News

ベートーヴェン《第九》公演、指揮者変更のお知らせ

Goetzel_(C)Özge Balkan - コピー (2).jpg

読売日本交響楽団が主催する12月17日~24日のベートーヴェン「第九」公演に出演を予定していた指揮者のエマニュエル・クリヴィヌ氏は、急な健康上の問題で来日できなくなりました。医師の判断により、当面の間、長距離の移動を禁じられたためです。

代わりに、ウィーン生まれの俊英サッシャ・ゲッツェル氏が指揮します。曲目の変更はございません。誠に申し訳ございませんが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

サッシャ・ゲッツェル氏はウィーン国立歌劇場などで活躍しており、今年4月の読響への初登場も大きな成功を収めました。

【サッシャ・ゲッツェル Sascha Goetzel】
ウィーン・フィルのヴァイオリン奏者から指揮者に転向し、メータ、ムーティ、小澤征爾らの薫陶を受け、欧州各地で活躍している。これまでに、ベルリン響、バーミンガム市響、フランス国立管、ハノーファー北ドイツ放送フィルなどに客演。オペラでは、ウィーン国立歌劇場やサンクトペテルブルク・マリインスキー劇場などで高い評価を得ている。今年はウィーン国立歌劇場でR.シュトラウス「ばらの騎士」を指揮し、絶賛された。現在トルコのボルサン・イスタンブール・フィルの芸術監督を務めている。

《第九》公演のチケット情報:http://yomikyo.or.jp/dai9.php

スクロヴァチェフスキ氏との録音が、レコード・アカデミー賞(特別部門)を受賞

COCQ-85383 ショスタコーヴィチ J写.jpg2017年度、第55回レコード・アカデミー賞(選定委員長:諸石幸生/全16部門)において、新設された「特別部門 歴史的録音」に、指揮者スクロヴァチェフスキ氏と読響による3点のCDが選ばれました。この新部門は、録音の新旧を問わず、歴史的に意義のある録音等を表彰するために創設されたものです。

今年10月にリリースされたこの3点のCDは、いずれもスクロヴァチェフスキ氏が常任指揮者を務めていた時期の未発表ライヴ録音で、2007年から10年にかけて演奏した「シューマン:交響曲全集」(2枚組)、2007年と09年の「ショスタコーヴィチ:交響曲第10番&第11番」(2枚組)、2008年の「ブルックナー:交響曲第5番」の3つ。「シューマン」と「ショスタコーヴィチ」の2点は、11月発売の「レコード芸術」誌(12月号)でも特選盤に選ばれました。ぜひとも、偉大なマエストロとの演奏を、CDでもお楽しみください。

同賞については、以下の音楽之友社のページをご覧ください。
https://www.ongakunotomo.co.jp/m_square/record_academy_total/index.html
また、詳細については、12月20日(水)発売の「レコード芸術」誌(2018年1月号)をご覧ください。

《アッシジ~》公演の批評が、読売新聞、日経新聞に掲載!

11月に開催したメシアン「アッシジの聖フランチェスコ」(演奏会形式)の批評が、日本経済新聞と読売新聞にも掲載されました。日本経済新聞の批評は、以下のリンクからWEB版をお読みいただけます。読売新聞には許諾を得て、以下に批評記事を掲載しています。どうぞ、ご覧ください。

■日本経済新聞(12月5日夕刊): 読売日本交響楽団「アッシジの聖フランチェスコ」/壮大で多彩な音響、雄大な世界(山崎浩太郎氏)

■読売新聞(11月29日朝刊): メシアン 歌劇「アッシジの聖フランチェスコ」/「歴史的」な5時間半(沼野雄司氏)
20171211195150-0001.jpg




2018年度の年間会員券(5シリーズ):明日9日(土)発売開始!

カンブルラン(C)読響.jpg2018年度(2018年4月~2019年3月)シーズンの5シリーズ《定期演奏会》《名曲シリーズ》《土曜マチネーシリーズ》《日曜マチネーシリーズ》《みなとみらいホリデー名曲シリーズ》の年間会員券を、12月9日(土)から発売します。
 
2018年度は、第9代常任指揮者カンブルランの任期最後のシーズンになります。シェーンベルクの大作「グレの歌」をはじめ、読響とのコンビの集大成となる力の入ったプログラムをお届けします。

二人の首席客演指揮者もそれぞれの個性を生かした曲を取り上げます。山田和樹はスクリャービン〈法悦の詩〉などで多彩な響きを作り、マイスターはマーラーやR.シュトラウスで、ウィーンやドイツで培った実力を発揮します。特別客演指揮者の小林研一郎をはじめ、イスラエル生まれの鬼才ヴォルコフ、古楽界で革新的な演奏を続ける鈴木雅明とアントニーニ、ドイツの重鎮ツァグロゼクら話題性十分の面々も指揮台に上がります。
 
credit-Max Pucciariello - コピー (2).jpgヴァイオリンのムローヴァ、諏訪内晶子、チェロのイオニーツァ、クリーフ、マンドリンのアヴィタル、ピアノのエマール、アチュカロ、アンデルシェフスキ、小山実稚恵、小曽根真、クラリネットのメイエら豪華ソリストや、ベルリンを拠点とするRIAS室内合唱団らが共演します。
 
お得な会員券は、1回券より最大33パーセントもお安く、年間を通して同じ席でお楽しみいただけます。また、読響特製CD(非売品)のプレゼントなど、特典がいっぱいです。
 
2018年度も皆様のご来場、お待ちしております。2018年度会員のチラシPDF(改訂版)はこちら
 
会員券のお申し込み・お問い合わせは、読響チケットセンター:0570-00-4390(10時~18時)
インターネットでのお申し込み:読響チケットWEB: http://yomikyo.pia.jp/

本日6日の読売新聞夕刊に、2018年度シーズンの特集記事が掲載

IMG_2675.JPG本日12月6日(水)の読売新聞夕刊に、2018年度シーズンの特集記事が、見開き2ページにわたり掲載されています。
 
この特集記事では、各シリーズの日程や曲目などの情報が載っているほか、シーズンの聴きどころや指揮者やソリストの紹介なども掲載されています。今回は、任期最後のシーズンを迎える常任指揮者カンブルランのインタビューもお読みいただけます。どうぞ、ご覧いただき、保存版としてご活用ください。

記事の全文が3回に分けて、「YOMIURI ONLINE」でも掲載されました。
 
東京・横浜での5シリーズの年間会員券は12月9日(土)に発売開始します。
2017年度も皆様のご来場、お待ちしております。2017年度会員についてはこちらをご覧ください。
 
会員券のお申し込み・お問い合わせ・資料請求は、読響チケットセンター:0570-00-4390(10時~18時)
 

2018年度《パルテノン名曲シリーズ》 のお知らせ

宮田大その2_c_Yukio Kojima - コピー.JPGのサムネイル画像ポール・メイエ2(C)©Shin Yamagishi - コピー.jpg_DSC7547(C)読響撮影青柳聡 - コピー.jpg東京多摩市のパルテノン多摩(多摩センター駅徒歩5分)で開催する2018年度の《パルテノン多摩名曲シリーズ》(全3回)の出演者と曲目を発表します。休日の午後、多摩地域のお客様に名曲をお楽しみいただいている人気シリーズです。
パルテノン多摩HPでの情報は、こちら

◆4月15日(日) 《第9回パルテノン名曲シリーズ》
指揮=シルヴァン・カンブルラン(読響常任指揮者)
クラリネット=ポール・メイエ
チャイコフスキー:バレエ音楽「くるみ割り人形」から
モーツァルト:クラリネット協奏曲
ドビュッシー:クラリネットと管弦楽のための第1狂詩曲
ストラヴィンスキー:春の祭典

◆6月3日(日) 《第10回パルテノン名曲シリーズ》
指揮=井上 道義
チェロ=宮田 大
ドヴォルザーク:チェロ協奏曲
ベートーヴェン:交響曲第6番「田園」

Storgards(c)Marco Borggreve - コピー.jpg★推奨★(c) Wataru Nishida - コピー.jpg井上道義2(C)Mieko Urisaka - コピー.jpg◆9月1日(土) 《第11回パルテノン名曲シリーズ》
指揮=ヨーン・ストルゴーズ
ピアノ=小山 実稚恵
アレッサンドレスク:秋の黄昏時
ショパン:ピアノ協奏曲第1番
シベリウス:交響曲第2番

開演時間は全て15時。
お得な3回セット券(一般12,300円)は、2018年1月14日(日)から一般発売します。
詳しくは、パルテノン2018速報チラシ(PDF) をご覧ください。

2018年度《読響アンサンブル・シリーズ》 曲目決定のお知らせ

日下紗矢子 - コピー.jpg長原幸太 - コピー.jpgよみうり大手町ホールで開催する2018年度の《読響アンサンブル・シリーズ》の内容及び曲目が決定しました。

◆4月9日(月) 第18回《長原幸太リーダーによる室内楽》
ヴァイオリン=長原幸太(読響コンサートマスター)
メンデルスゾーン:弦楽八重奏曲
エネスコ:弦楽八重奏曲

◆10月22日(月) 第19回《日下紗矢子リーダーによる室内合奏団》
ヴァイオリン=日下紗矢子(読響特別客演コンサートマスター)
チェンバロ=北谷直樹
ビーバー:バッターリア
J.S.バッハ:ブランデンブルク協奏曲第5番
バルトーク:弦楽のためのディヴェルティメント

小森谷巧 - コピー.jpg上岡敏之(c)武藤章.jpg◆12月4日(火) 第20回《上岡敏之と読響メンバーの室内楽》
ピアノ=上岡敏之
ブラームス:ピアノ四重奏曲第3番
マーラー:ピアノ四重奏曲 断章
ボロディン:ピアノ五重奏曲

◆2019年2月5日(火)第21回《小森谷巧リーダーによる室内楽》
ヴァイオリン=小森谷巧(読響コンサートマスター)
モーツァルト:オーボエ四重奏曲 K.370
シューベルト:八重奏曲

全て会場は、よみうり大手町ホール。開演時間は19時30分(開演前にトークあり)。
年間会員券(4回連続券/12,800円)は、2018年2月3日(土)から一般発売します。読響会員優先発売は1月31日(水)から。
詳しくは、2018速報チラシ(PDF) をご覧ください。

12月20日公演は、完売しました

12月20日(水)「第607回名曲シリーズ」のチケットは、好評につき完売しました。

「第九」公演は、全6公演中、東京・横浜での5公演が完売になりました。現在、12月21日(木)フェスティバルホール(大阪)公演のみ販売中です。チケットの残券情報は、以下のページからご覧いただけます。

【「第九」公演情報】http://yomikyo.or.jp/dai9.php

2日、3日はマテウスが「ボレロ」などを披露。アースキンがドラムス協奏曲で共演!

(C)Marco_Caselli_Nirmal_P072_169 - コピー.jpg

Peter Erskine 2 クレジット不要 - コピー - コピー.jpg明日12月2日(土)と3日(日)は、ベネズエラ出身の新鋭指揮者ディエゴ・マテウスが初登場し、ラヴェル「ボレロ」などで華麗な響きを作ります。

前半には、世界的ドラマーのピーター・アースキンが登場し、彼のために書かれたターネジのドラムス協奏曲「アースキン」を日本初演します。どうぞ、お楽しみに!

当日券は、13時から販売します。予定枚数が終了しましたら、キャンセル待ち整理券を配布します。開演15分前に残席がある場合、学生券(2,000円/25歳以下)を販売します。学生券の整理券も13時から配布します。皆様のご来場、お待ちしております。

2018年8月公演、出演者変更のお知らせ

ラムスマ1(c)Otto van den Toorn.jpg2018年8月25日、26日の《第209回土曜・日曜マチネーシリーズ》に出演を予定していたヴァイオリンのアリーナ・ポゴストキーナは、本人の都合により出演できなくなりました。代わりに、シモーネ・ラムスマが出演します。

■シモーネ・ラムスマ
ロイヤル・コンセルトヘボウ管、シカゴ響、フランス放送フィルなど世界の一流楽団と共演しているオランダの新星ヴァイオリニスト。今後もニューヨーク・フィルへのデビューが予定されている。2017年2月にカンブルラン指揮の読響とチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲で初共演し、絶賛を博した。

お詫び申し上げますとともに、何卒ご了承くださいますようお願いいたします。

なお、2018年度シーズンの年間会員券は、12月9日(土)に発売開始します。
詳しくは、2018年度シーズンチラシ改訂版(PDF) をご覧ください。