News

次期常任指揮者ヴァイグレが「音楽の友」誌の表紙に登場!

20181019135232-0001.jpg2019年4月に読響の第10代常任指揮者に就任するセバスティアン・ヴァイグレが、10月18日発売の「音楽の友」11月号の表紙に登場。巻頭カラーページのインタビューで、就任への想いや2019年度のプログラムなどについて語っています。

下記のHPからご購入いただけるほか、全国の書店でもお買い求めいただけます。是非、ご一読ください。
■「音楽の友」HP: http://www.ongakunotomo.co.jp/magazine/ongakunotomo/

また、同誌の連載「マエストロを友とした日々/あるプロデューサーの伝記」(広渡 勲)の中で、バレンボイムのベルリン国立歌劇場の《ニーベルングの指環》についての話と共に、バレンボイムとヴァイグレのエピソードも紹介されています。
 
ヴァイグレは、2019年5月、9月、20年3月に登場し、ブルックナーの交響曲第9番、ハンス・ロットの交響曲、R.シュトラウスの「英雄の生涯」などを指揮します。プログラムについては、以下の記事をご覧ください。

第576回サントリーホール名曲シリーズ

2014年11月28日〈金〉 サントリーホール

指揮=シルヴァン・カンブルラン
モーツァルト:歌劇「魔笛」序曲
シューマン:交響曲第3番 変ホ長調作品97「ライン」
ベートーヴェン:交響曲第3番 変ホ長調作品55「英雄」

第76回みなとみらいホリデー名曲シリーズ

2014年11月29日〈土〉 横浜みなとみらいホール

指揮=シルヴァン・カンブルラン

モーツァルト:歌劇「魔笛」序曲
シューマン:交響曲第3番 変ホ長調作品97「ライン」
ベートーヴェン:交響曲第3番 変ホ長調作品55「英雄」

第543回定期演奏会

2014年12月 4日〈木〉 サントリーホール

指揮=シルヴァン・カンブルラン
ピアノ=アンジェラ・ヒューイット
オンド・マルトノ=シンシア・ミラー

酒井 健治:ブルーコンチェルト(読響委嘱作品・世界初演)
メシアン:トゥーランガリラ交響曲

20年ぶりに来日した鬼才アントニーニが、明日16日(火)読響と初共演へ!

明日10月16日(火)、20年ぶりに来日したイタリアの鬼才ジョヴァンニ・アントニーニが、初めて読響の指揮台に上がります。

IMG_4710.JPG鋭角系古楽アンサンブル“イル・ジャルディーノ・アルモニコ”を率いるアントニーニは、近年ベルリン・フィルやシカゴ響などモダン・オーケストラも数多く指揮しています。自らの楽団の活動に加え、チューリッヒ歌劇場などのオペラハウスにも多く客演し、欧州各地で活発に活動を続けています。読響と初共演となる今回、ベルリン・フィルの客演の際にも演奏したベートーヴェンの交響曲第2番などで、鮮烈な演奏を聴かせてくれるでしょう。

なお、今回コンサートマスターを務める日下紗矢子(特別客演コンサートマスター)は、アントニーニとベルリンで何度か共演しており、アントニーニの音楽の魅力について、「対話を大事にして、音楽が立体的でうねりがあり、楽器間のバランスが素晴らしい。音楽の表現には何万通りもあり、音楽に生命を吹き込むためにはいつもフレキシブルでいること、想像力を働かせることの大切さに気付かされた」と語っています。

前半は、“ヴァイオリンの女王”ヴィクトリア・ムローヴァがベートーヴェンの協奏曲で独奏を務めます。彼女もアントニーニの音楽に惚れ込む一人。“イル・ジャル”とのヴィヴァルディの協奏曲も名録音として知られてますが、アントニーニ&読響とのライヴにもどうぞご期待ください。

チケット好評発売中です。16日(火)12時まで読響チケットセンター 0570-00-4390にてご購入いただけます。当日券は、18時から販売します。学生券(2,000円/25歳以下/要学生証)の整理券も18時から配布します。皆様のご来場、お待ちしております。

第616回名曲シリーズ

2018年10月16日〈火〉 サントリーホール

指揮=ジョヴァンニ・アントニーニ
ヴァイオリン=ヴィクトリア・ムローヴァ

ハイドン:歌劇「無人島」序曲
ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品61
ベートーヴェン:交響曲 第2番 ニ長調 作品36

1月に日本初演する藤倉大「インパルス」の世界初演が成功!

1月18日(金)《第584回定期演奏会》で日本初演する藤倉大のピアノ協奏曲第3番「インパルス」が、10月5日にモナコ公国のモンテカルロで世界初演されました。読響・首席客演指揮者の山田和樹が芸術監督を務めるモンテカルロ・フィルを指揮し、小菅優がソリストを務め、大きな成功を収めました。なお、この作品は来年1月に読響で演奏された後、2020年にスイス・ロマンド管でも演奏される予定です。

10月5日の終演後の山田、小菅、藤倉の興奮覚めやらぬ様子を収めた面白い動画(制作:KAJIMOTO)が届きましたので、どうぞご覧ください。なお、1月公演のチケットは、読響チケットセンター 0570-00-4390 にて絶賛発売中です。

第584回定期演奏会

2019年1月18日〈金〉 サントリーホール

指揮=山田 和樹
ピアノ=小菅 優

諸井 三郎:交響的断章
藤倉 大:ピアノ協奏曲 第3番「インパルス」(共同委嘱作品/日本初演)
ワーグナー:舞台神聖祭典劇「パルジファル」から第1幕への前奏曲
スクリャービン:交響曲 第4番「法悦の詩」 作品54

2019/2020シーズンプログラム発表!

20181003142340-0001.jpg2019年度(2019年4月~2020年3月)シーズンの日程、プログラム、出演者を発表します。速報版チラシ(PDFファイル)をダウンロードしてご覧いただけます。

2019/2020シーズンプログラムPDFをダウンロード


2019年度の年間会員券は12月8日(土)から発売します。
お申し込みは、読響チケットセンター 0570-00-4390(10時~18時) もしくは、読響チケットWEB まで。

2019年度は、ドイツの名匠セバスティアン・ヴァイグレが第10代常任指揮者に就任し、新しい時代の幕が開きます。ヴァイグレは、ブルックナーの交響曲第9番、R.シュトラウス「英雄の生涯」、マーラーの交響曲第5番、ブラームスの交響曲第1番など得意のドイツものを指揮し、豊かな音楽性を発揮します。

二人の首席客演指揮者もそれぞれの個性を生かした曲を取り上げます。山田和樹は、カリンニコフとマーラーの交響曲第1番で熱いタクトを披露し、マイスターはムソルグスキー「展覧会の絵」やブルックナーの交響曲第2番で多彩な響きを引き出します。名誉指揮者テミルカーノフは、ショスタコーヴィチの交響曲第13番「バビ・ヤール」で壮大な世界を築きます。

名誉客演指揮者の尾高忠明をはじめ、特別客演指揮者の小林研一郎、チェコの俊英ネトピル、エストニアの鬼才エルツ、北米で活躍する巨匠トーヴェイ、ハンガリーの気鋭ナナシ、2017年3月以来の久々に登場する下野竜也ら話題性十分の面々が指揮台に上がります。

ピアノのブッフビンダー、ポゴレリッチ、ゲニューシャス、ヴァイオリンのフラング、ラドゥロヴィチ、テツラフ、チェロのゲルハルト、ケラスら豪華ソリストが揃いました。またピアノの岡田奏、ヴァイオリンの小林壱成、チェロの上野通明、伊藤悠貴、サクソフォンの上野耕平ら国際的に活躍するフレッシュな若手日本人も登場します。

アントニーニ指揮の10月公演の記事が「ぶらあぼ」に掲載

bravo10.jpg現在配布中の音楽情報誌『ぶらあぼ』10月号の「Pick Up」のページで、10月20日、21日に行われる《土曜・日曜マチネーシリーズ》についての記事が掲載されています。イタリア古楽界の鬼才ジョヴァンニ・アントニーニが20年ぶりに来日し、ヴィヴァルディやハイドンなどを指揮するほか、自らリコーダーを演奏。2曲のマンドリン協奏曲では、“マンドリン界のプリンス”アヴィ・アヴィタルが超絶技巧を披露します。 チケットは、読響チケットセンター 0570-00-4390 にて好評発売中。

記事は、以下のページでご覧いただけます。
https://ebravo.jp/archives/47701

【公演情報】

CD「アッシジの聖フランチェスコ」の記事が、NIKKEI STYLEに掲載!

ALT 398.jpgカンブルラン指揮によるメシアン「アッシジの聖フランチェスコ」のCD(レーベル:ALTUS/販売:キング・インターナショナル)が、NIKKEI STYLEの「エンタメ!」コーナーの「ディスク・今月の3点」の記事で紹介されました。

以下下のリンクでお読みいただけます。どうぞ、ご覧ください。
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO35485500Y8A910C1000000?channel=DF260120166511

明日28日、カンブルランが〈ラ・ヴァルス〉などを指揮し、諏訪内晶子が共演!

Sylvain Cambreling020.jpg明日9月28日(金)は、常任指揮者カンブルランが、「死と破滅」というテーマを色濃く打ち出したプログラムを指揮します。

1曲目のペンデレツキ「広島の犠牲者に捧げる哀歌」は、悲痛な叫び声のように始まり、戦争の恐怖や悲惨さを想起させる作品です。2011年に広島を訪れ、平和記念資料館で涙を流したカンブルランが、熱い想いを込めます。同じくポーランドのシマノフスキによるヴァイオリン協奏曲第1番は、神秘的な官能美を漂わせながら独奏ヴァイオリンが歌います。その官能性は、真実を忘れさせ、死への恐怖を感じさせるでしょう。独奏の諏訪内晶子が、銘器ストラディヴァリの艶やかな音色で聴衆を魅了します。

後半のゲオルク・ハース「静物」は、2003年にカンブルランがドナウエッシンゲン音楽祭で世界初演した作品。絶え間なく続く破壊的な巨大音響が衝撃としてホールを満たします。多くの管楽器や打楽器の強烈なサウンドは、大自然の驚異や極限の美を感じるような稀有な体験になるでしょう。この3曲の後、メインのラヴェル「ラ・ヴァルス」では、古き良き時代のワルツが終焉を迎え、一時代の崩壊が暗示されます。カンブルランが振るこのプログラムは、現代を生きる私たちにどのように響くのか、どうぞお楽しみに!

チケットは絶賛発売中です。明日の12時まで読響チケットセンター 0570-00-4390(10時~18時)でお申し込みいただけます。

当日券は、18時から約80枚、販売します。学生券(2,000円/要学生証/25歳以下)の整理券も18時から配布します。皆様のご来場、お待ちしております。

第581回定期演奏会

2018年9月28日〈金〉 サントリーホール

指揮=シルヴァン・カンブルラン
ヴァイオリン=諏訪内 晶子

ペンデレツキ:広島の犠牲者に捧げる哀歌
シマノフスキ:ヴァイオリン協奏曲 第1番 作品35
ハース:静物
ラヴェル:ラ・ヴァルス

カンブルラン指揮「グレの歌」など1~3月公演、9月29日(土)発売!

《定期演奏会》《名曲》《土曜マチネー》《日曜マチネー》《みなとみらいホリデー名曲》の各シリーズの2019年1月~3月に開催する全14公演の1回券を、9月29日(土)午前10時から一般発売します(読響会員は優先発売中)。

1.2.3.2019.jpg常任指揮者としての任期の最後を迎えるカンブルランは3月に登場し、シェーンベルクの大作「グレの歌」をはじめ、ドビュッシー「海」、ベルリオーズ「幻想交響曲」などを披露します。

「グレの歌」は、1967年6月に若杉弘の指揮で読響が日本初演した作品で、読響ではそれ以来、2回目です。“カンブルラン時代”の最後に相応しい充実した演奏にご期待ください。

首席客演指揮者の山田和樹は、1月にリムスキー=コルサコフ「シェエラザード」やスクリャービン「法悦の詩」などを指揮。特別客演指揮者の小林研一郎は、2月にベートーヴェン「運命」やブラームスの交響曲第2番などで熱いタクトを振ります。また、2月にはドイツの巨匠ツァグロゼクが3年ぶりに登場し、ブルックナーの交響曲第7番で作品の神髄に迫ります。

ヴァイオリンのワリー=コーエン、ピアノの小菅優、牛田智大、フルートのルヴィオンら、フレッシュな気鋭ソリストたちが共演し、その実力を遺憾なく発揮します。

チケットのお申し込みは、読響チケットセンター 0570-00-4390(10時~18時・年中無休)へ。
「読響チケットWEB」 http://yomikyo.pia.jp/ でもお買い求めいただけます。

第213回土曜マチネーシリーズ

2019年1月12日〈土〉 東京芸術劇場

指揮=山田 和樹 
ピアノ=ホアキン・アチュカロ

ラヴェル:高雅で感傷的なワルツ
ラヴェル:ピアノ協奏曲 ト長調
リムスキー=コルサコフ:交響組曲「シェエラザード」 作品35

第584回定期演奏会

2019年1月18日〈金〉 サントリーホール

指揮=山田 和樹
ピアノ=小菅 優

諸井 三郎:交響的断章
藤倉 大:ピアノ協奏曲 第3番「インパルス」(共同委嘱作品/日本初演)
ワーグナー:舞台神聖祭典劇「パルジファル」から第1幕への前奏曲
スクリャービン:交響曲 第4番「法悦の詩」 作品54

第619回名曲シリーズ

2019年2月14日〈木〉 サントリーホール

指揮=小林 研一郎
ピアノ=牛田 智大

チャイコフスキー:ピアノ協奏曲 第1番 変ロ短調 作品23
ブラームス:交響曲 第2番 ニ長調 作品73

第585回定期演奏会

2019年2月22日〈金〉 サントリーホール

指揮=ローター・ツァグロゼク

リーム:Ins Offene…(第2稿)
ブルックナー:交響曲 第7番 ホ長調 WAB.107

第586回定期演奏会

2019年3月14日〈木〉 サントリーホール

指揮=シルヴァン・カンブルラン
ソプラノ=レイチェル・ニコルズ
メゾ・ソプラノ=クラウディア・マーンケ
テノール=ロバート・ディーン・スミス、ユルゲン・ザッヒャー
バリトン・語り=ディートリヒ・ヘンシェル
合唱=新国立劇場合唱団(合唱指揮=三澤 洋史)

シェーンベルク:グレの歌

カンブルラン指揮〈果てなき音楽の旅〉のチケット、22日(土)発売!

2019年3月19日(火)に紀尾井ホールで開催するカンブルラン指揮による特別演奏会「果てなき音楽の旅」のチケットを、9月22日(土)に発売します。現在、読響会員は優先発売中です。

20190319.jpgこの演奏会は、カンブルランが9年間務めた常任指揮者を退任するにあたり企画されたものです。本公演ではカンブルランが厳選した20世紀の4作品を紹介します。ヴァレーズ、メシアン、シェルシ、グリゼーの各作品はどれも演奏者が8人から約30人ほどの編成で書かれています。20世紀音楽でも定評のあるカンブルランと読響の演奏を、響きの美しい紀尾井ホールでご堪能ください。

また、メシアンの日本にちなんだ傑作〈7つの俳諧〉では、現代作品を得意とする巨匠ピアニストのピエール=ロラン・エマールが共演します。エマールは、1973年のメシアン国際コンクールの覇者。昨年12月の来日時は、メシアン〈幼子イエスにそそぐ20のまなざし〉の演奏で大きな話題を呼び、〈鳥のカタログ〉の新録音でも高い評価を受けている現代最高峰の“メシアン弾き”です。昨年のメシアン〈アッシジの聖フランチェスコ〉で成功を収めたカンブルラン&読響が、今回は小編成のメシアン作品で、ピアノの名手と共に繊細な響きを作りあげます。どうぞ、ご期待ください。

【日時】2019年3月19日(火)19時開演(18時30分開場)
【会場】紀尾井ホール(JR・東京メトロ「四ツ谷」駅麹町口 徒歩6分)

【指揮】シルヴァン・カンブルラン(常任指揮者)
【ピアノ】ピエール=ロラン・エマール*
【管弦楽】読売日本交響楽団

【曲目】ヴァレーズ:オクタンドル
     メシアン:7つの俳諧*
         シェルシ:4つの小品
         グリゼー:〈音響空間〉から“パルシエル”

【チケット料金】全席指定 5,000円 学生(25歳以下)2,000円 ※読響会員は1割引。
【チケット発売】9月22日(土)一般発売
【お申し込み】読響チケットセンター 0570-00-4390(10時~18時)、読響チケットWEB:http://yomikyo.pia.jp/

《読響アンサンブル・シリーズ 特別演奏会》 カンブルラン指揮〈果てなき音楽の旅〉

2019年3月19日〈火〉 紀尾井ホール

指揮=シルヴァン・カンブルラン
ピアノ=ピエール=ロラン・エマール*

ヴァレーズ:オクタンドル
メシアン:7つの俳諧*
シェルシ:4つの小品
グリゼー:「音響空間」から“パルシエル”

【チケット料金】
全席指定 5,000円 学生(25歳以下) 2,000円 
※読響会員の方は1割引きでお買い求めいただけます。
※読響会員の振替制度はご利用いただけません。

【チケット発売日】
読響会員優先:9月14日(金)/一般発売:9月22日(土)10時

9月21日公演は、完売しました

9月21日(金)の《第615回名曲シリーズ》のチケットは、好評につき完売しました。
当日券の有無については、21日の午前に同演奏会のページにてお知らせします。

なお、同プログラムの9月23日(日・祝)の《第106回みなとみらいホリデー名曲シリーズ》は、絶賛発売中です。
ご予約は、読響チケットセンター 0570-00-4390(10時~18時)まで。