News

16日深夜の日テレで原田慶太楼指揮のファリャ&ヒナステラ作品を放映!

原田慶太楼3c_Claudia Hershner - コピー.jpgのサムネイル画像10月16日(水)深夜2時29分(17日の午前2時29分)から3時29分までの日本テレビ「読響シンフォニック・ライブ」では、6月26日の東京芸術劇場での公開収録から、アメリカを中心に活躍する期待の指揮者・原田慶太楼(写真©Claudia Hershner)が振ったファリャ「恋は魔術師」とヒナステラ「エスタンシア」の模様が放映されます。「恋は魔術師」の独唱は、メゾ・ソプラノの杉山由紀。

原田は、ヒューストン響やインディアナポリス響を振るなど国際的に活躍し、シンシナティ響のアシスタント・コンダクターを歴任、2020年シーズンから米ジョージア州サヴァンナ・フィルの音楽&芸術監督の就任が決まっている注目株。今回が読響との初共演でした。原田のエネルギッシュなタクトにより、二つのバレエ作品から溌剌としたリズムと色彩豊かなサウンドが生まれ、会場は大きな拍手に包まれました。

BS日テレでも10月26日(土)午前7時から放送される予定です。
【日本テレビ「読響シンフォニック・ライブ」ホームページ】:http://www.ntv.co.jp/yomikyo/

なお、原田は、来年1月5日(日)のウェスタ川越(埼玉県川越市)でのニューイヤー・コンサート(主催:指定管理者NeCST)で、読響と2度目の共演を果たします。どうぞ、ご注目ください。
【川越公演/公演情報】:https://www.westa-kawagoe.jp/event/detail.html?id=1737

明日14日、横浜公演の開催のお知らせ

この度の台風被害にあたり、お亡くなりになられた方々に対し、心からご冥福をお祈りいたします。また、被災された方々に対し、お見舞い申し上げます。


明日14日(月・祝)《第115回みなとみらいホリデー名曲シリーズ》は、予定通り開催します。

チケットは、読響チケットセンター 0570-00-4390 にて好評発売中です。
当日券は13時から販売します。学生券(2,000円/25歳以下/要学生証)の整理券も13時から配布します。皆様のご来場をお待ちしております。

明日12日(土)、読響チケットセンターの営業時間変更のお知らせ

台風の影響により、読響チケットセンター(TEL:0570-00-4390)は明日10月12日(土)の営業時間を10:00~15:00に短縮させていただきます。
10月13日(日)は通常営業を予定しておりますが、変更させていただく場合がございますことを予めご了承ください。

なお、読響チケットWEB 
http://yomikyo.pia.jp/では、上記以外の時間もチケットをご購入いただけます。
 

ロジェストヴェンスキー&読響のCDが、来月3タイトル同時発売!

ALTUS411.jpg1991年から読響の名誉指揮者を務め、2018年6月に惜しくも世を去ったロシアの巨匠ゲンナジー・ロジェストヴェンスキーと読響の2016年と2017年のライヴCD(3タイトル)が、ALTUSレーベルから11月2日に発売されます。

最後の日本公演で伝説的な名演奏となった2017年5月の「ブルックナー:交響曲第5番(シャルク版)」をはじめ、2016年9月の「ショスタコーヴィチ:交響曲第10番」、「チャイコフスキー:三大バレエ名曲選」(2枚組)の3タイトルです。読響主催公演の会場でも11月から販売予定です。

■ブルックナー:交響曲第5番(シャルク版)
[演奏]指揮:ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー 管弦楽:読売日本交響楽団
[曲目]ブルックナー:交響曲第5番(シャルク版)
[収録]2017年5月19日 東京芸術劇場(ライヴ録音)
[レーベル]ALTUS  [発売元]キング・インターナショナル
[品番]ALT-411    [価格]オープン価格   [付属品]日本語帯・解説付(金子健志氏)

■ショスタコーヴィチ:交響曲第10番
[演奏]指揮:ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー 管弦楽:読売日本交響楽団
[曲目]ショスタコーヴィチ:交響曲第10番
[収録]2016年9月26日 サントリーホール(ライヴ録音)
[レーベル]ALTUS  [発売元]キング・インターナショナル
[品番]ALT-412    [価格]オープン価格   [付属品]日本語帯・解説付(坂入健司郎氏)

■チャイコフスキー:三大バレエ名曲選
[演奏]指揮:ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー 管弦楽:読売日本交響楽団
[曲目]【CD1】チャイコフスキー:『白鳥の湖』から序奏、ワルツ、4羽の白鳥の踊り、ハンガリーの踊り、スペインの踊り、フィナーレ、『眠りの森の美女』からワルツ、パノラマ、アダージョ
【CD2】チャイコフスキー:『くるみ割り人形』から第2幕
[収録]2016年9月25日 東京芸術劇場(ライヴ録音)
[レーベル]ALTUS  [発売元]キング・インターナショナル
[品番]ALT-413/414   [価格]オープン価格   [付属品]日本語帯・解説付(許光俊氏)

当日券あり。明日9日、巨匠テミルカーノフが「バビ・ヤール」で渾身の指揮!

明日10月9日(水)19時からサントリー20191007_112251.jpgホールで開催する《第592回定期演奏会》では、ロシアの巨匠として名高いユーリ・テミルカーノフ(名誉指揮者)が、ショスタコーヴィチの大曲として知られる交響曲第13番「バビ・ヤール」などを指揮します。

「バビ・ヤール」は、1941年にバビ・ヤール渓谷で起きたユダヤ人の大量虐殺事件を題材としたエフトゥシェンコの詩に、ショスタコーヴィチが感銘を受けて作曲しました。反ユダヤ主義者への怒りを音に込めた、痛烈な社会批判ともとれる問題作の初演は、警官隊が包囲する物々しい雰囲気で行われたと言われています。祖国ロシアを愛するマエストロが80歳を迎えた今、この作品を通じてどのようなメッセージを残すのか、期待が高まります。音楽の底知れぬ可能性を感じられる一夜になるでしょう。バス歌手を務めるのは、テミルカーノフからの信頼も厚いミグノフ。新国立劇場合唱団(男声合唱)が共演します。

チケットは、読響チケットセンター 0570-00-4390(10時~18時) と読響チケットWEB にて、好評発売中です。

当日券(余裕あり/席種未定)は、18時から販売します。学生券(2,000円/25歳以下/要学生証)の整理券も18時から配布します。皆様のご来場をお待ちしております。

本日の日本経済新聞(夕刊)にヴァイグレのインタビューが掲載!

ヴァイグレ1007.jpg本日10月7日(月)の日本経済新聞(夕刊)の「夕刊文化/語る」の欄に、常任指揮者ヴァイグレのインタビューが掲載されました。どうぞ、ご覧ください。

電子版(要登録)でも、お読みいただけます。
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO50594100U9A001C1BE0P00/

ヴァイグレ、ポゴレリッチらが登場!1~3月公演、10月5日(土)発売

1570093836.jpg 《定期演奏会》《名曲》《土曜マチネー》《日曜マチネー》《みなとみらいホリデー名曲》の各シリーズの、2020年1~3月に開催する全12公演の1回券を、10月5日(土)午前10時から発売します。

1月は約3年ぶりに下野竜也が共演し、注目の日本初演となるグバイドゥーリナ〈ペスト流行時の酒宴〉などの意欲的なプログラムを指揮。ドイツの若手注目株グランディが振るラヴェル〈ボレロ〉にも期待が高まります。2月は二人の首席客演指揮者が登場。シュトゥットガルト歌劇場音楽総監督を務めるマイスターはブルックナーの交響曲第2番で作品の神髄に迫り、“日本のエース”山田和樹はマーラー「巨人」などで熱いタクトを披露します。常任指揮者ヴァイグレは3月に得意のドイツ音楽からR.シュトラウス〈英雄の生涯〉やブラームスの交響曲第1番などの傑作を取り上げます。

ピアノのポゴレリッチ、ゲニューシャス、ヴァイオリンのテツラフ、ラドゥロヴィチ、前橋汀子、サクソフォンの上野耕平ら実力派ソリストが共演します。

チケットのお申し込みは、読響チケットセンター 0570-00-4390(10時~18時・年中無休)へ。
「読響チケットWEB」 http://yomikyo.pia.jp/ でもお買い求めいただけます。

第594回定期演奏会

2020年1月15日〈水〉 サントリーホール

指揮=下野竜也
サクソフォン=上野耕平

ショスタコーヴィチ:エレジー
ジョン・アダムズ:サクソフォン協奏曲
フェルドマン:On Time and the Instrumental Factor
グバイドゥーリナ:ペスト流行時の酒宴

第629回名曲シリーズ

2020年2月13日〈木〉 サントリーホール

指揮=山田和樹
ピアノ=イーヴォ・ポゴレリッチ

グリーグ:二つの悲しき旋律 作品34
シューマン:ピアノ協奏曲 イ短調 作品54
ドヴォルザーク:交響曲第7番 ニ短調 作品70

第595回定期演奏会

2020年2月28日〈金〉 サントリーホール

指揮=コルネリウス・マイスター
ヴァイオリン=クリスティアン・テツラフ

ヘフティ:変化(日本初演)
ベルク:ヴァイオリン協奏曲「ある天使の思い出に」
ブルックナー:交響曲第2番 ハ短調 WAB.102

第630回名曲シリーズ

2020年3月 5日〈木〉 サントリーホール

指揮=セバスティアン・ヴァイグレ
ヴァイオリン=アラベラ・美歩・シュタインバッハー

ヴェルディ:歌劇「運命の力」序曲
シューマン:ヴァイオリン協奏曲 ニ短調
ブラームス:交響曲第1番 ハ短調 作品68

第225回土曜マチネーシリーズ

2020年3月14日〈土〉 東京芸術劇場

指揮=セバスティアン・ヴァイグレ
ピアノ=ルーカス・ゲニューシャス

ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番 変ホ長調 作品73「皇帝」
R.シュトラウス:交響詩「英雄の生涯」作品40

2020/2021シーズンプログラム発表!

表紙イメージ.jpg2020年度(2020年4月~2021年3月)シーズンの日程、プログラム、出演者を発表します。速報版チラシ(PDFファイル)をダウンロードしてご覧いただけます。

2020/2021シーズンプログラムPDFをダウンロード

2020年度の年間会員券は12月7日(土)から発売します。
お申し込みは、読響チケットセンター 0570-00-4390(10時~18時) もしくは、読響チケットWEB まで。

2020年度は、常任指揮者セバスティアン・ヴァイグレの2年目のシーズン。7月の《第600回記念定期》と《名曲》で振る得意のワーグナー〈ワルキューレ〉第1幕では、3人の世界的歌手と共に極上の音楽を響かせます。12月には、年末恒例の〈第九〉でベートーヴェンの神髄へと迫り、1月はヒンデミット〈画家マティス〉、チャイコフスキー、ドヴォルザーク作品で豊かな音楽性を発揮します。 

首席客演指揮者の山田和樹は、グラズノフ、レスピーギ作品などでさらなる高みを目指し、新たに指揮者/クリエイティヴ・パートナーに就任する鈴木優人は、シューベルトとベリオ作品で鮮烈な演奏を繰り広げます。桂冠指揮者カンブルランは、得意のフランス音楽などで、色彩豊かな響きを作ります。 

名誉客演指揮者の尾高忠明をはじめ、4月に80歳を迎える特別客演指揮者の小林研一郎、フランスの鬼才ロト、ブルックナー・ファン待望のスイスの名匠ヴェンツァーゴ、オペラで頭角を現す気鋭ペレス、欧州で注目を浴びる女性指揮者ビールマイアーら、話題性十分の面々が指揮台に上がります。

 ピアノのレーゼル、藤田真央、反田恭平、ヴァイオリンのツェートマイアー、フィリッペンス、三浦文彰、ハープのメストレらバラエティに富んだアーティストが揃いました。

テミルカーノフが来日。「バビ・ヤール」など3プログラムを披露へ!

テミルカ来日.jpg

80歳を迎えたロシアの巨匠ユーリ・テミルカーノフ(名誉指揮者)が、無事に来日しました。今年はサンクトペテルブルク・フィルとの欧州ツアーを一部キャンセルするなど一時体調を崩されていましたが、「今は大丈夫。この通り、元気だよ」と笑顔を見せました。

今回の来日では、読響と3プログラム、5公演を指揮。ショスタコーヴィチの大曲「バビ・ヤール」、チャイコフスキーの交響曲第5番、ブラームスの交響曲第2番などを披露します。どのプログラムも、マエストロが「今振りたいと思っている作品」だけを取り上げました。

5公演のチケットはいずれも好評発売中です。9日《定期演奏会》、14日《みなとみらい名曲シリーズ》、15日《名曲シリーズ》のチケットは残りが少なくなっていますので、お買い逃しなく。皆様のご来場、お待ちしております。

第592回定期演奏会

2019年10月 9日〈水〉 サントリーホール

指揮=ユーリ・テミルカーノフ
バス=ピョートル・ミグノフ
男声合唱=新国立劇場合唱団(合唱指揮=冨平恭平)

ハイドン:交響曲第94番 ト長調「驚愕」
ショスタコーヴィチ:交響曲第13番 変ロ短調「バビ・ヤール」

第115回みなとみらいホリデー名曲シリーズ

2019年10月14日〈月・祝〉 横浜みなとみらいホール

指揮=ユーリ・テミルカーノフ
ヴァイオリン=エマニュエル・チェクナヴォリアン

シベリウス:ヴァイオリン協奏曲 ニ短調 作品47
チャイコフスキー:交響曲第5番 ホ短調 作品64

第626回名曲シリーズ

2019年10月15日〈火〉 サントリーホール

指揮=ユーリ・テミルカーノフ
ヴァイオリン=エマニュエル・チェクナヴォリアン

シベリウス:ヴァイオリン協奏曲 ニ短調 作品47
チャイコフスキー:交響曲第5番 ホ短調 作品64

第221回土曜マチネーシリーズ

2019年10月19日〈土〉 東京芸術劇場

指揮=ユーリ・テミルカーノフ
ヴァイオリン=セルゲイ・ハチャトゥリアン

ブラームス:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品77
ブラームス:交響曲第2番 ニ長調 作品73

第221回日曜マチネーシリーズ

2019年10月20日〈日〉 東京芸術劇場

指揮=ユーリ・テミルカーノフ
ヴァイオリン=セルゲイ・ハチャトゥリアン

ブラームス:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品77
ブラームス:交響曲第2番 ニ長調 作品73