News

7月5日に、再開後の最初の演奏会を東京芸術劇場で開催し20200713.jpgた読響。明日14日(火)は、サントリーホールで「#孤独を乗り越え、進め!《特別演奏会》」を開催します(写真は『静かな都市』のリハーサル風景、見学に訪れたピアニストの藤田真央〔左〕、読響首席客演指揮者の山田和樹〔右〕と)。

チケットは読響チケットセンター 0570-00-4390(10時~18時)及び 読響チケットWEB で販売中。当日券(5,000円)は、18時から販売します。学生券(2,000円/25歳以下/要学生証)の整理券も18時から配布します。ご来場のお客様は、読響の「感染予防対策」へのご協力をお願いします。

指揮台に上がるのは、アメリカのジョージア州のサヴァンナ・フィルの芸術監督を務めている新鋭・原田慶太楼。マゼールらに師事して、国際的に頭角を現す注目株です。今回が彼にとって、2月以来、観客の前で演奏する最初の演奏会になります。

感染防止対策を施した上での、小編成のオーケストラについては、「細かくデリケートなことができて、機能的にすばしっこく動ける。コミュニケーションも取りやすく一体感も生まれる。ハイドンの繰り返し部分などでは、調味料を足すような即興的なこともやりやすい」とポジティヴに受け取っている様子。

今回の3曲について、「コロナ禍でのステイホームの後に、ぴったりのプログラム。『静かな都市』でステイホームでの孤独感や寂しかったことを思い出し、『市民のためのファンファーレ』と『軍隊』は、再び日常が戻ってくる喜びを乗せて演奏できれば」と意気込みます。

特にコープランドの2曲には、「生涯の半分をアメリカで過ごしてきたので、僕がアメリカン・サウンドを日本に伝えないと」と使命感をにじませます。「『ファンファーレ』は、ff(フォルティッシモ/非常に強く)やfff(フォルティッシッシモ/さらに強く)など力強さの印象が強いが、音楽的な解釈が必要で、美しさを秘めた音楽。『静かな都市』は、ニューヨークとジャズを知る僕には、ぴったりな曲。ニューヨークの街の夜の静けさやそこに生きる人の心境がジャズ的な音楽で表されている。トランペットが主人公。弦楽器は自然。その間でコールアングレがエコーになったり、主人公を少し攻撃してみたり、トランペットに影響を与えるところが面白い」と聴きどころを語りました。

「今回の演奏会は、とても楽しみだけど、一方でアメリカなどで演奏できない人のことも思っている。欧米でまだ演奏できない地域もあるので、僕らのコンサートが彼らも前向きになる一歩になれば」と意欲をのぞかせました。

※7月2日(木)読売新聞(夕刊)の記事は、こちら
※原田慶太楼のVlog(動画)https://youtu.be/ftUgiiqTCSc もご覧ください。 

0705news.jpg

7月5日(日)に東京芸術劇場にて、約4か月ぶりとなる演奏会「#この自然界に生きる《特別演奏会/日曜マチネーシリーズ》」を開催しました。入口でのサーモグラフィーによる検温を行い、会場の収容人数の1/2以下で前後左右を空けた市松模様の客席とするなど感染予防策を施し、約700名のお客様にご来場いただきました。

4月に指揮者/クリエイティヴ・パートナーに就任した鈴木優人の指揮で、マーラー「アダージェット」、メンデルスゾーン「管楽器のための序曲」、モーツァルトの交響曲第41番「ジュピター」の3曲を披露し、大きな拍手に包まれました。アンコールとして、ラモーの歌劇「優雅なインドの国々」組曲(鈴木優人編)から「未開人の和睦のパイプの踊り」を演奏すると拍手は鳴りやまず、鈴木は再度カーテンコールに応えました。

この演奏会の模様は、読売新聞及び日本テレビなどで報道されました。以下の記事やニュース動画もあわせてご覧ください。

【読売新聞】https://www.yomiuri.co.jp/culture/20200705-OYT1T50101/
【日本テレビ】https://www.news24.jp/articles/2020/07/05/07672651.html

2007051.jpg

2月22日の演奏を最後に、長らく演奏活動を休止していましたが、明日7月5日(日)の《特別演奏会/日曜マチネーシリーズ》で演奏を再開します。

チケットは読響チケットセンター 0570-00-4390(10時~18時)及び 読響チケットWEB で販売中。当日券(5,000円)は、13時から販売します。学生券(2,000円/25歳以下/要学生証)の整理券も13時から配布します。ご来場のお客様は、読響の「感染予防対策」へのご協力をお願いします。

指揮台に上がるのは、今年4月に読響の指揮者/クリエイティヴ・パートナーに就任した鈴木優人。リハーサルに臨むにあたり、「演奏会が開催できずにいたが、ずっと読響を指揮するのを楽しみにしていた。この間に失われたものは大きいかもしれない。しかし一方で、この状況下でどのように音楽を共有すべきかを必死で模索していた。オンラインでのコンサートもそのひとつ。こういった試みから得られたものは大きく、今後の音楽作りにも活かされるだろう」と決意を語りました。

二日目のリハーサルを終えると、「今は、久しぶりに音楽だけに集中できていることが嬉しい。これまでと奏者間の距離を広げるなど違う部分もあるが、読響のメンバーの音楽家としての厚みを感じている」と晴れやかな表情に。

今回のプログラムの聴きどころを尋ねると「3つの作品ともドの音から始まる素晴らしいプログラム。マーラーの“アダージェット”は、音楽界を取り巻く今の奇異な状況も全て受け入れる音楽。メンデルスゾーンが若い頃に書いた管楽器と打楽器による“序曲”も、演奏会を再開するのに相応しいと感じるもの。モーツァルトの『ジュピター』は、交響曲の中でも最高傑作のひとつ。自然界のあらゆる秩序が表されたかのような音楽。第4楽章の“ド・レ・ファ・ミ”のジュピター音型は、お客様に印象的に響くことでしょう。久しぶりに、生の演奏を味わっていただければ嬉しい」と力を込めました。

714721.jpgのサムネイル画像

明日7月4日(土)10時から、今月にサントリーホール(赤坂)で開催する2つの《特別演奏会》のチケットを一般販売します。政府及び都などのガイドラインに則り、客席数は各会場の半数以下の1000人以下とします。お客様にも感染症対策へのご協力を何卒よろしくお願いいいたします。


7月14日(火)「#孤独を乗り越え、進め!《特別演奏会》」は、米サヴァンナ・フィルの芸術監督を務める新鋭・原田慶太楼が登場し、コープランドの2作品とハイドンの交響曲第100番「軍隊」を指揮します。アメリカで頭角を現すケイタロウは、シャープな響きと抜群のリズム感を引き出し、刺激的な音楽を展開するでしょう。ご期待ください。チケットは全席指定5,000円(税込)。なお、読響オリジナルマスク付きのブラボーチケット(6,000円/限定)は、若干枚数販売します。

7月21日(火)「#静かに、熱狂を待つ《特別演奏会》」では、今年80歳を迎えた名匠・小林研一郎が指揮台に上がります。ベートーヴェンの交響曲第7番などで、熟達のタクトを披露し、一音一音に魂を込めます。前半のモーツァルトのヴァイオリン協奏曲では、国際的に活躍する俊英・三浦文彰がソリストとして登場し、完璧なテクニックと豊かな音楽性で聴衆を魅了します。チケットは全席指定6,500円(税込)。なお、読響オリジナルマスク付きのブラボーチケット(7,500円/限定)は、若干枚数販売します。

チケットのお申し込みは、読響チケットセンター 0570-00-4390(10時~18時)まで。読響チケットWEBからもご購入いただけます。

※ご来場に際しては、「感染予防対策へのご協力のお願い」をご覧ください。

鈴木優人(C)読響.jpg6月30日(火)10時から、読響の再開後の初めての演奏会となる7月5日(日)「#この自然界に生きる《特別演奏会/日曜マチネーシリーズ》」のチケットを一般販売します。政府及び都などのガイドラインに則り、客席数は各会場の半数以下の1000人以下とします。お客様にも感染症対策へのご協力を何卒よろしくお願いいいたします。

4月に読響の指揮者/クリエイティヴ・パートナーに就任した鈴木優人が、同ポストに就任後に初登場し、モーツァルトの傑作交響曲「ジュピター」をはじめ、映画「ベニスに死す」で使用されるなど有名なマーラー「アダージェット」、若きメンデルスゾーンが木管、金管、打楽器のために書いた「管楽器のための序曲」の計3作品を指揮します。どうぞ、ご期待ください。

チケットは全席指定5,000円(税込)。なお、読響オリジナルマスク付きのブラボーチケット(6,000円/限定)は、若干枚数販売します。

チケットのお申し込みは、読響チケットセンター 0570-00-4390(10時~18時)まで。読響チケットWEBからもご購入いただけます。

※ご来場に際しては、「感染予防対策へのご協力のお願い」をご覧ください。

7月特別演奏会.jpg

当初予定されていた7月の主催シリーズ公演は、中止になりました。その後、検討を重ねた結果、政府及び都などのガイドラインに則り、出演者や内容を変更し、3つの特別演奏会を開催することになりました。客席数は、各会場の半数以下の1000人以下とします。お客様にも感染症対策へのご協力を何卒よろしくお願いいいたします。また、今後の状況の変化により、公演を急遽中止させていただく場合もございますので、何卒ご了承ください。

■7月5日(日)14時開演 東京芸術劇場
#この自然界に生きる《特別演奏会/日曜マチネーシリーズ》(休憩なし/約1時間)

指揮:鈴木優人(指揮者/クリエイティヴ・パートナー)
マーラー/交響曲第5番から第4楽章“アダージェット”
メンデルスゾーン/管楽器のための序曲
モーツァルト/交響曲第41番「ジュピター」

全席指定 5,000円 ブラボーチケット6,000円 
読響会員優先発売:6月28日(日) 一般発売:6月30日(火)

■7月14日(火)19時開演 サントリーホール
#孤独を乗り越え、進め!《特別演奏会》(休憩なし/約1時間)

指揮:原田慶太楼
コープランド/市民のためのファンファーレ
コープランド/静かな都市(イングリッシュ・ホルン:北村貴子、トランペット:辻本憲一)
ハイドン/交響曲第100番「軍隊」

全席指定 5,000円 ブラボーチケット6,000円
読響会員優先発売:7月1日(水) 一般発売:7月4日(土)

■7月21日(火)19時開演 サントリーホール
#静かに、熱狂を待つ《特別演奏会》(途中休憩あり/約1時間30分)

指揮:小林研一郎(特別客演指揮者) ヴァイオリン:三浦文彰
モーツァルト/ヴァイオリン協奏曲第5番「トルコ風」
ベートーヴェン/交響曲第7番

全席指定 6,500円 ブラボーチケット7,500円
読響会員優先発売:7月1日(水) 一般発売:7月4日(土)

★ブラボーチケットは、読響へのサポートチケットで、読響オリジナルマスクが付いています。各回限定30席です。サポートの一部を「読売光と愛の事業団」が設立した「コロナ医療支援基金」へ寄付します。マスクは、会場でお渡しも可能ですが、公演4日前までにinfo@yomikyo.or.jpまでご連絡いただければ、事前に送付いたします。なお、マスクを着けていても、しばらくの間「ブラボー」は心の中だけでお願いします。

※ご来場に際しては、「感染予防対策へのご協力のお願い」をご覧ください。

チケットのお申し込み・お問い合わせは、読響チケットセンター 0570-00-4390(10時~18時)まで。読響チケットWEBからもお申し込みいただけます。

《定期演奏会》《名曲》《土曜マチネー》《日曜マチネー》《みなとみらいホリデー名曲》の年間会員券及び上期会員券の今年度(4月~7月分)の中止公演の払い戻し方法を変更させていただきます。

これまで読響会員様には、郵便貯金事務センターから「郵便振替払出証書」にて、10月28日に返金する予定とご案内しておりましたが、検討・調整を重ねた結果、発送時期と返金方法を変更し、7月下旬に、現金書留にて返金させていただきます。

返金方法などの変更が生じてしまい、誠に申し訳ございませんが、何卒ご理解いただけますようお願いいたします。

なお、チケット代の払い戻しのご辞退(チケット代のご寄付)を希望されるお客様は、読響事務局 03-5283-5215(毎週火曜日・木曜日/10時~16時)にお電話いただくか、info@yomikyo.or.jp までご連絡ください。

新型コロナウイルスの影響で公演中止が続く中、皆様からご支援のお申し出をいただいております。従来より便利でお手軽に、いつでもインターネットで寄付を受けられるよう、チケットシステムを利用した「読響応援チケット」の販売を開始しました。
http://yomikyo.pia.jp/info/info-200612.jsp

「読響応援チケット」は、演奏会のチケットではなく、読響の活動を応援するためのもので、インターネットを通じたご寄付となります。クレジットカード決済でご購入が可能です。金額は1,000円、10,000円、50,000円のほか、“読響愛”にちなみ4,391円もご用意しております。1回につき12枚まで購入可能で(25,000円分をご購入の場合は、1,000円を5枚、10,000円を2枚ご購入ください)。読響チケットWEBに会員登録していない方も、会員登録いただかずにご購入いただけます。

ご購入いただいた方には、ご登録のご住所に御礼のお手紙をお送りいたします。なお、寄付金税額控除のための領収書をご希望の方は「読響応援チケット(領収書付)」をご購入ください。

また、応援チケットの販売のほか、読響には個人賛助会員(1口:1万円、30万円)の制度もございます。詳しくは、こちらのページをご覧ください。お振込みでご寄付いただける方は、大変お手数ですが読響事務局(03-5283-5215/火曜日・木曜日10時~16時)までお電話いただくか、info@yomikyo.or.jpまでご連絡ください。

皆様の温かいご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

読響チケットセンター(TEL: 0570-00-4390) は、現在通常の10時~18時で営業しています。

現在、読響主催公演のチケットの販売は、一時停止しております。読響チケットWEBでの受付も一時、休止しております。

読響への寄付については、毎週火曜日と木曜日の10時から16時までに、読響事務局 03-5283-5215 にご連絡ください。

読響主催公演中止の払い戻しについてのお問い合わせは、読響チケットセンターで受け付けます。

読響会員のチケットの振り替え制度については、「振り替え制度の特別ルール」を設定しておりましたが、状況を鑑み、「振り替え制度」の受付を一時、停止しております(※5月22日~)。

なお、読響事務局 03-5283-5215 は、平日10時~18時に営業しています。

以上のことも状況によって変わる場合がございます。何卒ご理解くださいますよう、お願いいたします。

7月4日(土)《第229回土曜マチネーシリーズ》、5日(日)《第229回日曜マチネーシリーズ》、14日(火)《第600回定期演奏会》、16日(木)《第634回名曲シリーズ》は、ご来場のお客様の健康・安全を考慮し、中止することにしました。

ご来場を予定されていた皆様には誠に申し訳ございませんが、ご理解くださいますようお願い申し上げます。チケットを購入された方には、はがき、メールなどで順次連絡させていただきます。

現在、政府及び東京都、各会場などのガイドラインを踏まえ、出演者や内容を変更し、オーケストラ編成、座席数などの規模を縮小した特別演奏会を、7月中に開催できないかと検討しています。開催できることになりましたら、また追ってご案内させていただきます。

なお、チケット代の払い戻しのご辞退(チケット代のご寄付)を希望されるお客様は、読響事務局 03-5283-5215(毎週火曜日・木曜日/10時~16時)にお電話いただくか、info@yomikyo.or.jp までご連絡ください。

チケットの払い戻し方法については、以下に記します。

【読響会員の会員券のチケット代金の払い戻し方法】
読響会員の会員券については、読響会員様のご登録の住所に、郵便貯金事務センターから「郵便振替払出証書」を郵送します。現時点では手続きなどの必要はございません。「払出証書」が届くまでお待ちいただき、届きましたら指定の期間内に郵便局にてチケット代金の換金をお願いします。「払出証書」の郵送時期は、大変込み合っており、今年度の4月~7月分を、まとめて10月28日に発送予定です。もし、発送時期や返金方法などに変更がある場合は、追って連絡させていただきます。 当初予定していた払い戻し方法を変更し、今年度の4月~7月分をまとめて、7月下旬に、現金書留にて返金させていただきます(6月22日更新)。

お手元のチケットは、換金が終わるまで保管いただきますよう、お願いいたします。換金が終了しましたら、破棄願います。

※読響会員の方には、これまで「振り替え制度の特別ルール」を設定しておりましたが、状況を鑑み、「振り替え制度」の受付を当分の間、停止させていただきます。そのため、7月の公演分を、他の公演に振り替えることはできません。ご了承ください。
※読響会員の会員券以外の1回券の払い戻し方法は、上記とは異なります。1回券の払い戻し方法をご覧ください。
※上記公演へ振り替えた場合は、払い戻しの対象です。

【1回券のチケット代金の払い戻し方法】
※チケットの発券場所によって、払い戻し方法が異なります。

1.コンビニもしくは、チケットぴあ店舗で発券したチケット

6月20日10時から8月31日までに、チケットを発券したコンビニ(セブンイレブン、ファミリーマート)及びチケットぴあ店舗(チケット券面参照)にお持ちください。その場で払い戻しいたします。
詳しくは、以下の「チケットぴあ」のページをご覧ください。
http://t.pia.jp/guide/refund02.jsp

2.WEB購入者でチケット未発券のチケット

以下の払い戻しのページをご覧ください。
「チケットぴあ」 http://t.pia.jp/guide/refund03.jsp
「読響チケットWEB」http://yomikyo.pia.jp/guide/refund.jsp

3.各ホールのチケットセンターで購入したチケット

各窓口で直接購入した方は、各ホールのチケットセンターにお問い合わせください。

4.その他(読響チケットセンターから決済済み配送で受け取ったチケットなど)

チケットを「ぴあメールセンター」(下記)へ8月31日までにご郵送ください。郵便貯金事務センターから「郵便振替払出証書」を郵送させていただきますので、指定の期間内に郵便局にてチケット代金の換金をお願いします。 なお、「払出証書」の郵送時期は、大変込み合っているため、誠に申し訳ございませんが、目途が立たない状況です。「払出証書」は11月上旬までの郵送を目指しておりますが、状況次第では遅れる場合もございます。目途が立ちましたら、読響ホームページなどでお知らせいたします。

    〒150-0011東京都渋谷区東1-2-20 渋谷ファーストタワー
    ぴあ株式会社 チケットぴあメールセンター「読響●月●日公演」宛
    (●にチケットの公演日を入れてください。)

    チケット返送時に ①ご返金先のご住所 ②お名前 ③連絡可能な電話番号
    ④枚数 ⑤合計金額 を記したメモをご同封ください。