News

年末恒例ベートーヴェン《第九》公演、明日20日(土)発売開始!

2019daiku.jpg年末恒例の人気企画として毎年盛況のベートーヴェン「第九」公演。今年は、12月17日(火)の東京芸術劇場と18日(水)のサントリーホールでの特別演奏会など東京・大阪で計6公演を開催します。有名な美しい旋律と共に、この一年を振りかえるひとときをお過ごしください。

【「第九」公演情報】
第九特設ページ:https://yomikyo.or.jp/dai9.php

今年はザルツブルク音楽祭などで活躍し、スペインのマドリード王立劇場の音楽監督を務める名匠アイヴァー・ボルトンが登場。鮮烈なタクトで、ベートーヴェンの音楽の神髄に迫ります。声楽ソリストには、ウィーン国立歌劇場やバイエルン国立歌劇場で活躍するシルヴィア・シュヴァルツ(ソプラノ)をはじめ、国際的に活躍する実力派4人が揃いました。 

名匠ボルトンのタクトで、日本を代表する新国立劇場合唱団と実力派歌手陣から引き出す歌声、そして最後にオーケストラと築く「歓喜の歌」のクライマックスを、どうぞご堪能ください。 
 
東京5公演のチケットは、7月20日(土)10時から発売開始します。
お申し込み:読響チケットセンター 0570-00-4390(10時~18時・年中無休)

なお、インターネットからもお申し込みいただけます(ご利用登録が必要です)。

SHINRYO Presents「第九」特別演奏会

2019年12月17日〈火〉 東京芸術劇場

指揮=アイヴァー・ボルトン
ソプラノ=シルヴィア・シュヴァルツ  
メゾ・ソプラノ=池田香織
テノール=小堀勇介  
バリトン=トーマス・オリーマンス
合唱=新国立劇場合唱団(合唱指揮=三澤洋史)

ベートーヴェン:交響曲第9番 ニ短調 作品125「合唱付き」

FUJITSU Presents「第九」特別演奏会

2019年12月18日〈水〉 サントリーホール

指揮=アイヴァー・ボルトン
ソプラノ=シルヴィア・シュヴァルツ   
メゾ・ソプラノ=池田香織
テノール=小堀勇介  
バリトン=トーマス・オリーマンス
合唱=新国立劇場合唱団(合唱指揮=三澤洋史)

ベートーヴェン:交響曲第9番 ニ短調 作品125「合唱付き」

17日深夜の日テレで鈴木優人指揮のラモー作品などを放映!

1944.jpg7月17日(水)深夜2時29分(18日の午前2時29分)から3時29分までの日本テレビ「読響シンフォニックライブ」では、4月4日のサントリーホールでの〈第621回名曲シリーズ〉から、鈴木優人が指揮したラモーの歌劇「優雅なインドの国々」組曲と、レミ・ジュニエが独奏を務めたショパンのピアノ協奏曲第2番の模様が放映されます。

指揮者だけでなく、オルガンやチェンバロ奏者や通奏低音など鍵盤楽器奏者、作曲家、音楽祭などのプロデューサーとしても活躍する鈴木優人。読響には、2016年6月の《第10回読響アンサンブル・シリーズ》で指揮デビューしたほか、2017年8月の《読響サマーフェスティバル「三大交響曲」》などで指揮し、成功を収めています。今回、ラモー作品では、自らチェンバロで通奏低音を弾きながら、溌剌とした音楽を展開しています。

ショパンのピアノ協奏曲第2番で独奏を務めたレミ・ジュニエは、欧州で注目を浴びるフランスの新鋭ピアニストです。瑞々しい感性と繊細なタッチで、ショパンの美しい旋律を印象的に歌いあげ、客席から大きな拍手を受けました。

なお、BS日テレでも7月27日(土)午前7時から放送される予定です。

日本テレビ「読響シンフォニックライブ」ホームページ:http://www.ntv.co.jp/yomikyo/

7月17日公演は、完売しました

7月17日(水)「第23回大阪定期演奏会」のチケットは、好評につき完売しました。

7月16日公演は、完売しました

7月16日(火)「第624回名曲シリーズ」 のチケットは、好評につき完売しました。

テミルカーノフ、ネトピルらが登場! 10~11月公演、7月13日(土)発売

20191011.jpg

 《定期演奏会》《名曲》《土曜マチネー》《日曜マチネー》《みなとみらいホリデー名曲》の各シリーズの、10月~11月に開催する全9公演の1回券を、7月13日(土)午前10時から発売します。

10月には、名誉指揮者の世界的巨匠テミルカーノフが、ショスタコーヴィチの大作「バビ・ヤール」、チャイコフスキーの交響曲第5番などを含む3プログラムを指揮。11月は特別客演指揮者の小林研一郎がドヴォルザーク「新世界から」で名旋律に魂を込め、チェコの俊英ネトピルが初登場し、スーク「アスラエル交響曲」やヤナーチェク作品などを披露します。

ヴァイオリンのチェクナヴォリアンやハチャトゥリアン、チェロのケラスや伊藤悠貴、ピアノのタローら実力派ソリストが共演します。

チケットのお申し込みは、読響チケットセンター 0570-00-4390(10時~18時・年中無休)へ。
「読響チケットWEB」 http://yomikyo.pia.jp/ でもお買い求めいただけます。

第592回定期演奏会

2019年10月 9日〈水〉 サントリーホール

指揮=ユーリ・テミルカーノフ
バス=ピョートル・ミグノフ
男声合唱=新国立劇場合唱団(合唱指揮=冨平恭平)

ハイドン:交響曲第94番 ト長調「驚愕」
ショスタコーヴィチ:交響曲第13番 変ロ短調「バビ・ヤール」

第221回土曜マチネーシリーズ

2019年10月19日〈土〉 東京芸術劇場

指揮=ユーリ・テミルカーノフ
ヴァイオリン=セルゲイ・ハチャトゥリアン

ブラームス:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品77
ブラームス:交響曲第2番 ニ長調 作品73

第116回みなとみらいホリデー名曲シリーズ

2019年11月17日〈日〉 横浜みなとみらいホール

指揮=小林研一郎
チェロ=伊藤悠貴

ドヴォルザーク:チェロ協奏曲 ロ短調 作品104
ドヴォルザーク:交響曲第9番 ホ短調 作品95「新世界から」

第222回日曜マチネーシリーズ

2019年11月24日〈日〉 東京芸術劇場

指揮=トマーシュ・ネトピル
ピアノ=アレクサンドル・タロー

モーツァルト:歌劇「ドン・ジョヴァンニ」序曲
モーツァルト:交響曲第38番 ニ長調 K.504「プラハ」
プーランク:ピアノ協奏曲
ヤナーチェク:シンフォニエッタ

第593回定期演奏会

2019年11月29日〈金〉 サントリーホール

指揮=トマーシュ・ネトピル
チェロ=ジャン=ギアン・ケラス

モーツァルト:歌劇「皇帝ティートの慈悲」序曲
リゲティ:無伴奏チェロ・ソナタ
リゲティ:チェロ協奏曲
スーク:アスラエル交響曲 ハ短調 作品27

11日(木)、ハンガリーの俊英ナナシが初登場。バルトークなどを披露へ!

7月11日(木)にサントリーホールで開催される《第590回定期演奏会》では、名門ベルリン・コーミッシェ・オーパーの音楽監督などを歴任したハンガリーの俊英ヘンリク・ナナシが初来日し、“お国もの”のバルトークやコダーイの名曲を指揮します。

IMG_6645.JPG1曲目は、20世紀ハンガリーを代表する作曲家コダーイの「ガランタ舞曲」。ロマの楽士たちが演奏した舞曲などが使用されたハンガリーの民俗色豊かな作品です。ハンガリーの音楽の持つ独特のアクセントなどに通じたナナシの指揮で、リズム感に富んだ熱い演奏をお楽しみください。

2曲目は、サン=サーンスのピアノ協奏曲第5番「エジプト風」。50代後半に家庭内の不幸が続き、パリから北アフリカに移り放浪生活を送ったサン=サーンスが、エジプト滞在中に作曲した作品で、エキゾチックな雰囲気を持ちながら、哀愁を帯びた美しい旋律が印象的な傑作です。ソロを務めるのは、欧州で注目を浴びるフランスの鬼才リュカ・ドゥバルグ。異次元へと誘う強烈な個性を持ったピアニストで、その個性的な解釈に注目です。ドゥバルグのピアノが作る孤高の世界観に、ご期待ください。

後半は、バルトークの「管弦楽のための協奏曲」。第二次世界大戦で祖国ハンガリーからアメリカに移住したバルトークが、クーセヴィツキーの依頼でボストン響のために作曲したもので、バルトークのオーケストラ曲では、最も人気の高い作品です。体調不良などで苦しんでいたバルトークですが、この作品に自らの希望を込めたとされており、終楽章は生命の輝きを音にしたような「生の肯定」が描かれます。オペラ作品も得意とするナナシのタクトは、この傑作を繊細かつドラマティックに描き、深い感動をもたらすことでしょう。

チケットは、読響チケットセンター 0570-00-4390(10時~18時)、読響チケットWEB にて好評発売中です。当日券は、18時から販売します。学生券(2,000円/25歳以下/要学生証)の整理券も18時から配布します。皆様のご来場、お待ちしております。

第590回定期演奏会

2019年7月11日〈木〉 サントリーホール

指揮=ヘンリク・ナナシ
ピアノ=リュカ・ドゥバルグ

コダーイ:ガランタ舞曲
サン=サーンス:ピアノ協奏曲第5番 ヘ長調「エジプト風」
バルトーク:管弦楽のための協奏曲

7月15、16、17日公演、指揮者変更のお知らせ

7月15日(月・祝)井上道義110_(c)高木ゆりこ.jpg《第113回みなとみらいホリデー名曲シリーズ》、16日(火)《第624回名曲シリーズ》、17日(水)《第23回大阪定期演奏会》に出演を予定していた指揮者のブラムウェル・トーヴェイは、がんの診断を受け、医師の判断で治療のために来日できなくなりました。

代わりに、日本を代表するマエストロの井上道義が指揮します。井上は2014年の咽頭がんでの闘病生活を乗り越え、近年ますます円熟味の増した深い芸術性を披露しています。

曲目の変更はございません。誠に申し訳ございませんが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。なお、この変更に伴うチケット代の払い戻しはございません。

【井上道義 Michiyoshi Inoue】
1946年東京生まれ。桐朋学園大学卒業。ニュージーランド国立響首席客演指揮者、新日本フィル音楽監督、京都市響音楽監督、大阪フィル首席指揮者、オーケストラ・アンサンブル金沢(OEK)音楽監督を歴任。2014年4月、病に倒れるが同年10月に復帰を遂げる。15年全国共同制作オペラ「フィガロの結婚」、17年大阪国際フェスティバル「バーンスタイン:ミサ」(演出兼任)、19年オペラ「ドン・ジョヴァンニ」で総監督として既成概念にとらわれない舞台を作り、高く評価された。渡邊暁雄基金特別賞、東燃ゼネラル音楽賞、大阪文化賞、大阪文化祭賞、音楽クリティック・クラブ賞などを受賞。OEK桂冠指揮者。自宅にアヒルをまた飼っている。 http://www.michiyoshi-inoue.com/

第113回みなとみらいホリデー名曲シリーズ

2019年7月15日〈月・祝〉 横浜みなとみらいホール

指揮=井上道義
ピアノ=リュカ・ドゥバルグ
女声合唱=昭和音楽大学

ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番 ハ短調 作品18
ホルスト:組曲「惑星」作品32

第624回名曲シリーズ

2019年7月16日〈火〉 サントリーホール

指揮=井上道義
ピアノ=リュカ・ドゥバルグ
女声合唱=昭和音楽大学

ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番 ハ短調 作品18
ホルスト:組曲「惑星」作品32

第23回大阪定期演奏会

2019年7月17日〈水〉 フェスティバルホール(大阪)

指揮=井上道義
ピアノ=リュカ・ドゥバルグ
女声合唱=昭和音楽大学

ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番 ハ短調 作品18
ホルスト:組曲「惑星」作品32