News

210225.jpg

2月25日(木)《第639回名曲シリーズ》に出演を予定していたケレム・ハサン(指揮)とマルク・ブシュコフ(ヴァイオリン)は、政府の入国制限などにより来日できないことから、代わりに松本宗利音(指揮)と辻彩奈(ヴァイオリン)が出演します。曲目の変更はございません。チケット(1回券)は、1月31日(日)から販売します。お申し込みは、読響チケットセンター 0570-00-4390 及び 読響チケットWEB へ。


◆読響デビュー! “新時代のシューリヒト”のブラームス
ウィーン・フィルとのブルックナーの録音などで知られる20世紀の孤高の名指揮者カール・シューリヒトの夫人から「宗利音(しゅうりひと)」と名付けられ、指揮者になるために生まれてきた27歳の新鋭が、読響デビューを果たします。東京シティ・フィルの指揮研究員を経て、現在は札響の指揮者として活躍しています。メキメキと頭角を現しており、確かな構成力と発想豊かな解釈、生命力あふれる音楽が特徴です。ブラームスの交響曲第2番で、その実力が遺憾なく発揮されるでしょう。

◆注目を浴びる新星・辻彩奈が弾くチャイコフスキー
1997年生まれの新星ヴァイオリニストの辻彩奈は、モントリオール国際コンクールに優勝し、スイス・ロマンド管と共演するなど国際的に活躍する実力派です。艶やかな音色と完璧な技巧でチャイコフスキーの名曲を弾き、聴衆を魅了します。

■《第639回名曲シリーズ》
2月25日(木)19時開演   会場:サントリーホール
【出演】指揮:松本宗利音、ヴァイオリン:辻彩奈
【曲目】ウェーバー:歌劇「オベロン」序曲、チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲、ブラームス:交響曲第2番
【チケット発売日】1月31日(日)

※読響会員の皆様には、別途ハガキでご案内させていただきます。
※読響会員の皆様は、お持ちのチケットで入場いただき、ご自身のお席でご鑑賞いただけます。
※現在、読響会員の振り替え制度は、同月内に限っているため、同公演は他の公演には振り替えられません。
※今後の状況の変化により、出演者や曲目が変更になることや、公演を急遽中止させていただく場合もございますので、何卒ご了承ください。
※ご来場に際しては、「感染予防対策へのご協力のお願い」をご覧ください。

11919.jpg

明日1月19日(火)19時からサントリーホールでの《第605回定期演奏会》では、常任指揮者セバスティアン・ヴァイグレが、R.シュトラウス、ハルトマン、ヒンデミット作品によるドイツ・プログラムを披露します。

R.シュトラウス作品からは、実演機会の少ない交響詩「マクベス」を取り上げ、シュトラウス特有の華麗なサウンドを響かせます。ハルトマン作品では、近現代作品でも定評のある成田達輝が、作曲家が作品に込めた表現に深く迫ります。後半のヒンデミットの代表作、交響曲「画家マティス」では、オペラを得意とするヴァイグレの手腕が、存分に発揮されるでしょう。ヴァイグレは、「ヒンデミットは、私の人生の一部を占めている偉大な作曲家。この曲も以前、指揮する機会を得て、初めてスコアを読んだ時から音楽に惚れ込んだ。信仰心や人間の徳が表れている」と魅力を語っています。

チケットは、非常事態宣言による政府などからの発表を受け、収容率50%以下の限定枚数を販売しております。お申し込みは、読響チケットセンター 0570-00-4390(10時~18時)及び 読響チケットWEB へ。当日券は、18時から販売予定です。

第605回定期演奏会

2021年1月19日〈火〉 サントリーホール

指揮=セバスティアン・ヴァイグレ
ヴァイオリン=成田達輝
R.シュトラウス:交響詩「マクベス」作品23
ハルトマン:葬送協奏曲
ヒンデミット:交響曲「画家マティス」

2月19日(金)《第28回読響アンサンブル・シリーズ/上岡敏之と読響メンバーの室内楽》は、出演を予定していたドイツ在住の上岡敏之氏が、新型コロナウイルス感染症の影響で、医師から飛行機移動を止められていることと14日間の待機措置のために予定を調整できないことから帰国できず、公演を中止させていただくことになりました。誠に申し訳ございません。

同シリーズの年間会員の皆様には、3月中旬に郵便局からの「払出証書」で返金しますので、お待ちください。

なお、同シリーズの3月22日(月)《第29回読響アンサンブル・シリーズ/石川滋プロデュースの室内楽》は、当初の予定通り開催します。

曲目などの詳細は、以下のページをご覧ください。
https://yomikyo.or.jp/concert/2019/12/29.php#concert

1月19日(火)《第605回定期演奏会》のチケットは、非常事態宣言による政府などからの発表を受け、収容率50%以下の限定枚数を販売しております。関係者席などの整理を行った結果、1月13日現在の収容率は46.5%のため、今後約60枚のチケットのみを販売いたします。お申し込みは、読響チケットセンター 0570-00-4390(10時~18時)及び 読響チケットWEB へ。なお、売り切れた場合は、当日券の販売はございません。何卒ご了承ください。

第605回定期演奏会

2021年1月19日〈火〉 サントリーホール

指揮=セバスティアン・ヴァイグレ
ヴァイオリン=成田達輝
R.シュトラウス:交響詩「マクベス」作品23
ハルトマン:葬送協奏曲
ヒンデミット:交響曲「画家マティス」

昨日、政府から一都三県を対象に緊急事態宣言が出されましたが、政府や東京都からの発表、及び クラシック音楽公演運営推進協議会からの発表 を受け、1月14日(木)と1月19日(火)も、予定通り開催することになりました。なお、1月19日(火)公演のチケットは、収容率50%に達し次第、販売停止します(修正:1月12日)。

読響の1月の主催公演は、以下の通り開催いたします。

■1月9日(土)《第234回土曜マチネーシリーズ》→予定通り開催 ※当日券の販売あり(13時~)

■1月10日(日)《第234回日曜マチネーシリーズ》→予定通り開催 ※当日券の販売あり(13時~)

■1月14日(木)《第638回名曲シリーズ》→予定通り開催 ※完売

■1月19日(火)《第605回定期演奏会》→予定通り開催 ※チケットは発売中。収容率が50%に達し次第、チケットの販売を停止します。

※ご来場に際しては、「感染予防対策へのご協力のお願い」をご覧ください。

昨日、政府から一都三県を対象に緊急事態宣言が出されましたが、東京都からの発表内容を受け、9日(土)と10日(日)公演については、予定通り開催することになりました。

■1月9日(土)《第234回土曜マチネーシリーズ》→予定通り開催 ※当日券の販売あり(13時~)

■1月10日(日)《第234回日曜マチネーシリーズ》→予定通り開催 ※当日券の販売あり(13時~)

また、1月14日(木)《第638回名曲シリーズ》と1月19日(火)《第605回定期演奏会》については、予定通り開催できる見込みですが、正式には近日中に読響ホームページで発表します(★追記:予定通り開催することになりました。こちらをご覧ください)。なお、14日公演のチケットは完売しています。19日公演のチケットは、現在発売中ですが、今後急に販売を停止する可能性がございます。予めご了承ください。

※ご来場に際しては、「感染予防対策へのご協力のお願い」をご覧ください。

誠に勝手ながら、読響チケットセンター(0570-00-4390/10時~18時)は、2020年12月29日(火)から2021年1月3日(日)までを年末年始休業とさせていただきます。
 
なお、読響チケットWEB http://yomikyo.pia.jp/ では、上記期間の休みに関わらず、年末年始にもチケットをご購入いただけます。

_DSC5023.jpg任指揮者セバスティアン・ヴァイグレが指揮するベートーヴェン「第九」公演は、16日の東京芸術劇場公演で幕開けし、東京・大阪・横浜で6公演を終えました。明日27日(日)15時からの所沢市民文化センターミューズでの公演が、最終公演になります。
https://www.muse-tokorozawa.or.jp/event/detail/20201227/

公演の度に進化を遂げている演奏に、指揮者のヴァイグレも「本当に素晴らしい。楽団員や合唱団はもちろん、それを支える多くのスタッフ、ご来場いただいた多くのお客様など、多くの思いが集まって忘れがたい演奏が続いている」と満足そうに語っています。所沢での最終公演にも、どうぞご期待ください。

当日券は、14時から販売します。皆様のご来場をお待ちしております。

アンサンブルサムネ.jpg

9月3日によみうり大手町ホールで開催された《第26回読響アンサンブル・シリーズ「日下紗矢子リーダーによる室内合奏団」》の動画(ノーカット)を 読響公式YouTubeチャンネル で公開しました。
https://www.youtube.com/watch?v=2Jtwdac8lXA

特別客演コンサートマスターの日下紗矢子がリーダーとなり、ブリテンの2曲、「シンプル・シンフォニー」と「フランク・ブリッジの主題による変奏曲」を軸に、ヘンデルとパーセルの作品を組み合わせて演奏しました。ヘンデルとパーセル作品では、指揮者/クリエイティヴ・パートナーの鈴木優人が通奏低音(チェンバロ)を務めています。演奏会の詳細はこちら

動画は、2021年3月末までの限定公開になります。当日配布したプログラム(解説など)も公開していますので、あわせてご覧ください。

12月24日(木)の朝日新聞(朝刊)に、常任指揮者セバスティアン・ヴァイグレのインタビュー記事(編集委員・吉田純子氏)が掲載されました。年末恒例のベートーヴェン「第九」公演について、様々な視点を紹介している「やっぱり第九が歌いたい」と題した連続企画の7回目。どうぞ、ご覧ください。

記事は、WEB版(要無料会員登録)でもお読みいただけます。
朝日新聞記事:https://www.asahi.com/articles/DA3S14742159.html

ヴァイグレの指揮する「第九」公演は、残すは26日(土)横浜公演、27日(日)所沢公演の2回。両公演とも当日券を販売します。皆様のご来場をお待ちしております。

第124回みなとみらいホリデー名曲シリーズ

2020年12月26日〈土〉 横浜みなとみらいホール

指揮=セバスティアン・ヴァイグレ
ソプラノ=森谷真理
メゾ・ソプラノ=ターニャ・アリアーネ・バウムガルトナー
テノール=AJ・グルッカート
バリトン=大沼徹
合唱=新国立劇場合唱団(合唱指揮=冨平恭平)
ベートーヴェン:交響曲第9番 ニ短調 作品125 「合唱付き」

読売日本交響楽団 所沢「第九」特別演奏会

2020年12月27日〈日〉 所沢市民文化センター・ミューズアークホール

指揮=セバスティアン・ヴァイグレ
ソプラノ=森谷真理
メゾ・ソプラノ=ターニャ・アリアーネ・バウムガルトナー
テノール=AJ・グルッカート
バリトン=大沼徹
合唱=新国立劇場合唱団(合唱指揮=冨平恭平)

【曲目】
第1部〈オルガン独奏〉オルガン=三原麻里
ベートーヴェン:《笛時計のための5つの小品》より「スケルツォ」「アレグロ」
J.S.バッハ:トッカータとフーガ ニ短調 BWV565

第2部〈第九〉
ベートーヴェン:交響曲第9番 ニ短調 作品125「合唱付き」

【お申込み・お問い合わせ】
ミューズチケットカウンター 04-2998-7777(10時~18時/休業日を除く)

【公演詳細】
http://www.muse-tokorozawa.or.jp/event/detail/20201227

【ニュース/ヴァイグレのインタビューが読売新聞に掲載】

https://yomikyo.or.jp/2020/12/12-15.php