News

6月9日(火)《第599回定期演奏会》、13日(土)《第228回土曜マチネーシリーズ》、14日(日)《第228回日曜マチネーシリーズ》、19日(金)《第633回名曲シリーズ》、21日(日)《第120回みなとみらいホリデー名曲シリーズ》、22日(月)《第26回大阪定期演奏会》は、ご来場のお客様の健康・安全を考慮し、中止することにしました。

ご来場を予定されていた皆様には誠に申し訳ございませんが、ご理解くださいますようお願い申し上げます。チケットを購入された方には、はがき、メールなどで順次連絡させていただきます。

なお、チケット代の払い戻しのご辞退(チケット代のご寄付)を希望されるお客様は、読響事務局 03-5283-5215(毎週木曜日/10時~16時)にお電話いただくか、info@yomikyo.or.jp までご連絡ください。

チケットの払い戻し方法については、以下に記します。

【フェスティバルホール・チケットセンターでご購入の方】
大阪定期演奏会のチケットを、フェスティバルホール・チケットセンターでご購入のお客様は、フェスティバルホールの以下のページ(PDF)をご覧ください。
https://drive.google.com/file/d/1LFOfzACDavJUKoUIjnvbH9l21xVNEiag/view

【読響会員の会員券のチケット代金の払い戻し方法】
読響会員の会員券については、読響会員様のご登録の住所に、郵便貯金事務センターから「郵便振替払出証書」を郵送します。現時点では手続きなどの必要はございません。「払出証書」が届くまでお待ちいただき、届きましたら指定の期間内に郵便局にてチケット代金の換金をお願いします。「払出証書」の郵送時期は、大変込み合っており、今年度の4月~6月分を、まとめて10月28日に発送予定です。更に遅れが生じる場合は、読響ホームページなどでお知らせいたします。

お手元のチケットは、換金が終わるまで保管いただきますよう、お願いいたします。換金が終了しましたら、破棄願います。

※読響会員の方には、これまで「振り替え制度の特別ルール」を設定しておりましたが、状況を鑑み、「振り替え制度」の受付を一時、停止させていただきます。
※読響会員の会員券以外の1回券の払い戻し方法は、上記とは異なります。1回券の払い戻し方法をご覧ください。

※上記公演へ振り替えた場合は、払い戻しの対象です。
※上記公演から他の公演に振り替えている場合は、払い戻しの対象外です。


【1回券のチケット代金の払い戻し方法】

※チケットの発券場所によって、払い戻し方法が異なります。

1.コンビニもしくは、チケットぴあ店舗で発券したチケット

6月1日10時から7月31日までに、チケットを発券したコンビニ(セブンイレブン、ファミリーマート)及びチケットぴあ店舗(チケット券面参照)にお持ちください。その場で払い戻しいたします。
詳しくは、以下の「チケットぴあ」のページをご覧ください。
http://t.pia.jp/guide/refund02.jsp

2.WEB購入者でチケット未発券のチケット

以下の払い戻しのページをご覧ください。
「チケットぴあ」 http://t.pia.jp/guide/refund03.jsp
「読響チケットWEB」http://yomikyo.pia.jp/guide/refund.jsp

3.各ホールのチケットセンターで購入したチケット

各窓口で直接購入した方は、各ホールのチケットセンターにお問い合わせください。

4.その他(読響チケットセンターから決済済み配送で受け取ったチケットなど)

チケットを「ぴあメールセンター」(下記)へ7月31日までにご郵送ください。郵便貯金事務センターから「郵便振替払出証書」を郵送させていただきますので、指定の期間内に郵便局にてチケット代金の換金をお願いします。 なお、「払出証書」の郵送時期は、大変込み合っているため、誠に申し訳ございませんが、目途が立たない状況です。「払出証書」は11月上旬までの郵送を目指しておりますが、状況次第では遅れる場合もございます。目途が立ちましたら、読響ホームページなどでお知らせいたします。

    〒150-0011東京都渋谷区東1-2-20 渋谷ファーストタワー
    ぴあ株式会社 チケットぴあメールセンター「読響●月●日公演」宛
    (●にチケットの公演日を入れてください。)

    チケット返送時に ①ご返金先のご住所 ②お名前 ③連絡可能な電話番号
    ④枚数 ⑤合計金額 を記したメモをご同封ください。

今後の演奏会の再開を調整するにあたり、7月以降の読響主催公演のチケット販売を、一時的に全て停止させていただきます。チケット販売の再開については、今後の状況を鑑みて、お知らせいたします。

併せて、読響会員特典の「振り替え制度」の受付も、一時的に停止させていただきます。
また、8月の特別公演《サマーフェスティバル》や下期会員券の発売日は、現在調整中ですので、発表までお待ちください。

現在、読響チケットセンターは営業休止中のため、チケットについてのお問い合わせ、寄付のご連絡などは、毎週木曜日(10時~16時/祝日を除く) に読響事務局 03-5283-5215 までお電話いただくか、メールで info@yomikyo.or.jp にご連絡ください。

鈴木優人3c_Marco Borggreve - コピー - コピー.jpg

プログラム誌「月刊オーケストラ」5月号に掲載予定だった鈴木優人のコラム「優人のちょっと一息フェルマータ」第1回を公開しました。以下のリンク(PDF)を、どうぞご覧ください。
《優人のちょっと一息フェルマータ》第1回「はじまりはフェルマータ」

鈴木優人は、今年4月に読響の指揮者/クリエイティヴ・パートナーに就任し、5月13日《第598回定期演奏会》でシューベルトの交響曲第4番やベリオ「レンダリング」などを指揮する予定でした。

同コラムは、今後プログラム誌「月刊オーケストラ」で不定期連載予定です。

_DSC2059.jpg

5月20日(水)深夜2時29分(21日の午前2時29分)から3時29分までの日本テレビ「読響シンフォニック・ライブ」では、昨年2月14日のサントリーホールでの《第619回名曲シリーズ》から、特別客演指揮者・小林研一郎の指揮によるブラームスの交響曲第2番などの模様が放映されます。

音楽プロデューサーの新井歐子さんによる聴きどころは、以下をご覧ください。

ロマンティックが止まらない演奏でした。冒頭から出し惜しみせずに歌いまくり、感涙の蛇口をひねりっぱなし、引き算しないでひたすら盛って盛って盛っていく音楽。ロマンチストで何が悪い?ブラームスなんだから!巨匠コバケンの余裕です。昨今の流行でもあるポリフォニーの構造を際立たせるために音を軽く細く紡ぐ演奏ではなく、主旋律も内声も両方とも豊かに聴かせ、太い縄でぐいぐい編んでいくのがコバケン流。ブラームスの交響曲の魅力である或る種のうるささ(音がうるさいという意味でなく)をたっぷり聴かせてくれました。ブラボー!

なお、BS日テレでも5月30日(土)午前7時から放送される予定です。

日本テレビ「読響シンフォニック・ライブ」ホームページ:http://www.ntv.co.jp/yomikyo/

2月及び3月公演の中止により、読響会員の会員券の払い戻しついては、当初5月上旬予定で「郵便振替払出証書」をお送りする予定でしたが、混雑のため処理が遅くなり、5月13日~22日到着予定になります。誠に申し訳ございませんが、今しばらくお待ち願います。

鈴木優人3(c)読響.jpg

東京芸術劇場が主催する『芸劇&読響~みんなでハモろう!』の参加者を募集しています。どうぞ、参加ください。

同じ映像、同じクリック音に合わせ演奏した映像を募集し、鈴木優人、石丸幹二、読売日本交響楽団の楽団員と、演奏することを愛する全ての方が一緒にハーモニーを奏でる、一つのバーチャルオーケストラを創ります。詳しくは、以下のページをご覧ください。

【東京芸術劇場ホームページ】https://www.geigeki.jp/info/edelweiss/

メールでの参加申込受付は5月8日(金)まで、映像の提出は5月11日(月)[消印有効]までとさせていただき、完成した映像の公開予定は5月末を予定しています。

なお、同企画は、5月5日に予定されていた『東京芸術劇場 presents 鈴木優人&読響 ファミリーコンサート』の中止の代替企画として開催されます。

5月13日(水)《第598回定期演奏会》、19日(火)《第632回名曲シリーズ》、23日(土)《第227回土曜マチネーシリーズ》、24日(日)《第227回日曜マチネーシリーズ》は、ご来場のお客様の健康・安全を考慮し、新型コロナウイルス感染拡大を最小限にとどめるため、中止することにしました。

ご来場を予定されていた皆様には誠に申し訳ございませんが、ご理解くださいますようお願い申し上げます。チケットを購入された方には、はがき、メールなどで順次連絡させていただきます。

なお、チケット代の払い戻しのご辞退(チケット代のご寄付)を希望されるお客様は、読響事務局 03-5283-5215(毎週木曜日/10時~16時)にお電話いただくか、info@yomikyo.or.jp までご連絡ください。

チケットの払い戻し方法については、以下に記します。

【読響会員の会員券のチケット代金の払い戻し方法】

読響会員の会員券については、読響会員様のご登録の住所に、郵便貯金事務センターから「郵便振替払出証書」を郵送します。現時点では手続きなどの必要はございません。「払出証書」が届くまでお待ちいただき、届きましたら指定の期間内に郵便局にてチケット代金の換金をお願いします。「払出証書」の郵送時期は、大変込み合っており、今年度の4月~6月分を、まとめて10月28日に発送予定です。更に遅れが生じる場合は、読響ホームページなどでお知らせいたします。

お手元のチケットは、換金が終わるまで保管いただきますよう、お願いいたします。換金が終了しましたら、破棄願います。

読響会員の方には、「振り替え制度の特別ルール」を設定しておりましたが、状況を鑑み、「振り替え制度」の受付を一時、停止しております。
※読響会員の会員券以外の1回券の払い戻し方法は、上記とは異なります。1回券の払い戻し方法をご覧ください。
※ご登録の住所に変更がある場合は、お手数ですが、読響チケットセンターまでご連絡ください。
※上記公演へ振り替えた場合は、払い戻しの対象です。
※上記公演から他の公演に振り替えている場合は、払い戻しの対象外です。


【1回券のチケット代金の払い戻し方法】

※チケットの発券場所によって、払い戻し方法が異なります。

1.コンビニもしくは、チケットぴあ店舗で発券したチケット

5月11日10時から6月30日までに、チケットを発券したコンビニ(セブンイレブン、ファミリーマート)及びチケットぴあ店舗(チケット券面参照)にお持ちください。その場で払い戻しいたします。
詳しくは、以下の「チケットぴあ」のページをご覧ください。
http://t.pia.jp/guide/refund02.jsp

2.WEB購入者でチケット未発券のチケット

以下の払い戻しのページをご覧ください。
「チケットぴあ」 http://t.pia.jp/guide/refund03.jsp
「読響チケットWEB」http://yomikyo.pia.jp/guide/refund.jsp

3.各ホールのチケットセンターで購入したチケット

各窓口で直接購入した方は、各ホールのチケットセンターにお問い合わせください。

4.その他(読響チケットセンターから決済済み配送で受け取ったチケットなど)

チケットを「ぴあメールセンター」(下記)へ6月30日までにご郵送ください。郵便貯金事務センターから「郵便振替払出証書」を郵送させていただきますので、指定の期間内に郵便局にてチケット代金の換金をお願いします。 なお、「払出証書」の郵送時期は、大変込み合っているため、誠に申し訳ございませんが、目途が立たない状況です。「払出証書」は11月上旬までの郵送を目指しておりますが、状況次第では遅れる場合もございます。目途が立ちましたら、読響ホームページなどでお知らせいたします。

    〒150-0011東京都渋谷区東1-2-20 渋谷ファーストタワー
    ぴあ株式会社 チケットぴあメールセンター「読響●月●日公演」宛
    (●にチケットの公演日を入れてください。)

    チケット返送時に ①ご返金先のご住所 ②お名前 ③連絡可能な電話番号
    ④枚数 ⑤合計金額 を記したメモをご同封ください。

動画配信サービスサイトHuluで過去の「読響_DSC0195 - コピー.jpgシンフォニック・ライブ」の動画が、〈在宅応援〉として期間限定で無料配信中です。

昨年5月14日の常任指揮者セバスティアン・ヴァイグレによるブルックナーの交響曲第9番などが新たに追加されました。どうぞ、お家で読響の動画をお楽しみください。

【Hulu〈在宅応援〉のページ】https://www.hulu.jp/display/zaitaku-oen


現在、無料配信中(5月10日まで)は、以下の9本(全てノーカット演奏)です。

・サッシャ・ゲッツェル指揮 ベートーヴェン/交響曲第9番「合唱付き」(2017年12月)
・マッシモ・ザネッティ指揮 ベートーヴェン/交響曲第9番「合唱付き」(2018年12月)
・シルヴァン・カンブルラン指揮 シェーンベルク/グレの歌 (2019年3月)
・沼尻竜典指揮 R.シュトラウス/アルプス交響曲(2018年5月)
・セバスティアン・ヴァイグレ指揮 ブルックナー/交響曲第9番 (2019年5月)
・アイヴァー・ボルトン指揮 ベートーヴェン/交響曲第9番「合唱付き」(2019年12月)
・大友直人指揮 シューマン/4本のホルンと管弦楽のためのコンツェルトシュテュック 他(2020年1月)
・大友直人指揮 モーツァルト/歌劇「魔笛」序曲(2020年1月)
・大友直人指揮 ドヴォルザーク/交響曲第8番(2020年1月)

5月28日(木)「コンポージアム2020 トーマス・アデスの音楽」(主催:東京オペラシティ文化財団)は、2021年1月に延期となりました。なお、日程変更に伴い、読響の出演はなくなりました。

詳細は、東京オペラシティの以下のページをご覧ください。
https://www.operacity.jp/topics/detail.php?id=610