News

東京特別第九2公演.png

12月20日(月)19時から東京芸術劇場にて《「第九」特別演奏会》を、22日(水)19時からサントリーホールにて《SHINRYO Presents 「第九」特別演奏会》を開催します。両公演のチケットを、明後日10月24日(日)から一般発売します(読響会員優先発売中)。

バイエルン国立歌劇場など欧州のオペラハウスで活躍するイタリアの鬼才フランチェスコ・アンジェリコが初登場し、指揮台に上がります。声楽ソリストとして、中村恵理(ソプラノ)、藤木大地(アルト)、小堀勇介(テノール)、妻屋秀和(バス)の実力派4人が共演。また、日本を代表するプロ合唱団の新国立劇場合唱団が、“歓喜の歌”を高らかに響かせます。

両公演では、第1部としてオルガンのソロ(約15分)の演奏があります。オルガニストは、アンドレ・マルシャル国際コンクールに優勝するなど国際的に活躍する中田恵子です。

なお、20日公演は、文化庁「子供文化芸術活動支援事業」の助成を受け、18歳以下(小学生以上)の方を対象に無料の「子供席」を限定枚数(約120枚)ご用意いたします。詳しくは、こちら

《「第九」特別演奏会》
12月20日(月)19時開演 会場:東京芸術劇場

《SHINRYO Presents「第九」特別演奏会》
12月22日(水)19時開演 会場:サントリーホール

指揮=フランチェスコ・アンジェリコ
ソプラノ=中村恵理 アルト=藤木大地
テノール=小堀勇介 バス=妻屋秀和
合唱=新国立劇場合唱団

【第1部】〈オルガン独奏〉オルガン=中田恵子
J.S.バッハ:小フーガ ト短調 BWV578
J.S.バッハ:トッカータとフーガ ニ短調 BWV565

【第2部】〈第九〉
ベートーヴェン:交響曲第9番 ニ短調 作品125「合唱付き」

チケット料金:S9,700円、A7,600円、B6,100円、C4,600円

主催:読売新聞社、日本テレビ放送網、読売テレビ、読売日本交響楽団
特別協賛:新菱冷熱工業株式会社(22日)
助成:文化庁「子供文化芸術活動支援事業」(20日)
事業提携:公益財団法人東京都歴史文化財団 東京芸術劇場(20日)

12月20日(月)東京芸術劇場での《「第九」特別演奏会》は、このたび文化庁「子供文化芸術活動支援事業」の助成を受け、18歳以下(小学生以上)の方を対象に無料の「子供席」を限定枚数(約120枚)ご用意いたします。

お申し込みは、10月24日(日)10時から読響チケットセンター0570-00-4390(10時-18時/年中無休)で受付いたします。

※公演当日18歳以下の方が対象となります。当日は年齢が証明できるものを必ずご持参ください。
※子供席は、予め限定された場所(A席、B席)からお選びいただきます。
※ご家族など付き添いを希望する方(通常価格)は子供席と連番のお席をご用意します。
※お電話のみの受付となります。
※予定枚数終了次第、受付を終了させていただきます。ご了承ください。
※未就学児童のご入場は、固くお断りいたします。
※託児サービスについては、こちらをご覧ください。

DSC_2562 - コピー.jpg

明日10月22日(金)14時 ミューザ川崎での《第3回川崎マチネーシリーズ》と23日(日)14時 かつしかシンフォニーヒルズでの《小林研一郎 入魂のチャイコフスキー》公演では、特別客演指揮者の小林研一郎が、チャイコフスキーの交響曲第5番などを指揮します。

“炎のマエストロ”と呼ばれ、81歳の今もエネルギーあふれる指揮で絶大な人気を誇る小林が、得意とするチャイコフスキー・プログラムを披露します。前半には、新星・服部百音が、ヴァイオリン協奏曲で共演。音楽一家に生まれ、近年メキメキと頭角を現す服部は、チャイコフスキーの美しいメロディを艶やかな音色で奏でます。後半は、小林が交響曲第5番を指揮。最終楽章では、金管楽器が咆哮し、圧倒的なクライマックスを築くでしょう。

両公演とも、13時から当日券を販売します。22日公演では、13時から学生券(2,000円/要学生証)の整理券も配布します。皆様のご来場をお待ちしております。

第3回川崎マチネーシリーズ

2021年10月22日〈金〉 ミューザ川崎シンフォニーホール

指揮=小林研一郎
ヴァイオリン=服部百音

チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品35
チャイコフスキー:交響曲第5番 ホ短調 作品64

《小林研一郎 入魂のチャイコフスキー》小林研一郎×服部百音×読響

2021年10月23日〈土〉

会場=かつしかシンフォニーヒルズ
指揮=小林研一郎
ヴァイオリン=服部百音

チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品35
チャイコフスキー:交響曲第5番 ホ短調 作品64 

【公演詳細ページ】
https://www.k-mil.gr.jp/program/symphony/2021/1023.html

【お問い合わせ】
かつしかシンフォニーヒルズ 03-5670-2233(10時~19時 休館日を除く)

明日10月20日(水)深夜2時35分(21日の午_DSC1469(C)読売日本交響楽団.jpg前2時35分)からの日本テレビの「読響プレミア」では、今年6月15日のサントリーホールでの《第643回名曲シリーズ》から、常任指揮者セバスティアン・ヴァイグレの指揮によるヴェルディの歌劇「運命の力」序曲とメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲(ヴァイオリン:アラベラ・美歩・シュタインバッハー)を放送します。

日本テレビ「読響プレミア」ホームページ:http://www.ntv.co.jp/yomikyo/

ヴァイグレが、ヴェルディとメンデルスゾーンの名曲を振り、読響から洗練されたサウンドを引き出します。国際的に活躍するヴァイオリンの名手シュタインバッハーは、完璧なテクニックを駆使して、美しいメロディを軽やかに奏でます。どうぞ、お楽しみに。

同放送は、BS日テレでも10月30日(土)午前7時から放送される予定です。

11月26日(金)の《第647回名曲シリーズ》に出演を20211126.jpg予定していたフルートのエマニュエル・パユは、政府の入国制限などにより、残念ながら出演できなくなりました。そのため代わりにドイツの巨匠ピアニスト、ゲルハルト・オピッツが出演し、下記の通り一部曲目を変更します。誠に申し訳ございませんが、何卒ご理解くださいますよう、お願いいたします。

11月26日公演のチケット(1回券)は、10月22日(金)から一般発売/10月20日(水)から読響会員優先発売します。お申し込みは、読響チケットセンター 0570-00-4390(10時~18時)、もしくは 読響チケットWEB へ。

11月26日(金)19時開演 サントリーホール《第647回名曲シリーズ》
指揮=マリオ・ヴェンツァーゴ
ピアノ=ゲルハルト・オピッツ
モーツァルト:ピアノ協奏曲第20番 ニ短調 K.466
ブルックナー:交響曲第3番 ニ短調 WAB. 103 「ワーグナー」(第3稿/ノヴァーク版)
【チケット発売日】一般:10月22日(金)/読響会員優先:10月20日(水)

ブルックナー演奏で世界的な評価を得ているスイスの巨匠マリオ・ヴェンツァーゴが登場。1988年以来、33年ぶりの来日予定です。得意のブルックナーから交響曲第3番「ワーグナー」を振り、日本のブルックナー演奏史に新たな1ページを刻みます。透明感あふれる柔らかな響きが、会場を満たすことでしょう。前半には、ドイツを代表する巨匠ピアニストのゲルハルト・オピッツが登場。モーツァルトのピアノ協奏曲の中でも最も有名な一つで、とりわけ人気の高いピアノ協奏曲第20番を弾きます。ドイツ・ピアニズムを脈々と受け継ぐ巨匠の味わい深い至芸をご堪能ください。

※既にチケットをお持ちの読響会員の一部のお客様に、政府の規制などからお席の移動をお願いする可能性がございます。
※今後の状況の変化により、出演者や曲目が変更になることや、公演を急遽中止させていただく場合もございますので、何卒ご了承ください。
※ご購入いただいたチケットは、公演が中止になった場合以外でのキャンセル・払い戻しはできませんので、予めご了承ください。
※ご来場に際しては、「感染予防対策へのご協力のお願い」をご覧ください。

DSC_3112 - コピー (2).jpg

明日10月15日(金)19時からサントリーホールでの《第646回名曲シリーズ》と18日(月)19時からフェスティバルホール(大阪)での《第30回大阪定期演奏会》では、特別客演指揮者の小林研一郎が、スメタナの連作交響詩「我が祖国」を披露します。

81歳の“炎のマエストロ”小林にとって、スメタナの大作「我が祖国」は、十八番とする特別な作品。2002年の「プラハの春」音楽祭のオープニングでチェコ・フィルを指揮した際も、本場の聴衆から絶賛されました。読響とは約8年振りに、満を持してこの作品を取り上げます。小林は、有名な「モルダウ」などの名旋律の一音一音に熱い想いを込め、聴衆を深い感動へと誘うでしょう。小林の生きざまを、心に焼き付けてください。

両公演とも、18時から当日券を販売します。18時から学生券(2,000円/要学生証)の整理券も配布します。皆様のご来場をお待ちしております。

第646回名曲シリーズ

2021年10月15日〈金〉 サントリーホール

指揮=小林研一郎

スメタナ:連作交響詩「我が祖国」(全曲)

第30回大阪定期演奏会

2021年10月18日〈月〉 フェスティバルホール(大阪)

指揮=小林研一郎

スメタナ:連作交響詩「我が祖国」

9月9日(土)と10日(日)14時から池袋の東京芸術劇IMG20211007142119 - コピー.jpg場にて《第241回土曜・日曜マチネーシリーズ》を開催します。

2019年のブザンソン国際コンクールで優勝し、国際的に注目を浴びる新鋭指揮者・沖澤のどかが指揮台に上がります。現在ベルリン・フィルの首席指揮者ペトレンコのアシスタントを務めている沖澤は、しなやかなタクトでシベリウスの2つの傑作などを振り、豊かな音楽性を披露するでしょう。

前半にはドイツを代表する巨匠ペーター・レーゼルが登場。惜しまれつつ、今回の来日で日本での演奏活動に終止符を打つレーゼルは、得意とするベートーヴェン作品からピアノ協奏曲第1番を披露します。巨匠の至芸が生み出す名演奏を、どうぞご堪能ください。

両公演とも、13時から当日券を販売します。13時から学生券(2,000円/要学生証)の整理券も配布します。皆様のご来場をお待ちしております。

第241回土曜マチネーシリーズ

2021年10月 9日〈土〉 東京芸術劇場

指揮=沖澤のどか
ピアノ=ペーター・レーゼル

シベリウス:交響詩「フィンランディア」作品26
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第1番 ハ長調 作品15
シベリウス:交響曲第2番 ニ長調 作品43

第241回日曜マチネーシリーズ

2021年10月10日〈日〉 東京芸術劇場

指揮=沖澤のどか
ピアノ=ペーター・レーゼル

シベリウス:交響詩「フィンランディア」作品26
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第1番 ハ長調 作品15
シベリウス:交響曲第2番 ニ長調 作品43

2021112021.jpg

11月20日(土)と21日(日)の《第242回土曜・日曜マチネーシリーズ》に出演を予定していたピアノのミシェル・カミロは、政府の入国制限などにより来日できず、残念ながら出演できなくなりました。代わりに日本ジャズ界の巨匠・山下洋輔が出演します。また、下記の通り一部曲目を変更します。誠に申し訳ございませんが、何卒ご理解くださいますよう、お願いいたします。

11月20日、21日公演のチケット(1回券)は、10月13日(水)から一般発売/10月11日(月)から読響会員優先発売します。お申し込みは、読響チケットセンター 0570-00-4390(10時~18時)、もしくは 読響チケットWEB へ。

なお、11月26日(金)《第647回名曲シリーズ》については、現在調整中です。決まり次第、発表しますのでお待ちください。

11月20日(土)14時開演 東京芸術劇場《第242回土曜マチネーシリーズ》
11月21日(日)14時開演 東京芸術劇場《第242回日曜マチネーシリーズ》
指揮=鈴木優人、ピアノ=山下洋輔
R.アルフテル:祝典序曲
ガーシュイン:「ラプソディ・イン・ブルー」
ブルックナー:交響曲第4番「ロマンティック」
【チケット発売日】一般:10月13日(水)/読響会員優先:10月11日(月)

気鋭・鈴木優人が、ブルックナーの交響曲第4番「ロマンティック」などを振ります。バッハを活動の源泉とする鈴木優人にとって、同じくオルガニストでもあるブルックナーの音楽の持つ構築性は、非常に親和性が高いものでしょう。鈴木優人が描く新たなブルックナー像にご期待ください。前半は、アルフテルの華やかな序曲で幕開けした後、破天荒で革新的な演奏で日本ジャズ界を切り開いてきた巨匠・山下洋輔が登場。ガーシュインの名曲「ラプソディ・イン・ブルー」を弾き、エキサイティングなセッションを繰り広げます。鈴木優人ならではの珍しい組み合わせの妙も、お楽しみください。

※今後の状況の変化により、出演者や曲目が変更になることや、公演を急遽中止させていただく場合もございますので、何卒ご了承ください。
※ご購入いただいたチケットは、公演が中止になった場合以外でのキャンセル・払い戻しはできませんので、予めご了承ください。
※ご来場に際しては、「感染予防対策へのご協力のお願い」をご覧ください。

20210903234516-0001.jpg

明日10月5日(火)19時から、東京オペラシティで開催する文化庁芸術祭主催公演「アジア オーケストラ ウィーク2021 静寂から感動へ― 未来へつながくハーモニー」に出演します。

藤岡幸夫の指揮で、イサン・ユンの「Bara」、陳鋼&何占豪のヴァイオリン協奏曲「梁山伯と祝英台」(独奏:成田達輝)、ドヴォルザークの交響曲第9番「新世界より」の3曲を披露します。

韓国からドイツに亡命したイサン・ユン作品での緊張度の高さや芸術性、中国のクラシック音楽を代表する陳鋼&何占豪「梁山伯と祝英台」での歌謡性に富んだ曲調などをお楽しみください。アジアにおける西洋音楽受容の多様性を感じていただけることでしょう。また後半は、名曲「新世界」で藤岡のタクトが華麗なサウンドを引き出します。どうぞ、お楽しみください。


チケットは、S席3,000円、A席2,000円、B席1,000円と、大変お求めやすい価格になっています。当日券は、18時から販売します。

1946年に始まり、75年の歴史を誇る芸術の祭典「文化庁芸術祭」。その核となる「アジア オーケストラ ウィーク」は2002年より、東アジア・アセアン・中央アジア・オセアニアの各国を代表するオーケストラが出演し、開催されてきました。20年目となる今年は、読響をはじめ国内4団体が出演し、アジアで生まれた作品やヨーロッパ伝統の名曲を4夜連続でお届けします。同ウィークに、読響が出演するのは、今回が初めてです。

【アジア オーケストラ ウィーク2021公式HP】
https://www.orchestra.or.jp/aow2021/

211001PeterR03-768x990.jpg

10月9日と10日《土曜・日曜マチネー・シリーズ》で共演する巨匠ペーター・レーゼルのインタビューが、音楽情報誌『ぶらあぼ』のWEB版に掲載されました。ドイツから来日して2週間隔離措置中に、今回の読響との共演などについて、語っていただきました。
https://ebravo.jp/archives/101544

同公演では、注目を浴びる新星・沖澤のどかの指揮で、ベートーヴェンのピアノ協奏曲第1番を演奏します。ドイツでも“ベートーヴェン弾き”として評価の高い巨匠の味わい深い至芸を、どうぞご堪能ください。

チケットは、好評発売中です。お申し込みは、読響チケットセンター 0570-00-4390(10時~18時)及び、読響チケットWEB へ。

【写真】隔離措置中のホテルにてインタビューを受けるレーゼル(夫人が撮影)

第241回土曜マチネーシリーズ

2021年10月 9日〈土〉 東京芸術劇場

指揮=沖澤のどか
ピアノ=ペーター・レーゼル

シベリウス:交響詩「フィンランディア」作品26
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第1番 ハ長調 作品15
シベリウス:交響曲第2番 ニ長調 作品43

第241回日曜マチネーシリーズ

2021年10月10日〈日〉 東京芸術劇場

指揮=沖澤のどか
ピアノ=ペーター・レーゼル

シベリウス:交響詩「フィンランディア」作品26
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第1番 ハ長調 作品15
シベリウス:交響曲第2番 ニ長調 作品43