News

7月の主催公演のチケットを、明日6月13日(日)から販売します。読響チケットセンター 0570-00-4320210613.jpg90(10時~18時)、もしくは 読響チケットWEB へ。

7月10日(土)14時開演 東京芸術劇場《第238回土曜マチネーシリーズ》
7月11日(日)14時開演 東京芸術劇場《第238回日曜マチネーシリーズ》
指揮=セバスティアン・ヴァイグレ、箏(こと)=LEO
ロッシーニ:歌劇「セビリアの理髪師」序曲
藤倉大:箏(こと)協奏曲
ブラームス:交響曲第2番

《土曜・日曜マチネー》には、来日中の常任指揮者ヴァイグレが滞在期間を延長し、出演します。メインのブラームスの交響曲第2番では、叙情に満ちたメロディを美しく歌い上げ、歓喜のフィナーレを高らかに響かせます。また、前半には、箏(こと)奏者のLEOがソリストとして登場し、藤倉大の協奏曲を演奏します。和楽器とオーケストラが生み出す新鮮なサウンドをお楽しみください。なお、同曲は、当初4月30日に世界初演を予定していましたが、公演が中止(無観客収録)になってしまったため、今回が聴衆の前での初お披露目になります。

7月21日(水)19時開演 サントリーホール《第610定期演奏会》
指揮=飯守泰次郎
モーツァルト:交響曲第35番「ハフナー」
ブルックナー:交響曲第4番「ロマンティック」

7月21日(水)《定期演奏会》には、マイスターの代役として、80歳の巨匠・飯守泰次郎が登場します。1964年に読響の副指揮者としてキャリアを積み始め、その後世界へと羽ばたいた飯守。今回、46年振りに《読響定期》に出演し、モーツァルト「ハフナー」とブルックナーの交響曲第4番「ロマンティック」を指揮します。飯守の渾身のタクトが生む、壮大なブルックナーの世界をご堪能ください。

7月22日(木・祝)19時30分開演 よみうり大手町ホール《第31回読響アンサンブル・シリーズ》
《日下紗矢子リーダーによる室内合奏団》
ヴィヴァルディ:「四季」から「春」
ゴリホフ:ラスト・ラウンド
ジェミニアーニ:合奏協奏曲第12番「ラ・フォリア」
ピアソラ(ホセ・ブラガート編):ブエノスアイレスの四季

※今後の状況の変化により、出演者や曲目が変更になることや、公演を急遽中止させていただく場合もございますので、何卒ご了承ください。
※ご購入いただいたチケットは、公演が中止になった場合以外でのキャンセル・払い戻しはできませんので、予めご了承ください。
※ご来場に際しては、「感染予防対策へのご協力のお願い」をご覧ください。

5月26日に来日した常任指IMG20210611141506.jpg揮者セバスティアン・ヴァイグレは、14日間の隔離措置を経て、本日からリハーサルを開始しました。

6月14日(月)と15日(火)の演奏会では、ヴァイグレが得意とするドイツ物からブラームスの交響曲第1番をメインとし、ドイツの名ヴァイオリニストのアラベラ・美歩・シュタインバッハーをソリストに迎え、メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲などを披露します。

14日(月)14時からミューザ川崎で開催する《川崎マチネーシリーズ》のチケットは発売中で、当日券も13時から販売、学生券(2,000円/25歳以下/要学生証)の整理券も13時から配布します。15日(火)のサントリーホール公演は、緊急事態宣言を受け、収容率上限に達したため、チケットの販売は停止しており、当日券も販売できません。

ヴァイグレは「隔離期間を経て、再び愛する読響の皆様にお会いできて、嬉しいです。そして、これまでのドイツでは不可能だった、実際に会場でお客様に直接お会いできることは、更に嬉しいことです。皆様のご来場を心からお待ちしております!」と笑顔で語りました。

第2回川崎マチネーシリーズ

2021年6月14日〈月〉 ミューザ川崎シンフォニーホール

指揮=セバスティアン・ヴァイグレ
ヴァイオリン=アラベラ・美歩・シュタインバッハー

ヴェルディ:歌劇「運命の力」序曲
メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 作品64
ブラームス:交響曲第1番 ハ短調 作品68

202107.jpg

7月の主催公演に出演を予定していた指揮のアニヤ・ビールマイアーとコルネリウス・マイスター、トランペットのセリーナ・オットは、政府の入国制限により来日できず、残念ながら出演できなくなりました。そのため、一部曲目を変更して開催します。詳細は、以下をご覧ください。

なお、7月主催公演のチケット(1回券)は、6月13日(日)から一般発売/6月11日(金)から読響会員優先発売します。お申し込みは、読響チケットセンター 0570-00-4390(10時~18時)、もしくは 読響チケットWEB へ。


7月10日(土)14時開演 東京芸術劇場《第238回土曜マチネーシリーズ》
7月11日(日)14時開演 東京芸術劇場《第238回日曜マチネーシリーズ》
指揮=セバスティアン・ヴァイグレ、箏(こと)=LEO
ロッシーニ:歌劇「セビリアの理髪師」序曲
藤倉大:箏(こと)協奏曲
ブラームス:交響曲第2番
【チケット発売日】一般:6月13日(日)/読響会員優先:6月11日(金)

《土曜・日曜マチネー》には、6月公演のために来日中の常任指揮者ヴァイグレが滞在期間を延長し、出演します。メインのブラームスの交響曲第2番では、叙情に満ちたメロディを美しく歌い上げ、歓喜のフィナーレを高らかに響かせます。また、前半には、箏(こと)奏者のLEOがソリストとして登場し、藤倉大の協奏曲を演奏します。和楽器とオーケストラが生み出す新鮮なサウンドをお楽しみください。なお、同曲は、当初4月30日に世界初演を予定していましたが、公演が中止(無観客収録)になってしまったため、今回が聴衆の前での初お披露目になります。

7月21日(水)19時開演 サントリーホール《第610定期演奏会》
指揮=飯守泰次郎
モーツァルト:交響曲第35番「ハフナー」
ブルックナー:交響曲第4番「ロマンティック」
【チケット発売日】一般:6月13日(日)/読響会員優先:6月11日(金)

7月21日(水)《定期演奏会》には、マイスターの代役として、80歳の巨匠・飯守泰次郎が登場します。1964年に読響の副指揮者としてキャリアを積み始め、その後世界へと羽ばたいた飯守。今回、46年振りに《読響定期》に出演し、モーツァルト「ハフナー」とブルックナーの交響曲第4番「ロマンティック」を指揮します。飯守の渾身のタクトが生む、壮大なブルックナーの世界をご堪能ください。

7月22日(木・祝)19時30分開演 よみうり大手町ホール《第31回読響アンサンブル・シリーズ》
《日下紗矢子リーダーによる室内合奏団》
ヴィヴァルディ:「四季」から「春」
ゴリホフ:ラスト・ラウンド
ジェミニアーニ:合奏協奏曲第12番「ラ・フォリア」
ピアソラ(ホセ・ブラガート編):ブエノスアイレスの四季
【チケット発売日】一般:6月13日(日)/読響会員優先:6月11日(金)

※今後の状況の変化により、出演者や曲目が変更になることや、公演を急遽中止させていただく場合もございますので、何卒ご了承ください。
※ご購入いただいたチケットは、公演が中止になった場合以外でのキャンセル・払い戻しはできませんので、予めご了承ください。
※ご来場に際しては、「感染予防対策へのご協力のお願い」をご覧ください。

6月29日(火)《第609回定期演奏会》に当初出演を予定していたクラリネットのダニエル・オッテンザマーとファゴットのソフィー・デルヴォーは、政府の入国制限により来日できず、残念ながら出演できなくなりました。そのため、下記の通り一部曲目を変更します。誠に申し訳ございませんが、何卒ご理解くださいますよう、お願いいたします。なお、変更によるキャンセル・払い戻しはできません。

6月29日(火)19時開演 サントリーホール《第609回定期演奏会》
指揮=セバスティアン・ヴァイグレ(常任指揮者)
グルック(ワーグナー編):歌劇「オーリードのイフィジェニー」序曲
フランツ・シュミット:歌劇「ノートル・ダム」から間奏曲と謝肉祭の音楽
フランツ・シュミット:交響曲第4番

summer - コピー.jpg8月14日(土)と18日(水)に「読響サマーフェスティバル2021《三大協奏曲》&《三大交響曲》」(会場:東京芸術劇場)を開催します。

両公演を指揮するのは、20年以上にわたりドイツの歌劇場を拠点に活動を続け、現在ドルトムント歌劇場の音楽監督代理兼第一指揮者を務める小林資典(こばやし もとのり)。ドイツの劇場たたき上げの実力者が、オペラで培った豊かな音楽性を披露します。今回が、在京オーケストラへのデビューとなります。

14日(土)《三大協奏曲》では、医学の道を極めながら音楽家として目覚ましい活躍を見せる石上真由子(ヴァイオリン)、幼少から驚異的な才能でメキメキと頭角を現している17歳の北村陽(チェロ)、「Cateen(かてぃん)」の名で投稿したYouTubeの動画が話題を呼ぶなど若い世代を中心に人気沸騰中の新鋭・角野隼斗(すみの はやと/ピアノ)の3人による華麗な競演をお楽しみください。

18日(水)《三大交響曲》では、ドイツで活躍する小林資典が、〈未完成〉〈運命〉〈新世界〉という名曲中の名曲3つを一挙に指揮します。小林のタクトが生むドラマティックな演奏にご期待ください。

チケットは、6月18日(金)から読響会員優先発売、6月26日(土)から一般発売します。お申し込み・お問い合わせは、読響チケットセンター 0570-00-4390(10時~18時)まで。読響チケットWEB からもお申し込みいただけます。

8月14日(土)14時開演「読響サマーフェスティバル2021《三大協奏曲》」 会場:東京芸術劇場
指揮:小林資典
ヴァイオリン:石上真由子、チェロ:北村陽、ピアノ:角野隼斗
メンデルスゾーン/ヴァイオリン協奏曲 ホ短調
ドヴォルザーク/チェロ協奏曲
チャイコフスキー/ピアノ協奏曲第1番
【チケット】S席7,600円 A席6,600円 B席5,600円 C席4,100円
【発売日】読響会員優先発売:6月18日(金)/一般発売:6月26日(土)

■8月18日(水)18時30分開演「読響サマーフェスティバル2021《三大交響曲》」 会場:東京芸術劇場
指揮:小林資典
シューベルト/交響曲第7番「未完成」
ベートーヴェン/交響曲第5番「運命」
ドヴォルザーク/交響曲第9番「新世界から」
【チケット】S席7,600円 A席6,600円 B席5,600円 C席4,100円
【発売日】読響会員優先発売:6月18日(金)/一般発売:6月26日(土)

※今後の状況の変化により、公演を急遽中止させていただく場合もございますので、何卒ご了承ください。
※ご来場に際しては、「感染予防対策へのご協力のお願い」をご覧ください。

6月19日(土)「第237回土曜マチネーシリーズ」のチケットは、好評につき完売しました。

同プログラムの20日(日)「第237回日曜マチネーシリーズ」は残券僅か、22日(火)「第29回大阪定期演奏会」は絶賛発売中です。
お申し込みは、読響チケットセンター 0570-00-4390(10時~18時) もしくは 読響チケットWEB まで。どうぞ、お買い逃しなく。

IMG202105260947219.jpg

常任指揮者セバスティアン・ヴァイグレが、ドイツから無事に来日しました。「約3か月ぶりに来日できて嬉しいです。読響の皆さんと演奏することや、お客様と演奏会でお目にかかれることを、心から楽しみにしています」と笑顔で話しました。14日間の隔離措置を経て、リハーサルに臨み、6月14日から29日公演まで3プログラム、計6公演を指揮します。どうぞ、ご期待ください。なお、6月14日と15日公演に出演するヴァイオリンのアラベラ・美歩・シュタインバッハーも、すでに来日しています。


【公演情報】
6月14日(月)14時開演 ミューザ川崎《第2回川崎マチネーシリーズ》 
6月15日(火)19時開演 サントリーホール《第643回名曲シリーズ》
指揮=セバスティアン・ヴァイグレ、ヴァイオリン=アラベラ・美歩・シュタインバッハー
ヴェルディ:歌劇「運命の力」序曲
メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲
ブラームス:交響曲第1番

6月19日(土)14時開演 東京芸術劇場《第237回土曜マチネーシリーズ》
6月20日(日)14時開演 東京芸術劇場《第237回日曜マチネーシリーズ》
6月22日(火)19時開演 フェスティバルホール(大阪)《第29回大阪定期演奏会》
指揮=セバスティアン・ヴァイグレ、ピアノ=反田恭平
ワーグナー:歌劇「タンホイザー」序曲
シューマン:ピアノ協奏曲
チャイコフスキー:交響曲第5番

6月29日(火)19時開演 サントリーホール《第609回定期演奏会》
指揮=セバスティアン・ヴァイグレ
クラリネット=ダニエル・オッテンザマー、ファゴット=ソフィー・デルヴォー
グルック(ワーグナー編):歌劇「オーリードのイフィジェニー」序曲
R.シュトラウス:クラリネットとファゴットのための二重小協奏曲
フランツ・シュミット:交響曲第4番

※今後の状況の変化により、出演者や曲目が変更になることや、公演を急遽中止させていただく場合もございますので、何卒ご了承ください。
※ご購入いただいたチケットは、公演が中止になった場合以外でのキャンセル・払い戻しはできませんので、予めご了承ください。
※ご来場に際しては、「感染予防対策へのご協力のお願い」をご覧ください。

2021年1月19日に開催した《第_DSC78701 - コピー.jpg605回定期演奏会》のダイジェスト動画が 読響公式YouTubeチャンネル で公開中です。どうぞ、ご覧ください。
https://www.youtube.com/watch?v=SmlISg8HZ5Q

常任指揮者セバスティアン・ヴァイグレの指揮で、R.シュトラウスの交響詩「マクベス」、ヒンデミットの交響曲「画家マティス」などを披露。ヴァイグレのタクトは劇的かつ表現力に富んだ演奏を生み出し、聴衆や音楽関係者からも高い評価を得ました。ヴァイオリンの成田達輝を独奏に迎えたハルトマンの「葬送協奏曲」では、成田の鬼気迫る演奏が作品の魅力を浮き彫りにしました。