News

27日と28日は、首席客演のマイスターが「展覧会の絵」などを披露

20190425.jpg4月27日(土)と28日(日)に東京芸術劇場で開催する《第216回土曜・日曜マチネーシリーズ》では、首席客演指揮者のコルネリウス・マイスターがプロコフィエフ「古典」やムソルグスキー(ラヴェル編)「展覧会の絵」などを披露します。

マイスターは、昨年秋からカンブルランの後任としてシュトゥットガルト歌劇場の音楽総監督に就任し、今年はメトロポリタン歌劇場でのデビューを成功させるなど欧米で注目を浴びているドイツの新鋭。今回は、ムソルグスキーのピアノ曲をラヴェルが色彩豊かな管弦楽版に編曲した「展覧会の絵」を振り、華麗なサウンドを引き出します。

前半には、ブラームス国際コンクールに優勝し、現在ドイツのデュッセルドルフでウィスペルウェイのもとで研鑽を積んでいる上野通明が登場。スペインの名チェリストで作曲家のカサドのチェロ協奏曲で伸びやかな旋律をたっぷりと歌い上げます。

「平成」最後の週末、フレッシュな二人の新鋭の競演に、どうぞご期待ください。チケットは、読響チケットセンター 0570-00-4390 と 読響チケットWEB で好評発売中です。

当日券は、両日とも13時から販売します。学生券(2,000円/25歳以下/要学生証)の整理券も13時から配布します。皆様のご来場、お待ちしております。

第216回土曜マチネーシリーズ

2019年4月27日〈土〉 東京芸術劇場

指揮=コルネリウス・マイスター
チェロ=上野通明

プロコフィエフ:交響曲第1番 ニ長調 作品25「古典」
カサド:チェロ協奏曲 ニ短調
ムソルグスキー(ラヴェル編):組曲「展覧会の絵」

第216回日曜マチネーシリーズ

2019年4月28日〈日〉 東京芸術劇場

指揮=コルネリウス・マイスター
チェロ=上野通明

プロコフィエフ:交響曲第1番 ニ長調 作品25「古典」
カサド:チェロ協奏曲 ニ短調
ムソルグスキー(ラヴェル編):組曲「展覧会の絵」

ヴァイグレの記事が本日の日本経済新聞に掲載

4月に読響の第10代常任指揮者に就任したセバスティアン・ヴァイグレが、本日4月25日の日本経済新聞(朝刊)の「文化往来」で紹介されました。

記事は、WEB版でもお読みいただけます。

ヴァイグレは5月に来日し、14日(火)の《就任披露演奏会》でブルックナーの交響曲第9番を振るなど、3つのプログラムを指揮します。

《読響アンサンブル・シリーズ》全4回の1回券、明日20日(土)から発売

ensemble2019.jpgよみうり大手町ホールで開催する2019年度《読響アンサンブル・シリーズ》の全4公演の1回券を、4月20日(土)から一般発売します。

2019年度は、読響特別客演コンサートマスターの日下紗矢子、ソロ・ヴィオラの鈴木康浩、ピアノの上岡敏之と中川賢一が登場。

7月12日(金)には鈴木康浩によるプロデュースで、鈴木が長原幸太、富岡廉太郎らとブラームスの弦楽五重奏曲第2番などを披露します。

11月18日(月)には“現代音楽のスペシャリスト”中川賢一が、読響メンバーとスティーヴ・ライヒとメシアンを演奏します。ライヒ作品では、12人の奏者が鮮烈なリズムとサウンドを作ります。メシアンでは中川と、瀧村依里、遠藤真理、金子平が共演し、作品の神髄に迫ります。

1月10日(金)は、日下紗矢子がリーダーを務め、モーツァルトのディヴェルティメント第11番とシェーンベルクの「浄夜」で妥協を許さぬアンサンブルを繰り広げます。

2月14日(金)は、指揮者として独自の音楽を追及する上岡敏之がピアノの腕前を披露し、ショーソンとフォーレで独自の世界を作ります。チケットの完売が相次ぐ人気シリーズですので、どうぞお買い逃しなく。

なお、4回を通してお聴きいただけるお得な年間会員券も好評発売中です。

お申し込みは、読響チケットセンター 0570-00-4390(10時~18時)へ。
読響チケットWEB http://yomikyo.pia.jp/ でもご購入いただけます。

第22回読響アンサンブル・シリーズ

2019年7月12日〈金〉 よみうり大手町ホール

ヴィオラ=鈴木康浩(ソロ・ヴィオラ)、正田響子
ヴァイオリン=長原幸太、外園彩香
チェロ=富岡廉太郎

ルクレール:2つのヴィオラのためのソナタ第4番 ニ長調 作品12-4
ヒンデミット:弦楽三重奏曲第2番
ブラームス:弦楽五重奏曲第2番 ト長調 作品111


※19時からプレ・トークあり

第23回読響アンサンブル・シリーズ

2019年11月18日〈月〉 よみうり大手町ホール

ピアノ=中川賢一*、小坂圭太
ヴァイオリン=瀧村依里*、對馬哲男
チェロ=遠藤真理*、髙木慶太
フルート=倉田優、片爪大輔
クラリネット=金子平*、芳賀史徳
打楽器=西久保友広、野本洋介
音響=有馬純寿

ライヒ:クラッピング・ミュージック
ライヒ:ダブル・セクステット
メシアン:世の終わりのための四重奏曲*


※19時からプレ・トークあり

第24回読響アンサンブル・シリーズ

2020年1月10日〈金〉 よみうり大手町ホール

ヴァイオリン=日下紗矢子(特別客演コンサートマスター)

モーツァルト:ディヴェルティメント第11番 ニ長調 K.251
シェーンベルク:浄夜 作品4(弦楽合奏版)

※19時からプレ・トークあり

第25回読響アンサンブル・シリーズ

2020年2月14日〈金〉 よみうり大手町ホール

ピアノ=上岡敏之

フォーレ:ピアノ五重奏曲第2番 ハ短調 作品115
ショーソン:ピアノ、ヴァイオリンと弦楽四重奏のための協奏曲 ニ長調 作品21

※18時50分からプレ・トークあり

明日17日、鬼才エルツの指揮でシベリウスの交響曲第5番などを披露

P_20190416_112045.jpg明日4月17日(水)、19時からサントリーホールで開催する《第587回定期演奏会》では、ウィーン響などを振るエストニアの鬼才オラリー・エルツが、2016年6月以来、約3年ぶりに登場します。

1曲目には、母国の作曲家エリッキ=スヴェン・トゥールの新作「幻影」(共同委嘱/日本初演)を演奏します。作曲家トゥールも来日し、リハーサルに立ち会い、明日の日本初演を客席で迎えます。2曲目、ストラヴィンスキーのヴァイオリン協奏曲では、ラトルやテミルカーノフら巨匠と共演し、世界の音楽シーンで引く手あまたのノルウェーの名花ヴィルデ・フラングが鮮烈なソロを奏でます。後半は武満徹の「星・島(スター・アイル)」とシベリウスの交響曲第5番。近現代作品を得意とするエルツが、大胆さと繊細さを兼ね備えた冴えた感性で、それぞれの作品の神髄に迫ります。

チケットは読響チケットセンター0570-00-4390(10時~18時)と読響チケットWEBにて好評発売中。

当日券は、18時から販売します。学生券(2,000円/25歳以下/要学生証)の整理券も18時から配布します。皆様のご来場、お待ちしております。

第587回定期演奏会

2019年4月17日〈水〉 サントリーホール

指揮=オラリー・エルツ
ヴァイオリン=ヴィルデ・フラング

トゥール:幻影(キュミ・シンフォニエッタ、エストニア国立交響楽団との共同委嘱作品/日本初演)
ストラヴィンスキー:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調
武満徹:星・島
シベリウス:交響曲第5番 変ホ長調 作品82

17日深夜の日テレでカンブルラン指揮「グレの歌」を拡大版で放映!

_DSC5175 - コピー.jpg4月17日(水)深夜2時29分(18日の午前2時29分)から3時59分までの日本テレビ「読響シンフォニック・ライブ」では、先月3月14日のサントリーホールでの〈第586回定期演奏会〉から、シルヴァン・カンブルラン指揮のシェーンベルク「グレの歌」(抜粋)が放映されます。

カンブルランは、9年間務めた常任指揮者の集大成として、ソプラノのレイチェル・ニコルズ、テノールのロバート・ディーン・スミスら豪華歌手陣、新国立劇場合唱団と共に、シェーンベルクの超大作「グレの歌」を演奏しました。終演後は、お客様から大きな拍手をいただいたほか、「カンブルランは複雑なスコアから各楽器の旋律や音色を丁寧に重ね合わせ、作品の構造を聴き手に見失わせる場面がまずない。長年のコンビを組んだ読響との信頼関係もあるのだろう」(読売新聞/4月4日/安田和信氏)など新聞や雑誌でも高い評価を受けました。

また、カンブルランが歩んだ9年の軌跡の映像や思いを語ったインタビューも放映予定です。どうぞ、お楽しみに。
なお、BS日テレでも4月27日(土)午前6時30分から放送される予定です。

日本テレビ「読響シンフォニック・ライブ」ホームページ:http://www.ntv.co.jp/yomikyo/

17日に共演するヴィルデ・フラングの動画メッセージが届きました

4月17日の《第587回定期演奏会》で、読響に初登場するノルウェーの新鋭ヴィルデ・フラングの動画メッセージが届きました。

フラングは、ラトル指揮のベルリン・フィルと共演するなど、世界の音楽シーンで引く手あまたの名手。今月3日には、モスクワで開催された《ロストロポーヴィチ・フェスティバル》に出演し、読響・首席客演指揮者の山田和樹の指揮でベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲を弾き、絶賛されました。17日は、ストラヴィンスキーの協奏曲での艶やかな音色による鮮烈なソロにご期待ください。チケットは、読響チケットセンター 0570-00-4390 及び 読響チケットWEB で好評発売中です。

第587回定期演奏会

2019年4月17日〈水〉 サントリーホール

指揮=オラリー・エルツ
ヴァイオリン=ヴィルデ・フラング

トゥール:幻影(キュミ・シンフォニエッタ、エストニア国立交響楽団との共同委嘱作品/日本初演)
ストラヴィンスキー:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調
武満徹:星・島
シベリウス:交響曲第5番 変ホ長調 作品82

明日12日、東京・春・音楽祭 The 15th Anniversary Gala Concert に出演

_20190410_142242.JPG明日4月12日(金)18時30分から東京文化会館(上野)で開催される《東京・春・音楽祭2019 「The 15th Anniversary Gala Concert」》(主催:東京・春・音楽祭実行委員会)に出演します。
http://www.tokyo-harusai.com/program/page_6050.html

2005年にスタートした《東京・春・音楽祭》は、今年15年目を迎えます。この演奏会は、音楽祭の15年を彩ってきた「エレクトラ」「オテロ」「パルジファル」「ニーベルングの指環」などの名場面を集め、世界的名歌手たちと贈るガラ・コンサートです。指揮は、オペラを知り尽くしたマエストロ、フィリップ・オーギャン。ソプラノのミーガン・ミラー、メゾ・ソプラノのエリーザベト・クールマン、テノールのペーター・ザイフェルト、バリトンのジョン・ルンドグレン、バスのイェンス=エリック・オースボーの5人のソリストが熱いステージを展開します。なお、読響の同音楽祭への出演は、2011年に続き二度目となります。

近年、読響は新国立劇場「神々の黄昏」、二期会「ばらの騎士」、日生劇場「ルサルカ」、「アッシジの聖フランチェスコ」(演奏会形式)などのオペラ作品でも高い評価を得ています。今回のガラ・コンサートでのオペラ名場面のドラマティックな演奏にご期待ください。

当日券は、17時から東京文化会館大ホール当日券窓口にて販売します。皆様のご来場をお待ちしております。

2019年度「フレンドシップ・コンサート」実施校募集

小中学校にクラシック音楽の楽しさを伝える「読響フレンドシップ・コンサート」の2019年度実施校を募集します。
読響OB楽団員(エルダー楽員)らによる室内合奏団を小中学校に派遣し、1時間程度、解説付きで演奏します。希望校多数の場合は抽選。学校側の費用負担はありません。

【募集地域】フレンド1.jpg
東京、神奈川、千葉、埼玉の1都3県の小中学校

【申し込み】
はがきに学校名、担当者名、電話番号、開催希望日を明記の上、
〒101-0054
東京都千代田区神田錦町3の20 錦町トラッドスクエア6階
読売日本交響楽団・教育支援担当へ。

【締切】
4月20日(消印有効)

【問い合わせ】
読響・教育支援担当 03-5283-5215



3月19日《果てなき音楽の旅》公演の批評が、朝日新聞に掲載

_DSC8095.jpg3月19日(火)紀尾井ホールでの《読響アンサンブル・シリーズ 特別演奏会》 カンブルラン指揮〈果てなき音楽の旅〉の批評が、昨日の朝日新聞に掲載されました。以下の朝日新聞のWEB版でもご覧いただけます(登録が必要)。

朝日新聞(白石美雪氏): 掛け値なしに充実した番外編

【写真】©読響 撮影=青柳聡

明日4日、鈴木優人がストラヴィンスキー「ペトルーシュカ」などを披露へ

2019年度シーズンの最初の演奏会《第621回名曲シリーズ》を、明日4日(木)19時からサントリーホールで開催します。

image1.jpeg指揮は、マルチな才能で国際的に活躍する鈴木優人。読響には2016年6月に《読響アンサンブル・シリーズ》でデビューを果たし、17、18年と共演を重ねています。

今回は鈴木優人が、ストラヴィンスキーの傑作バレエ音楽として知られる「ペトルーシュカ」(1947年版)で鮮烈なリズムとハーモニーを作ります。1曲目のラモー作品では、自ら編曲も手がけ、チェンバロで通奏低音も演奏します。ショパンのピアノ協奏曲第2番では、欧州で注目を浴びるフランスの若手レミ・ジュニエが、瑞々しい感性で名旋律を奏でます。二人のフレッシュな才能の競演を、ご堪能ください。

リハーサルを終えた鈴木は、読響の印象を「実力と人間性のバランスが見事。音楽的にも色々な引き出しがあり、リハーサルでは心をオープンにして様々な事を試していただけました」と語りました。

演奏会の聴きどころを尋ねると、「ラモー、ショパン、ストラヴィンスキーの3人はパリという街で繋がっています。そんな関係を感じながらも、三者三様の音楽を味わっていただければと思います。ストラヴィンスキー『ペトルーシュカ』は、物語性のある音楽なので、劇場に来たように楽しんでいただけたら嬉しいです。スケールの大きな演奏にご期待ください!」と抱負を述べました。

【読売新聞のインタビュー記事】https://yomikyo.or.jp/news/#news-topics-12114

チケットは読響チケットセンター0570-00-4390(10時~18時)と読響チケットWEBにて好評発売中。
当日券は、18時から販売します。学生券(2,000円/25歳以下/要学生証)の整理券も18時から配布します。皆様のご来場、お待ちしております。

第621回名曲シリーズ

2019年4月 4日〈木〉 サントリーホール

指揮=鈴木優人
ピアノ=レミ・ジュニエ

ラモー:歌劇「優雅なインドの国々」組曲
ショパン:ピアノ協奏曲第2番 ヘ短調 作品21
ストラヴィンスキー:バレエ音楽「ペトルーシュカ」(1947年版)