News

12月「第九」公演、テノール歌手決定のお知らせ

aj_glueckert_123(c) Barbara Aumüller.jpg12月15日~26日に開催する《ベートーヴェン「第九」》公演のテノール歌手が、AJ・グルッカート(AJ Glueckert)に決まりました。


【プロフィール】AJ・グルッカートは、フランクフルト歌劇場の専属歌手を務め、欧米各地で活躍しているテノール歌手。ヴァイグレをはじめ、カンブルラン、ネゼ=セガン、デ・ワールト、マイスターらの指揮で、メトロポリタン歌劇場、グラインドボーン音楽祭、サンフランシスコ歌劇場、ミネソタ歌劇場などで聴衆を魅了している。今年1月には、ミルガ・グラジニーテ=ティラの指揮でバーミンガム市響のマーラーの交響曲第8番のソリストを務め、絶賛された。

なお、「第九」公演(大阪公演を除く)のチケット(1回券)は、7月に発売予定。