News

今月29日に登場するケラスのインタビューが読売新聞に掲載

11月29日(金)《第593回定期演奏会》で共演するチェロのジャン=ギアン・ケラスのインタビューが、読売新聞(10月24日/夕刊)に掲載されました。同公演で演奏するリゲティの2作品への想いを語っています。どうぞ、ご覧ください(読売新聞の許可を得て、画像を掲載します)。20191029183824-0001.jpg

12月22日公演は、完売しました

12月22日(日)「第223回日曜マチネーシリーズ」のチケットは、好評につき完売しました。

ベートーヴェン「第九」公演のチケットは、絶賛発売中です。20日公演は残券僅少です。
「第九」公演の残券情報:https://yomikyo.or.jp/dai9.php

9日と10日は、NISSAY OPERA「トスカ」に出演

トスカイメージ.jpg11月9日(土)と10日(日)は、日生劇場でのNISSAY OPERA2019 プッチーニ「トスカ」(主催:公益財団法人ニッセイ文化振興財団/日生劇場)に出演します。

公演詳細:https://www.nissaytheatre.or.jp/schedule/tosca2019/

指揮は、ボローニャ歌劇場、トリエステ歌劇場などを指揮し、国際的に活躍する園田隆一郎です。演出は日生劇場芸術参与を務め、イタリア・オペラで高い評価を得ている粟國淳。園田のタクトのもと、オーディションで選抜された歌手と読響によるドラマティックな演奏で、愛と憎しみの濃密なドラマをお楽しみください。


9日の前売りチケットは完売。10日公演は好評発売中です。
当日券の販売については、両日とも朝10時以降に日生劇場 03-3503-3111 にお問い合せください。

11月17日公演は、完売しました

11月17日(日)「第116回みなとみらいホリデー名曲シリーズ」のチケットは、好評につき完売しました。

同プログラムの16日(土)14時から千葉県松戸市の松戸・森のホール21で開催される「松戸・特別演奏会」のチケットは、絶賛発売中です。お申し込み・お問い合わせは、森のホール21チケットセンター 047-384-3331 まで。どうぞ、お聴き逃しなく!

11月16日「松戸・特別演奏会」:https://yomikyo.or.jp/concert/2019/03/post-568.php

12月21日公演は、完売しました

12月21日(土)「第223回土曜マチネーシリーズ」のチケットは、好評につき完売しました。

ベートーヴェン「第九」公演のチケットは、絶賛発売中です。20日公演は残券僅少です。
「第九」公演の残券情報:https://yomikyo.or.jp/dai9.php

来年4月、「東京・春・音楽祭2020」に出演!

東京春祭イメージ.jpg

「東京・春・音楽祭2020」(主催:同音楽祭実行委員会)のラインナップが発表され、読響は2020年4月18日(土)東京文化会館での「プッチーニ《三部作》(演奏会形式)」公演に出演いたします。

「東京・春・音楽祭」は、2005年に開始され、2020年で16回目の開催となります。桜咲く上野を舞台にした国内最大級のクラシック音楽の祭典です。読響の出演は、2011年、2019年に続き3度目となります。

2020年は3月13日(金)から4月18日(土)の5週間にわたって開催され、文化の集積地・上野公園の各施設(東京文化会館、各美術館・博物館等)を拠点に、国内外一流アーティストによるオペラ、オーケストラ、室内楽など200を超える公演が披露されます。

読響の公演は、2020年から新たに始まるプッチーニのオペラ・シリーズの1回目として開催されるもの。ウィーン国立歌劇場などで活躍する気鋭の女性指揮者スカップッチと、世界的なソリストとともにプッチーニの《三部作》と言われる「外套」「修道女アンジェリカ」「ジャンニ・スキッキ」の3作品を一挙に演奏します。どうぞ、ご期待ください。

チケットは11月17日(日)10時から先行発売、12月15日(日)10時から一般発売です。どうぞお買い逃しなく。

【東京・春・音楽祭公式HP】
https://www.tokyo-harusai.com/

「第九」に出演する小堀勇介さんが、日本音楽コンクールで優勝!

小堀勇介 クレ不要.jpg今年12月の読響「第九」公演に出演するテノールの小堀勇介さんが、10月25日(土)に行われた第88回日本音楽コンクール本選会の声楽部門で、優勝しました。
https://mainichi.jp/classic/articles/20191027/ddl/k13/040/077000c

読響「第九」公演でも、小堀さんの輝かしい歌声にご期待ください。

なお、「第九」公演は、12月17日(火)から24日(火)まで、東京・静岡・大阪で開催します。
【「第九」公演情報】:https://yomikyo.or.jp/dai9.php

チケットは、読響チケットセンター 0570-00-4390(10時~18時) 及び 読響WEB にて好評発売中です。

来年1月、「2020都民芸術フェスティバル」に出演!

logo.jpg「都民芸術フェスティバル」は、東京都により1968年度に開始され、2020年で52回目の開催となります。都民の皆様に様々な舞台芸術や芸能をご鑑賞いただき、芸術の普及と振興を図ることを目的とし、東京都歴史文化財団と東京都との共催で実施されています。読響は、「オーケストラ・シリーズ」の初回が開催された1970年から同フェスティバルに参加しています。

「2020都民芸術フェスティバル」は、2020年1月11日から3月29日まで都内各所で実施され、オーケストラ、室内楽、オペラ、現代演劇、バレエ、現代舞踊、邦楽、日本舞踊、能楽、民俗芸能、寄席芸能の全11分野にわたる様々な演目の公演が開催されます。

読響の公演は、8つの楽団が出演する「オーケストラ・シリーズ」の一環として、1月27日(月)に東京芸術劇場コンサートホールで開催されます。
https://tomin-fes.com/list/orchestra.html#section-2

今回は、2018年の東京国際音楽コンクール〈指揮〉で第2位に輝いた注目の新鋭・横山奏が読響に初登場し、ベートーヴェンの「皇帝」「運命」の2曲を指揮します。「皇帝」では、円熟味の増す名手・横山幸雄がソロを務めます。

本日から発売開始のセット券は、早くも完売。11月7日(木)から発売する1回券を、どうぞお買い逃しなく!

16日深夜の日テレで原田慶太楼指揮のファリャ&ヒナステラ作品を放映!

原田慶太楼3c_Claudia Hershner - コピー.jpgのサムネイル画像10月16日(水)深夜2時29分(17日の午前2時29分)から3時29分までの日本テレビ「読響シンフォニック・ライブ」では、6月26日の東京芸術劇場での公開収録から、アメリカを中心に活躍する期待の指揮者・原田慶太楼(写真©Claudia Hershner)が振ったファリャ「恋は魔術師」とヒナステラ「エスタンシア」の模様が放映されます。「恋は魔術師」の独唱は、メゾ・ソプラノの杉山由紀。

原田は、ヒューストン響やインディアナポリス響を振るなど国際的に活躍し、シンシナティ響のアシスタント・コンダクターを歴任、2020年シーズンから米ジョージア州サヴァンナ・フィルの音楽&芸術監督の就任が決まっている注目株。今回が読響との初共演でした。原田のエネルギッシュなタクトにより、二つのバレエ作品から溌剌としたリズムと色彩豊かなサウンドが生まれ、会場は大きな拍手に包まれました。

BS日テレでも10月26日(土)午前7時から放送される予定です。
【日本テレビ「読響シンフォニック・ライブ」ホームページ】:http://www.ntv.co.jp/yomikyo/

なお、原田は、来年1月5日(日)のウェスタ川越(埼玉県川越市)でのニューイヤー・コンサート(主催:指定管理者NeCST)で、読響と2度目の共演を果たします。どうぞ、ご注目ください。
【川越公演/公演情報】:https://www.westa-kawagoe.jp/event/detail.html?id=1737

明日14日、横浜公演の開催のお知らせ

この度の台風被害にあたり、お亡くなりになられた方々に対し、心からご冥福をお祈りいたします。また、被災された方々に対し、お見舞い申し上げます。


明日14日(月・祝)《第115回みなとみらいホリデー名曲シリーズ》は、予定通り開催します。

チケットは、読響チケットセンター 0570-00-4390 にて好評発売中です。
当日券は13時から販売します。学生券(2,000円/25歳以下/要学生証)の整理券も13時から配布します。皆様のご来場をお待ちしております。