん、管楽器ファンにも聞き逃せない演奏になること確実でしょう。
 またヒンデミットの代表作のひとつ「ウェーバーの主題による交響的変容」や「本日のニュース序曲」は、この機会に是非。絶対に聞き逃せません。

 対象は、作曲や指揮、オーケストラを学んでいる大学・大学院生をはじめ、これから音楽を目指そうと考えている高校生など、下野氏が自ら指揮する同演奏会へご招待いたします。またそれに先立つ会場練習の見学ができ、あわせて練習終了後、下野氏との質疑応答の時間も設けたいと考えています。

 

集合日時 : 2010年9月18日(土) 午後1時30分 (会場練習 = 午後2時 ~ 午後4時 予定) 

コンサート: 午後6時 開演(予定)

ご希望者の方は、官製はがきに住所、氏名、電話番号、学校名(専攻科)、
学年を明記して、9月6日(月)まで(消印有効)にお申し込み下さい。

宛て先は▽
〒104-0031  東京都中央区京橋2丁目9番2号 第一ぬ利彦ビル7階
読響事務局・「下野シート」係            

応募者多数の場合は抽選で、ご招待者に招待状をお送りします。
(*個人情報は招待状発送にのみ使わせていただきます)

お問い合わせは 電話番号 03-3562-1540  読響・制作課

読響チケットセンター

前の月へ2017年10月次の月へ

1
14:00
234
16:00
567
14:00
89
15:00
1011
14:00
1213
14:00
14
14:00
151617
16:00
18192021
22232425262728
293031    

オーディション

  • 現在、募集はありません
クリックすると、読響ブックレット2017が新しいページでPDF表示されます