News

23日と24日、カンブルランが常任指揮者としての最終公演へ!

20190322.jpg明日3月23日(土)と24日(日)、東京芸術劇場で開催する《第215回土曜・日曜マチネーシリーズ》で、シルヴァン・カンブルランが常任指揮者としての最後のプログラムを指揮します。

ベルリオーズの歌劇「ベアトリアスとベネディクト」序曲に始まり、名手エマールをソリストに迎えてベートーヴェンのピアノ協奏曲第3番、後半はベルリオーズの「幻想交響曲」です。2010年4月から9年間、常任指揮者を務めてきたカンブルランと読響の集大成の演奏をお楽しみください。

今月、カンブルランはこれまで3つのプログラムを指揮し、何れも終演後に多くのお客様から大きな拍手をいただきました(写真上:3月14日/シェーンベルク「グレの歌」/サントリーホール、写真下:3月19日/メシアン「7つの俳諧」/紀尾井ホール)。最後のベルリオーズ「幻想交響曲」は、これまで読響と2009年、10年、11年、16年と4回演奏してきた思い出の曲。カンブルランと楽団員の想いの込められた演奏に、ご期待ください。

当日券は、23日は13時から約20枚、販売します。24日は同じく13時から、若干枚数の販売予定です。何れも販売終了後、キャンセル待ち整理券を配布します。学生券(2,000円/25歳以下/要学生証)の整理券も13時から配布します。

第215回土曜マチネーシリーズ

2019年3月23日〈土〉 東京芸術劇場

指揮=シルヴァン・カンブルラン
ピアノ=ピエール=ロラン・エマール

ベルリオーズ:歌劇「ベアトリスとベネディクト」序曲
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲 第3番 ハ短調 作品37
ベルリオーズ:幻想交響曲 作品14

第215回日曜マチネーシリーズ

2019年3月24日〈日〉 東京芸術劇場

指揮=シルヴァン・カンブルラン
ピアノ=ピエール=ロラン・エマール

ベルリオーズ:歌劇「ベアトリスとベネディクト」序曲
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲 第3番 ハ短調 作品37
ベルリオーズ:幻想交響曲 作品14

20日深夜の日テレで小林研一郎&牛田智大のチャイコフスキーを放映!

牛田 差替え写真 art_dl_image1_164 - コピー - コピー.jpg

3月20日(水)深夜2時35分(21日の午前2時35分)から3時35分までの日本テレビ「読響シンフォニック・ライブ」では、今年2月14日のサントリーホールでの〈第619回名曲シリーズ〉から、期待の新星・牛田智大がソリストを務めたチャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番などが放映されます。指揮は、特別客演指揮者の小林研一郎です。

昨年浜松国際ピアノ・コンクールで第2位と聴衆賞を受賞した牛田が、「読響シンフォニックライブ」に初登場します。牛田の音楽性豊かな独奏とベテラン小林の巧みなタクトによるオーケストラが繰り広げる熱い演奏を、たっぷりとご堪能ください。

なお、BS日テレでも3月30日(土)午前7時から放送される予定です。

日本テレビ「読響シンフォニック・ライブ」ホームページ:http://www.ntv.co.jp/yomikyo/

8月に読響サマーフェス《三大交響曲》&《三大協奏曲》を開催!

summerfes2019.jpg8月18日(日)と21日(水)、東京・池袋の東京芸術劇場にて、読響サマーフェスティバル2019《三大交響曲》&《三大協奏曲》を開催します。チケットは5月11日(土)から一般発売、4月21日(日)から読響会員優先販売します。毎年チケットが完売する夏の人気企画。どうぞお聴き逃しなく。

8月18日(日)14時開演(会場:東京芸術劇場)の《三大交響曲》では、シカゴ響やベルリン・ドイツ響などを指揮するブラジル生まれの新鋭マルチェロ・レーニンガーが初登場! 〈未完成〉〈運命〉〈新世界〉という名曲中の名曲3つを一挙に披露します。レーニンガーのタクトが生む熱い演奏にご期待ください。
 
8月21日(水)18時30分開演(会場:東京芸術劇場)の《三大協奏曲》では、バルトーク国際コンクール第2位の髙木凜々子(ヴァイオリン)、巨匠ゲルギエフに絶賛されて共演を続けているアレクサンドル・ラム(チェロ)、ロシアが生んだ17歳の天才ピアニストのアレクサンダー・マロフェーエフの3人による華麗なる競演をお楽しみください。 指揮は、マルチェロ・レーニンガーです。  
 
チケットのお申し込みは、読響チケットセンターTEL0570-00-4390(10時~18時)へお電話いただくか、「読響チケットWEB」でもお買い求めいただけます。お電話は、発売初日は大変混雑が予想されます。何卒ご了承ください。
 
「読響WEBへ」は、下記のリンクからご利用いただけます。チケット代金をクレジットカード決済いただき、ご自宅への郵送引き取りの場合、電話予約と同様に送料・手数料は無料となっており、大変便利でお得です。
【読響チケットWEB】 http://yomikyo.pia.jp/

読響サマーフェスティバル2019《三大交響曲》

2019年8月18日〈日〉 東京芸術劇場

指揮=マルチェロ・レーニンガ―

シューベルト:交響曲第7番 ロ短調 D759「未完成」
ベートーヴェン:交響曲第5番 ハ短調 作品67「運命」
ドヴォルザーク:交響曲第9番 ホ短調 作品95「新世界から」

読響サマーフェスティバル2019《三大協奏曲》

2019年8月21日〈水〉 東京芸術劇場

指揮=マルチェロ・レーニンガ―
ヴァイオリン=髙木凜々子
チェロ=アレクサンドル・ラム
ピアノ=アレクサンダー・マロフェーエフ

メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 作品64
ドヴォルザーク:チェロ協奏曲 ロ短調 作品104
チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番 変ロ短調 作品23

カンブルラン指揮「マーラー第9番」CD発売&トーク・イベント開催!

常任指揮者カンブルランが指揮した「マーラー:交響曲第9番」のCD(2枚組)が4月上旬にALTUSレーベルからリリースされます。

2018年4月20日にサントリーホールに演奏したライヴ録音です。常任指揮者としてのラスト・シーズンに取り上げたカンブルラン&読響のマーラー第9番は、このコンビが長年築いた表現力が発揮された名演奏と各方面から高い評価を得ました。ぜひ、お聴きください。ALT 405.jpg

[演奏]指揮:シルヴァン・カンブルラン、管弦楽:読売日本交響楽団
[曲目]マーラー:交響曲第9番
[収録]2018年4月20日 サントリーホール(ライヴ録音)
[レーベル]ALTUS
[発売元]キング・インターナショナル
[品番]ALT-405/6
[価格]オープン価格

4月の発売に先駆け、3月19日、23日、24日の読響主催公演会場にて先行販売予定です。

また、3月21日(木・祝)18時30分から、タワーレコード新宿店にて、カンブルランのトーク・イベント&サイン会の開催も決定しました。トーク・イベントには、どなたもご参加いただけます。詳しくは、以下のキング・インターナショナルのページをご覧ください。
http://www.kinginternational.co.jp/topics/20190313_2/

芸劇主催〈TACTフェス〉に登場!鈴木優人指揮でライヒ作品などを演奏

suzukinukumizu.jpg5月に東京芸術劇場で開催される「TACT(Theater Arts for Children & Teens) FESTIVAL in Tokyo」(主催:東京芸術劇場、豊島区)に、読響が登場します。10回を迎えるこの芸術フェスティバルに、オーケストラ団体として初めての出演になります。

5月5日(日・祝)14時開演の「マサト先生のミュージック・エデュケーション・プログラム/リズム!リズム!リズム!」では、“新時代の旗手”鈴木優人が指揮を務め、マサト先生として〈リズム〉をテーマにクラシック講座を行います。学校の授業とは一味違う切り口で、読響の充実した生演奏と共に、音楽の魅力を紹介します。
【公演情報/東京芸術劇場HPから】http://www.geigeki.jp/performance/theater209/t209-2/

プログラムは、久石譲の「となりのトトロ/オーケストラ・ストーリーズ」、スティーヴ・ライヒ「オーケストラのための3つの楽章」、ラヴェル「ボレロ」の3曲。合間にトークで解説を入れながら、読響の演奏をお楽しみいただきます。久石譲作品では、テレビ、映画、舞台などで活躍する俳優の温水洋一が「語り」を務め、「さんぽ」などお馴染みのメロディを迫力のサウンドでご堪能いただきます。打楽器とピアノがオーケストラの中央に配置されるライヒ作品は、移り行く音色の変化が新たな感覚を呼び覚まします。ラヴェルの名曲「ボレロ」では、同じリズムを繰り替えしながら次第に高揚して、熱狂のフィナーレで閉じられます。

チケットは、全席指定で一般3,500円、高校生以下(4歳以上)1,000円と大変お手ごろの価格で、好評発売中です。お申し込みは、東京芸術劇場ボックスオフィス 0570-010-296 まで。皆様のご来場、お待ちしております。

[読響との9年の軌跡]カンブルランのインタビューを掲載

シルヴァン・カンブルランは、今月で2010年4月から9年間務めた読響常任指揮者の任期を終えます。昨秋、2時間にわたってインタビューを行い、読響との9年間のこと、今後の抱負などを語っていただきました。なお、このインタビューは、プログラム誌『月刊オーケストラ』3月号の特集記事を転載したものです(聞き手:事務局)。 

cambre3.jpg__常任指揮者の退任が近づいています。今はどのような心境ですか?

就任した2010年を振り返ると、随分昔のことに感じると同時に、つい最近のことのように鮮明な記憶も蘇ります。常任指揮者の依頼を頂いた08年頃は、私がパリ・オペラ座との5年の契約を終える時期。当時、総裁のジェラール・モルティエ氏と共に、面白いプロダクションを作っていましたが、残念ながら楽団や批評家と上手くいきませんでした。一方、南西ドイツ放送SWR響との良好な関係を築いていました。そんな時に日本に来ることが決まりました。以来、今までひたすらに、先のことだけを見続けて取り組んできました。

__2010年はマエストロが61歳の時。アジアでの初めてのポストでした。

当時、私は母国フランスでのキャリアを辞めようと思っていました。1981年から王立モネ劇場で音楽監督を務め、米国やドイツでも指揮しました。アジアに初めて来たのは79年、リヨン国立管とのツアーで、セルジュ・ボド氏のアシスタントとして来日したのです。その後、06年に久々に来日し、読響に客演。その初共演が非常に良い感触でした。読響から常任の話が来た時、モルティエ氏に相談しましたら、「冒険心の強いシルヴァン、日本へ行くべき。新たな世界で新しい経験を積むべきだ」と強く薦められ、私は決心しました。不安はなかったです。

__10年の就任から最初の2~3シーズンを振り返っていただけますか?

読響には、常に高いポテンシャルを持つ楽団という印象があり、もっと良くなると感じていました。一方で、古いスタイルを変えるのに苦労していた楽団員も一部にいました。しかし演奏を通して、少しずつ良くなりました。最初の3年は、変化を追求した時期で、読響が向上するために、長いスパンで何をすべきかを考えました。楽しい挑戦でした。また、お客様の好奇心を掻き立てる選曲も心がけました。2シーズン目の11年9月、重要な作品であるベルリオーズ〈ロミオとジュリエット〉で大きな成功を収め、私たちに自信が付きました。12年8月、原爆忌の広島・長崎公演も印象深いもの。自分の内面と向かい、精神が浄化されるような特別な公演となり、俳優・吉川晃司氏の朗読に楽団員や合唱団の皆で涙しました。

__11年3月の震災後、マエストロは予定を早めて4月に来日してくれました。

当たり前のことをしただけです。当時、原発を恐れて来日に反対した人も周囲にいましたが、弟でティンパニ奏者のブノワが「シルヴァンにとって読響は、子どもや家族のような存在なのだから一緒にいるべき」と説得してくれました。私にとって読響はすでに生活の一部でしたので、迷わず来日しました。多くを学んだ時期で、日本人の災害に向き合う姿勢や謙虚さに心打たれました。今でも感情が揺さぶられます。人間が辛いことに直面した時に、どのようにそれを克服するのか、そして自分には何かできるのかと考えました。

__「変化」の時期を経て、次の段階へと進みます。

12年10月、現代作曲家であるツェンダーと細川俊夫作品による演奏会がポイントとなり、第2期へ。13年3月にはマーラー〈悲劇的〉で手ごたえを感じ、読響との絆が深まりました。13年9月に行ったブリテン、ウストヴォーリスカヤ、ストラヴィンスキーのプログラムも記憶に残っています。ブリテン〈シンフォニア・ダ・レクイエム〉を演奏後、当時ソロ・チェロの毛利伯郎さんが近寄ってきて、「この曲の魅力を発見し、強く感動した」と語ってくれました。13年9月、2度目のストラヴィンスキー〈春の祭典〉では、この3年の成長が実感できました。

しかし、悲しいことが起こりました。人生を共に歩んできたモルティエ氏の死です。彼は13年12月まで元気でしたが、翌1月、病気で体調を崩しました。そんな中、私は来日してソロ・ヴィオラの鈴木康浩さんとベルリオーズ〈イタリアのハロルド〉などを演奏。精神的にも厳しかったですが、どうにか自分を奮い立たせました。そして、14年3月にモルティエ氏が亡くなりました。翌4月に来日し、マーラー第4番などを演奏しましたが、私はまだ深い悲しみの中にいました。

cambre2.jpg__15年3月には欧州ツアーに行き、9月のワーグナー〈トリスタンとイゾルデ〉へと向かいます。

欧州ツアーでは、特にワルシャワ公演が印象深かったです。聴衆の温かさ、素晴らしさは忘れられません。アイヴズとドヴォルザークを組み合わせた試みに熱心に耳を傾けてくれました。そして、9月の〈トリスタン〉へ。読響とは初めてのオペラ作品でしたが、楽団員の集中力も高く、大きな成功を収めました。15年からブルックナーにも取り組み、マーラー〈夜の歌〉も演奏するなど、大きな編成の作品が増えましたが、これらの大曲でも高い質を保てました。その秘訣は、大曲においても室内楽的なアンサンブルを確立していたことです。ハイドンやベートーヴェンなどを演奏することを通して、読響がそれを習得していました。

この12年10月以降の第2期は、古典から現代作品まで、様々なスタイルの作品で忠実に音楽作りをし、その経験が積み重なってきた時期。細部への取り組みを大切にし、深めていきました。優秀な新団員の加入も力になりました。〈トリスタン〉の成功後、すぐにメシアン〈アッシジの聖フランチェスコ〉を行うことを決断。この大作を成功に導けると確信できたのです。

__いよいよメシアン〈アッシジ〉へ向けての第3期になります。

手ごたえを感じたのは、17年1月のメシアン〈彼方の閃光〉。なぜなら〈閃光〉の音楽は、〈アッシジ〉の要素を含んでいたからです。4月のバルトーク〈青ひげ公の城〉も、難しい作品ですが良い出来でした。さらに読響は10月に新国立劇場主催のワーグナー〈神々の黄昏〉への出演などを通して、長時間の演奏でも集中力を保つ力を備えていました。〈アッシジ〉の成功の秘訣の一つは、リハーサル時間の組み方。この大作を演奏するには、十分な練習が必要だということを、事務局が理解してくれました。そして何より大きな要因は、皆がそれぞれの最善を尽くしてくれたこと。分奏から始まって、オーケストラ練習、合唱や歌手リハーサル、全体練習と、全てが成功に向かって一丸となって動きました。私にとっては五つ目の〈アッシジ〉のプロダクションでしたが、その中でベストの演奏でした。

__マエストロの人生の中で、読響とはどんな存在でしょうか?

私の人生における大きな贈り物であり、私の「今」の姿を表す存在です。読響とは100%信頼を委ねられる関係が築けました。今は、私のあらゆる音作りに、皆が全力で応えようとしています。そうさせたのは「愛」。9年間、音楽の楽しさ、音楽から得られる充実感を共有できたことは嬉しい限りです。今後も形を変えて関係が続くのを楽しみにしています。

私の人生は、モルティエ氏の死で変化しました。今、私には音楽こそが、自分の精神を高めるのに重要なのです。今後の人生も全てを音楽に捧げ、音楽を通して接する音楽家、聴衆、関係者に、私の全てを音楽に込められればと思います。今後のハンブルク響でも読響と培ったことを活かします。もう私は若くないので、目の前のことを一つずつ大切に取り組むつもりです。音楽で世界は変えられません。しかし、音楽なくして世界は良くならないと思います。だからこそ、これからも音楽で希望を持たせられたら嬉しいです。

__最後に日本のお客様にメッセージをお願いします。

この9年間、来日することが毎回楽しみでした。楽団員に会うことと同様、お客様に会うことを心待ちにしていました。珍しい曲目の時も、期待を胸に会場に来てくれました。お客様から温かな拍手やブラボーの声を頂いた時は、本当に嬉しかった。常任指揮者を退任することに悲しさを感じないのは、またお客様にお会いできるからです。決してお別れではありません。今後も音楽を共有していきましょう。

カンブルランが来日。7日と9日は得意の〈フランス音楽プロ〉を指揮!

zender.jpg9年間の常任指揮者を務めたカンブルランが、いよいよ常任指揮者としての最後の来日を果たしました。4日のリハーサルでは、読響との初共演(2006年)でも演奏したカンブルランの“勝負曲”の一つであるドビュッシー「海」と、今回が日本初演となるドビュッシー(ツェンダー編)「前奏曲集」を集中的に練習しました。

「前奏曲集」は、ドビュッシーのピアノ曲を、ドイツを代表する現代作曲家ハンス・ツェンダーがオーケストラ版に編曲したもので、多彩な打楽器が用いられています。木魚やウッドブロック、トムトム、グロッケンシュピールなどに加え、ミュージカルソー(のこぎり)、ウォーターゴングなどの珍しい楽器が使用されるほか、メロディカ(鍵盤ハーモニカ)を、フルート奏者とファゴット奏者が吹くように指定されています。

カンブルランは、この曲ついて「しっかりとピアノ曲の精神を生かしながら、ユーモアのある華やかなオーケストレーションが施されています。白黒の絵を、カラフルに色づけをしたような印象。中でもピアノ曲でペダルを使う部分を、色々な奏法を用いたり、楽器を組み合わせるなど、工夫して表している」と特徴を語りました。

初日のリハーサル終了後、カンブルランに現在の心境を聞きました。「まずは6ヶ月ぶりの来日で、日本のお客様との再会が楽しみ」と笑顔を見せます。「今回は特別な思いを持って来日しました。常任指揮者として、最後の来日。でも悲しいという思いではありません。今は、4つの素晴らしいプログラムへの意欲を持っています」と力を込めました。

「1つ目(7日と9日)はイベールとドビュッシーのまさにフランス音楽プログラム。読響と積み上げてきた成果が表れるでしょう。2つ目(14日)は、読響や歌手、合唱と大作『グレの歌』を演奏するチャレンジングなプログラム。3つ目(19日)の20世紀音楽を集めた小編成プロは、技巧的に難しいですが、お客様にも興味深い体験となるでしょう。そして最後(23日と24日)のベルリオーズ〈幻想〉は、本当に思い出深い作品で、何度演奏しても素晴らしい曲。これでお別れになります。でも永遠のお別れではなくて、一つの区切りです」

7日(木)と9日(土)公演のチケットは、好評発売中です。23日公演は残り僅かです。お申し込みは、読響チケットセンター 0570-00-4390(10時~18時)まで。皆様のご来場、お待ちしております。

第620回名曲シリーズ

2019年3月 7日〈木〉 サントリーホール

指揮=シルヴァン・カンブルラン
フルート=サラ・ルヴィオン

イベール:寄港地
イベール:フルート協奏曲
ドビュッシー(ツェンダー編):前奏曲集
ドビュッシー:交響詩「海」

第110回みなとみらいホリデー名曲シリーズ

2019年3月 9日〈土〉 横浜みなとみらいホール

指揮=シルヴァン・カンブルラン
フルート=サラ・ルヴィオン

イベール:寄港地
イベール:フルート協奏曲
ドビュッシー(ツェンダー編):前奏曲集
ドビュッシー:交響詩「海」

3月31日「読響 東京2020パラリンピック応援コンサート」に無料ご招待

paraconcert.jpgのサムネイル画像3月31日(日)14時から文京シビックホールにて、「読響 東京2020パラリンピック応援コンサート」を開催します(主催:読売新聞社、日本テレビ放送網、読売テレビ、読売日本交響楽団)。ジョン・ウィリアムズの「オリンピック・ファンファーレ」で始まり、マスカーニの歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」間奏曲やラヴェル「ボレロ」など選りすぐりの名曲をお届けします。

チケット(無料)は2月25日(月)10時から先着約200名を無料ご招待します。

出演者、曲目などは、以下のページをご覧ください。
https://yomikyo.or.jp/concert/2019/02/2020-1.php

このコンサートは、スポーツなどを通じて日本を元気にするため、読売新聞が2020年とその先へ向けて展開する「元気、ニッポン!」プロジェクトの一環として開催します。障がいのある人や家族らを招待し、読響の演奏に親しんでもらいます。第1部では、リオデジャネイロ・パラリンピックに出場した車いす卓球の別所キミヱ選手、パラ水泳の木村敬一選手をお迎えし、競技にまつわるお話などを伺います。第2部は、現田茂夫指揮による読響の演奏(約60分)をお楽しみいただきます。スクリーンには競技映像も投影予定です。思わず声が出たり身体が動くことを気にする必要はありません。会場に集まった皆様がリラックスして楽しめる音楽空間を提供し、パラリンピックを支援することを目的としています。

【申込受付開始日時】
2月25日(月)10時

【料金】
無料
※全席指定。事前のお申し込みが必要です。
※当日は多くの方がご来場されるため、介助が必要な方はご同伴の方とお越しください。
※発券手数料(108円/1枚)およびシステム手数料(216円/1枚)が必要です。
※チケットお引き取りはセブンイレブンかファミリーマート店舗で、手数料・利用料の支払いはクレジットカードに限らせていただきます。予めご了承ください。
※枚数制限4枚まで。

【お申し込み】
読響チケットWEB http://yomikyo.pia.jp/
※車いす席と聴覚サポート席をご希望の方は、読響チケットセンター 0570-00-4390(10時~18時/年中無休)からお申し込みください。
※一般席(約200席)はインターネット受付のみ。