News

10月6日(火)にサントリーホールで開催された鈴木優人指揮、児玉桃ピアノによる《第49回サントリー音楽賞受賞記念コンサート》の批評「読響 メシアン『峡谷から星たちへ』 官能的な自然への賛美」(音楽評論家・江藤光紀さん)が、昨日10月27日の日本経済新聞(夕刊)に掲載されました。どうぞ、ご覧ください。

批評は、WEB版(要無料会員登録)でもお読みいただけます。
日本経済新聞批評:https://www.nikkei.com/article/DGKKZO65458250W0A021C2BE0P00/

202010245.jpg

10月24日(土)、25日(日)、東京芸術劇場(池袋)にて《第231回土曜・日曜マチネーシリーズ》を開催します。

指揮は、今年80歳を迎えた読響・特別客演指揮者の小林研一郎。今年4月に同シリーズにて演奏を予定していていた、ベートーヴェンの傑作交響曲「英雄」に、熱い想いを込めます。円熟味を増した小林は、渾身のタクトでオーケストラから豊潤なサウンドを引き出すでしょう。

前半のラフマニノフの「パガニーニの主題による狂詩曲」では、ドイツ在住の河村尚子が一時帰国し、ロマンティックなメロディを奏でます。瑞々しいタッチと超絶的なテクニック、あふれる音楽性にご期待ください。

チケットは、読響チケットセンター 0570-00-4390(10時~18時)及び 読響チケットWEB で販売中。当日券は、各日13時から販売します。学生券(2,000円/25歳以下/要学生証)の整理券も13時から配布します。皆様のご来場を、お待ちしております。

ご来場のお客様は、読響の「感染予防対策」へのご協力をお願いします。

第231回土曜マチネーシリーズ

2020年10月24日〈土〉 東京芸術劇場

指揮=小林研一郎
ピアノ=河村尚子
グリンカ:歌劇「ルスランとリュドミラ」序曲
ラフマニノフ:パガニーニの主題による狂詩曲 作品43
ベートーヴェン:交響曲第3番 変ホ長調 作品55「英雄」



第231回日曜マチネーシリーズ

2020年10月25日〈日〉 東京芸術劇場

指揮=小林研一郎
ピアノ=河村尚子
グリンカ:歌劇「ルスランとリュドミラ」序曲
ラフマニノフ:パガニーニの主題による狂詩曲 作品43
ベートーヴェン:交響曲第3番 変ホ長調 作品55「英雄」

「第九」公演の開催について検討を重ねておりましたが、クラシック音楽公演運営推進協議会の「クラシック音楽公演における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」をもとに、各都道府県及び各ホールのガイドラインに沿って、「第九」公演を開催することになりました。まずは、12月16日《SHINRYO Presents「第九」特別演奏会》と12月23日《第28回大阪定期演奏会》の開催概要を、以下の通り発表します。

現在、合唱の人数や位置などは、新国立劇場合唱団及び各ホールと調整中です。また、現在のところ政府の入国制限措置があるため、国外から来日予定の出演者についても調整中です。

12月の読響主催公演シリーズも含め、11月中旬までに、読響ホームページにて出演者などについて、改めて発表いたします。チケット(会員券)をお持ちのお客様は、発表までお待ち願います。なお、今後の状況の変化により、公演を急遽中止させていただく場合もございますので、何卒ご了承ください。


《SHINRYO Presents「第九」特別演奏会》
12月16日(水)19時開演 会場:東京芸術劇場

指揮=セバスティアン・ヴァイグレ
ソプラノ=森谷真理 メゾ・ソプラノ=ターニャ・アリアーネ・バウムガルトナー
テノール=AJ・グルッカート バリトン=大沼徹
合唱=新国立劇場合唱団(合唱指揮=冨平恭平)

【第1部】〈オルガン独奏〉オルガン=三原麻里

ベートーヴェン:《笛時計のための5つの小品》より「スケルツォ」「アレグロ」
J.S.バッハ:
トッカータとフーガ ニ短調 BWV565 

【第2部】〈第九〉
ベートーヴェン:交響曲第9番 ニ短調 作品125「合唱付き」

チケット料金:S9,700円、A7,600円、B6,100円、C4,600円
チケット発売日:11月15日(日)予定

主催:読売新聞社、日本テレビ放送網、読売テレビ、読売日本交響楽団
特別協賛:新菱冷熱工業株式会社

※当初12月15日に予定されていた「第九」特別演奏会は、都合により開催しないことになりました。何卒ご了承ください。

《第28回大阪定期演奏会》
12月23日(水)19時開演  会場:フェスティバルホール(大阪)

指揮=セバスティアン・ヴァイグレ
ソプラノ=森谷真理 メゾ・ソプラノ=ターニャ・アリアーネ・バウムガルトナー
テノール=AJ・グルッカート バリトン=大沼徹
合唱=新国立劇場合唱団(合唱指揮=冨平恭平)

ベートーヴェン:交響曲第9番 ニ短調 作品125「合唱付き」

チケット料金:BOX9,700円、S7,300円、A6,200円、B5,200円
チケット発売日:11月17日(火)予定

主催:読売新聞社、日本テレビ放送網、読売テレビ、読売日本交響楽団
協賛:非破壊検査株式会社、大和ハウス工業株式会社
協力:コジマ・コンサートマネジメント

COCQ-85512.jpg首席客演指揮者の山田和樹と読響の初めてとなるCD「マーラー:交響曲第1番《巨人》」が、明日21日に日本コロムビア(DENON)から発売されます。

これは2020年2月1日と2日に東京芸術劇場にて行われた《第224回土曜・日曜マチネーシリーズ》のライヴ録音として、マーラーの交響曲第1番「巨人」と「花の章」を収録したものです。2018年シーズンから首席客演指揮者として読響と良好な関係を築いてきた山田が、若きマーラーによってスコアに込められた熱と才気を渾身のタクトで表し、会場は大きな拍手と歓声に包まれました。このライヴならではの熱い演奏を、ぜひお聴きください。

詳しくは、以下の日本コロムビアのページをご覧ください。こちらからもご購入いただけます。
https://columbia.jp/artist-info/yamadakazuki/discography/COCQ-85512.html

[演奏]指揮:山田和樹(首席客演指揮者)、管弦楽:読売日本交響楽団
[曲目]マーラー:花の章、交響曲第1番《巨人》
[収録]2020年2月1日&2日 東京芸術劇場コンサートホール(ライヴ録音)
[レーベル]DENON
[発売元]日本コロムビア株式会社
[品番]COCQ-85512
[価格]3,000円+税

_1DX1714_(c)中村風詩人 - コピー.jpg

10月21日(水)深夜2時29分(22日の午前2時29分)からの日本テレビ「読響シンフォニック・ライブ」では、9月8日にサントリーホールで行われた《第601回定期演奏会》の収録の模様を放映します。

小曽根真のピアノ、尾高忠明指揮によるモーツァルトのピアノ協奏曲第23番、アンコールの「A列車で行こう」などをお届けします。

自粛期間中に53日間ライブ配信を続けて話題を呼んだ小曽根が登場。今回の演奏では、独特のニュアンスと即興性でモーツァルトを弾きこなし、“オゾネ・ワールド”を作り出しました。アンコールでは、読響首席コントラバス奏者の大槻健と「A列車で行こう」を演奏し、大きな拍手に包まれました。どうぞ、ご期待ください。

なお、BS日テレでも10月31日(土)午前7時から放送される予定です。

日本テレビ「読響シンフォニック・ライブ」ホームページ:http://www.ntv.co.jp/yomikyo/

20201130.jpg

11月30日(月)19時30開演、よみうり大手町ホールでの《第27回読響アンサンブル・シリーズ》のチケット(1回券)を、明日10月17日(土)から販売します。

チケットは、全席指定 4,600円。お申し込みは、読響チケットセンター 0570-00-4390(10時~18時)及び 読響チケットWEB へ。

出演者と曲目は以下の通りです。

■出演者
プロデュース、指揮、チェンバロ、ピアノ:鈴木優人(指揮者/クリエイティヴ・パートナー)
独奏ヴァイオリン:長原幸太(コンサートマスター)
ヴァイオリン:小田透、川口尭史、對馬哲男、肥田与幸
ヴィオラ:鈴木康浩(ソロ・ヴィオラ)、二宮隆行
チェロ:髙木慶太、木村隆哉
コントラバス:小金丸章斗
打楽器:西久保友広、野本洋介

■曲目
ケージ:私たちの春が来る
ヴィヴァルディ:ヴァイオリン協奏曲集『和声と創意の試み』第1番「春」
ケージ:「ヴァイオリンと鍵盤のための6つのメロディ」から
ヴィヴァルディ:ヴァイオリン協奏曲集『和声と創意の試み』第2番「夏」
(休憩)
ケージ:「リビングルーム・ミュージック」から“メロディ” 
ヴィヴァルディ:ヴァイオリン協奏曲集『和声と創意の試み』第3番「秋」
ケージ:クレド・イン・アス 
ヴィヴァルディ:ヴァイオリン協奏曲集『和声と創意の試み』第4番「冬」
一柳慧:イン・メモリー・オヴ・ジョン・ケージ
※19時からプレ・トークあり

【お願い】
政府から客席数の制限緩和についての発表を受け、通常の客席数で開催します。 マスク着用・検温など万全の「感染予防対策」を施して開催します。皆様にもご協力をお願いします。詳しくは、読響の「感染予防対策」をご覧ください。

17.jpg

10月6日(火)にサントリーホールで開催された鈴木優人指揮、児玉桃ピアノによる《第49回サントリー音楽賞受賞記念コンサート》の批評「読売日本交響楽団 メシアン「峡谷から星たちへ」 深化証明、力みなく語る演奏」(音楽ライター・小室敬幸さん)が、昨日10月15日の朝日新聞(夕刊)に掲載されました。どうぞ、ご覧ください(写真提供:サントリーホール)。

批評記事は、WEB版(要無料会員登録)でもお読みいただけます。
朝日新聞批評:https://www.asahi.com/articles/DA3S14659527.html

202011月公演.jpg

11月19日(木)《第603回定期演奏会》、11月23日(月・祝)《第123回みなとみらいホリデー名曲シリーズ》、11月24日(火)《第636回名曲シリーズ》、11月28日(土)《第232回土曜マチネーシリーズ》、11月29日(日)《第232回日曜マチネーシリーズ》は、以下の通り出演者と曲目を一部変更し、開催いたします。

政府の入国制限措置により、国外から来日予定の演奏家は見通しが立たないことなどから、出演者が一部変更になります。曲目も、感染症対策による舞台及び楽屋の人数制限などにより、一部変更いたします。

政府から客席数の制限緩和についての発表を受け、通常の客席数で開催します。読響会員のお客様(横浜みなとみらいホールの2階Pブロック前方を除く)は、お持ちのチケットで入場いただき、ご自身のお席でご鑑賞いただけます。

各公演のチケット(1回券)の発売も以下の通りです。また、《名曲シリーズ》の下期会員券(全5回)は10月22日(木)から販売します。

■《第603回定期演奏会》
11月19日(木)19時開演   会場:サントリーホール
【出演】指揮:鈴木優人(指揮者/クリエイティヴ・パートナー) 
【曲目】シャリーノ/夜の自画像、シューベルト/交響曲第4番「悲劇的」、ベリオ/レンダリング~シューベルトの未完の断片を用いて~
【チケット発売日】10月22日(木)

■《第123回みなとみらいホリデー名曲シリーズ》
11月23日(月・祝)14時開演   会場:横浜みなとみらいホール
【出演】指揮:鈴木優人(指揮者/クリエイティヴ・パートナー)、ギター:村治佳織 
【曲目】ベートーヴェン/序曲「レオノーレ」第3番、ロドリーゴ/ある貴紳のための幻想曲、ベートーヴェン/交響曲第5番「運命」
【チケット発売日】10月22日(木)

■《第636回名曲シリーズ》
11月24日(火)19時開演   会場:サントリーホール
【出演】指揮:鈴木優人(指揮者/クリエイティヴ・パートナー)、ギター:村治佳織 
【曲目】ベートーヴェン/序曲「レオノーレ」第3番、ロドリーゴ/ある貴紳のための幻想曲、ベートーヴェン/交響曲第5番「運命」
【チケット発売日】10月22日(木)

■《第232回土曜マチネーシリーズ》
11月28日(土)14時開演   会場:東京芸術劇場
【出演】指揮:井上道義、チェロ:北村陽
【曲目】ハイドン/チェロ協奏曲第1番、ブルックナー/交響曲第7番
【チケット発売日】10月27日(火)

■《第232回日曜マチネーシリーズ》
11月29日(日)14時開演   会場:東京芸術劇場
【出演】指揮:井上道義、チェロ:北村陽
【曲目】ハイドン/チェロ協奏曲第1番、ブルックナー/交響曲第7番
【チケット発売日】10月27日(火)

※既にチケットをご購入いただいている読響会員の皆様には、別途ハガキでご案内させていただきます
※今後の状況の変化により、公演を急遽中止させていただく場合もございますので、何卒ご了承ください。
※ご来場に際しては、「感染予防対策へのご協力のお願い」をご覧ください。

20201130.jpg

11月30日(月)19時30開演、よみうり大手町ホールでの《第27回読響アンサンブル・シリーズ》の出演者・曲目・チケット発売日が、以下の通り決まりました。

■出演者
プロデュース、指揮、チェンバロ、ピアノ:鈴木優人(指揮者/クリエイティヴ・パートナー)
独奏ヴァイオリン:長原幸太(コンサートマスター)
ヴァイオリン:小田透、川口尭史、對馬哲男、肥田与幸
ヴィオラ:鈴木康浩(ソロ・ヴィオラ)、二宮隆行
チェロ:髙木慶太、木村隆哉
コントラバス:小金丸章斗
打楽器:西久保友広、野本洋介

■曲目
ケージ:私たちの春が来る
ヴィヴァルディ:ヴァイオリン協奏曲集『和声と創意の試み』第1番「春」
ケージ:「ヴァイオリンと鍵盤のための6つのメロディ」から
ヴィヴァルディ:ヴァイオリン協奏曲集『和声と創意の試み』第2番「夏」
(休憩)
ケージ:「リビングルーム・ミュージック」から“メロディ” 
ヴィヴァルディ:ヴァイオリン協奏曲集『和声と創意の試み』第3番「秋」
ケージ:クレド・イン・アス 
ヴィヴァルディ:ヴァイオリン協奏曲集『和声と創意の試み』第4番「冬」
一柳慧:イン・メモリー・オヴ・ジョン・ケージ
※19時からプレ・トークあり

■チケット
全席指定 4,600円
チケット発売日:10月17日(土)
お申し込み:読響チケットセンター 0570-00-4390(10時~18時)及び 読響チケットWEB

政府から客席数の制限緩和についての発表を受け、通常の客席数で開催します。年間会員の皆様は、お持ちのチケットで入場いただけます。 マスク着用・検温など万全の「感染予防対策」を施して開催します。皆様にもご協力をお願いします。詳しくは、読響の「感染予防対策」をご覧ください。