News

10月20日(木)にトッパンホールで開催する鈴木鈴木優人4c_Marco Borggreve - コピー - コピー.jpg優人プロデュース《第35回読響アンサンブル・シリーズ》の曲目・チケット発売日が決定しました。チケット(全席指定)5,000円は、8月20日(土)から一般発売/8月16日(火)から会員優先発売します。

読響指揮者/クリエイティヴ・パートナーの鈴木優人がプロデュースし、指揮とピアノを務め、読響メンバーと室内楽作品などを披露します。今回、核となるのは、20世紀を代表するフランスの作曲家・指揮者のピエール・ブーレーズの作品。鈴木優人の指揮で、1曲目に「デリーヴ1」(編成:ヴァイオリン、チェロ、フルート、クラリネット、ヴィブラフォン、ピアノ)を演奏。後半には、南仏生まれの孤高の詩人ルネ・シャールの詩を用いたブーレーズの代表作「ル・マルトー・サン・メートル」(編成:アルト、ヴィオラ、フルート、ギター、打楽器)を披露します。この20世紀音楽の転換点の一つとなった傑作では、読響メンバーの他、フランスを拠点にバロック作品や近現代作品を得意とするメゾ・ソプラノの湯川亜也子、日本を代表するギタリストの大萩康司が共演します。その他、今年生誕100年を迎えたクセナキスの「プレクト」(編成:ヴァイオリン、チェロ、フルート、クラリネット、打楽器、ピアノ)、湯川の歌と鈴木優人のピアノによるドビュッシーの歌曲「マラルメの3つの詩」などを演奏します。

会場のトッパンホール(408席)は、国内有数の響きの良いホールで、いずれのお席からも舞台が見やすい贅沢な空間です。読響メンバーによる洗練されたアンサンブルを、どうぞお楽しみください。

チケットのお申込みは、読響チケットセンター 0570-00-4390(10時~18時) 及び 読響チケットWEB まで。

◆2022年10月20日(木)19時30分開演 会場:トッパンホール
《第35回読響アンサンブル・シリーズ[鈴木優人プロデュース/ル・マルトー・サン・メートル]》

【出演】
指揮、ピアノ、プロデュース=鈴木優人(読響指揮者/クリエイティヴ・パートナー)
アルト(メゾ・ソプラノ)=湯川亜也子
ヴァイオリン=林悠介(コンサートマスター)
ヴィオラ=鈴木康浩(ソロ・ヴィオラ)
チェロ=富岡廉太郎(首席)
フルート=片爪大輔
クラリネット=芳賀史徳
打楽器=金子泰士、西久保友広、野本洋介
ギター=大萩康司
ピアノ=大井駿

【曲目】
ブーレーズ:デリーヴ1
J.S.バッハ:ゴルトベルク変奏曲の主題に基づく14のカノン BWV1087
ドビュッシー:マラルメの3つの詩
クセナキス:プレクト
ブーレーズ:ル・マルトー・サン・メートル(主なき槌)
※19時からプレ・トークあり

【チケット料金】
全席指定 5,000円

12月16日(金)19時から東京芸術劇第九なし.png場にて《大成建設 Presents「第九」特別演奏会》を、20日(火)19時からサントリーホールにて《「第九」特別演奏会》を、25日(日)14時から横浜みなとみらいホールにて《大成建設 Presents「第九」特別演奏会》を開催します。

3つの「第九」特別演奏会、及び12月の《土曜・日曜マチネーシリーズ》《名曲シリーズ》、計6公演のチケットを、9月3日(土)から一般発売/8月29日(月)から読響会員優先発売します。

12月22日(木)《大阪定期演奏会》のチケットは、9月4日(日)から一般発売/8月30日(火)から読響会員優先発売します。

読響の指揮者/クリエイティヴ・パートナーの鈴木優人がベートーヴェンの「第九」を指揮し、鮮烈なサウンドを響かせるでしょう。キャロリン・サンプソン(ソプラノ)、オリヴィア・フェアミューレン(メゾ・ソプラノ)、櫻田亮(テノール)、クリスティアン・イムラー(バス)の実力派4人が共演。日本を代表するプロ合唱団の新国立劇場合唱団が、“歓喜の歌”を高らかに響かせます。

また、東京・横浜公演では、第1部として鈴木優人によるオルガン演奏(約15分)があります。

◆12月16日(金)19時 東京芸術劇場 《大成建設 Presents「第九」特別演奏会》
◆12月17日(土)14時 東京芸術劇場 《第253回土曜マチネーシリーズ》
◆12月18日(日)14時 東京芸術劇場 《第253回日曜マチネーシリーズ》
◆12月20日(火)19時 サントリーホール 《「第九」特別演奏会》
◆12月21日(水)19時 サントリーホール 《第658回名曲シリーズ》
◆12月22日(木)19時 フェスティバルホール 《第34回大阪定期演奏会》
◆12月25日(日)14時 横浜みなとみらいホール 《大成建設 Presents「第九」特別演奏会》

指揮=鈴木優人(指揮者/クリエイティヴ・パートナー)
ソプラノ=キャロリン・サンプソン メゾ・ソプラノ=オリヴィア・フェアミューレン
テノール=櫻田亮 バス=クリスティアン・イムラー
合唱=新国立劇場合唱団(合唱指揮=冨平恭平)

ベートーヴェン:交響曲第9番 ニ短調 作品125「合唱付き」
※東京・横浜公演は、前半に鈴木優人によるオルガン独奏(約15分)あり。

チケット料金
【東京・横浜】:S9,700円、A7,600円、B6,100円、C4,600円
【大阪】:BOX9,700円、S7,300円、A6,200円、B5,200円

主催:読売新聞社、日本テレビ放送網、読売テレビ、読売日本交響楽団
共催:公益財団法人東京都歴史文化財団 東京芸術劇場(17日、18日)
特別協賛:大成建設株式会社(16日、25日)
協賛:非破壊検査株式会社(22日)、大和ハウス工業株式会社(22日)
助成:文化庁文化芸術振興費補助金(舞台芸術創造活動活性化事業) | 独立行政法人日本芸術文化振興会(17日、18日、21日)
事業提携:公益財団法人東京都歴史文化財団 東京芸術劇場(16日)
協力:コジマ・コンサートマネジメント(22日)、横浜みなとみらいホール(25日)

8月1日付で中舘壮志(なかだて そうし)が首席クラリネッ中舘壮志.JPGト奏者として、入団いたしました。今年1月から契約団員として出演し、6か月のテスト期間を終えました。

入団にあたって「学生の頃から憧れていた読響の一員になり、非常に嬉しい反面、大きな責任と緊張を感じております。オーケストラの素晴らしさや楽しさを伝えられるよう、今後も一層努力してまいりたいと思います」と抱負を述べています。

【プロフィール】1991年、茨城県出身。東京芸術大学音楽学部卒業。第87回日本音楽コンクール第1位、岩谷賞(聴衆賞)、瀬木賞、E.ナカミチ賞受賞。第33回日本管打楽器コンクール第1位、文部科学大臣賞、東京都知事賞、東京シティ・フィル特別賞。大学在学中に「安宅賞」受賞。ソリストとして東京フィル、新日本フィル、東京シティ・フィル、芸大フィル、セントラル愛知響と共演。東京オペラシティ主催「B→C」、NHK FM「リサイタル・ノヴァ」、東京・春・音楽祭などに出演。クラリネットを有馬理絵、月村淳、栄村香、山本正治、伊藤圭の各氏に師事。東京芸術大学、洗足学園音楽大学、各非常勤講師。ビュッフェ・クランポン契約講師。2017年から21年まで新日本フィルの副首席クラリネット奏者を務めた。

20220728.jpg

明日7月29日(金)19時から、ミューザ川崎シンフォニーホールにて、「フェスタサマーミューザKAWASAKI 2022 読売日本交響楽団」(主催:川崎市、ミューザ川崎シンフォニーホール)が開催されます。

【公演詳細】https://www.kawasaki-sym-hall.jp/festa/calendar/detail.php?id=3163

首都圏のオーケストラが川崎に集結する毎年恒例の真夏の音楽祭。今年は、2024年末で引退を表明している“カリスマ”井上道義が、ハイドンの交響曲第45番「告別」とブルックナーの交響曲第9番を指揮します。井上と読響によるブルックナー演奏は、2019年7月の同音楽祭で交響曲第8番を演奏し、2020年11月の読響主催《土曜・日曜マチネーシリーズ》で交響曲第7番を演奏し、何れも絶賛されました。今回、満を持して交響曲第9番に臨みます。また、どうぞ、ご期待ください。開演前(18時20分~)には、井上によるプレ・トークもございます。

チケット(S席は完売、A席4,000円、B席3,000円)は、好評発売中。当日券は、10時から4階チケットカウンターにて販売、18時からホール入り口脇の当日券カウンターにて販売します。また、オンライン鑑賞券(1,500円)も発売中です。

2022072211.jpg明日7月22日(金)19時からサントリーホールにて《第619回定期演奏会》を開催します。

ザルツブルク音楽祭やウィーン国立歌劇場で活躍し欧州で注目を浴びるアレホ・ペレスが読響主催公演に初登場し、師エトヴェシュの新作やショスタコーヴィチ「1917年」などを披露します。「1917年」は、「革命」という人間社会の壮大なテーマをもとに、豊富な音楽的内容を敷き詰めた一曲。冒頭から打楽器が打ち鳴らされて、爆発を繰り返す一方、一糸乱れぬ弦楽器が緊張感を孕んだ響きを生み出します。終楽章では、金管楽器が咆哮し会場を興奮の坩堝へと巻き込むでしょう。前半には、世界的ヴァイオリニスト諏訪内晶子とアルゲリッチから絶賛されるピアノの名手ボジャノフが登場。メンデルスゾーンの「ヴァイオリンとピアノのための協奏曲」で丁々発止のソロを展開します。

出演者のプロフィール、曲目解説などは、以下のリンク(PDF)でご覧いただけます。
https://yomikyo.or.jp/pdf/book/orchestra202207-01.pdf

当日券は、18時から販売します。また、学生券(2,000円/要学生証)の整理券も18時から配布します。皆様のご来場をお待ちしております。

第619回定期演奏会

2022年7月22日〈金〉 サントリーホール

指揮=アレホ・ペレス
ヴァイオリン=諏訪内晶子
ピアノ=エフゲニ・ボジャノフ

エトヴェシュ:セイレーンの歌(日本初演)
メンデルスゾーン:ヴァイオリンとピアノのための協奏曲
ショスタコーヴィチ:交響曲第12番「1917年」

20220528_HRI-0375 - コピー.JPG

明日7月20日(水)深夜26時35分(21日の午前2時35分)からの日本テレビ「読響プレミア」では、今年5月28日(土)東京芸術劇場での《第247回土曜マチネーシリーズ》から、上岡敏之の指揮で、チャイコフスキーの交響曲第6番「悲愴」をノーカットで放送します。

上岡敏之は、ヘッセン州立歌劇場やザールラント州立歌劇場の音楽総監督、ヴッパータール市立歌劇場インテンダントなどドイツで要職を歴任。現在もドイツを拠点に活動し、コペンハーゲン・フィルの首席指揮者を務めています。今年5月、約6年半ぶりに読響の指揮台に上がりました。

チャイコフスキーの有名曲「悲愴」で、上岡は独自の解釈でオーケストラを巧みに指揮し、圧倒的な演奏を繰り広げました。終演後、会場は熱烈な拍手に包まれ、音楽関係者からも高い評価を得ました。“鬼才”上岡と読響の渾身の演奏を、どうぞお楽しみください。ナビゲーターは、村重杏奈。

日本テレビ「読響プレミア」ホームページ:http://www.ntv.co.jp/yomikyo/

同放送は、BS日テレでも7月30日(土)午前7時から放送される予定です。


村治奏一.png7月26日(火)《第653回名曲シリーズ》に出演を予定していたギターの村治佳織は、健康上の理由により出演できなくなりました。代わりに、村治佳織の実弟で、幅広い活動を展開している実力派・村治奏一が出演します。曲目の変更はございません。

誠に申し訳ございませんが、何卒ご理解くださいますよう、お願いいたします。なお、変更によるキャンセル・払い戻しはできません。

■7月26日(火)19時開演 サントリーホール《第653回名曲シリーズ》
指揮=アレホ・ペレス
ギター=村治奏一

ロッシーニ:歌劇 「泥棒かささぎ」 序曲
ロドリーゴ:アランフェス協奏曲
サン=サーンス:交響曲第3番 「オルガン付き」

■村治奏一(ギター)/プロフィール
クラシカル・ギター・コンクール、東京国際ギター・コンクールなどで優勝。ボストンのニュー・イングランド音楽院、ニューヨークのマンハッタン音楽院などで学ぶ。これまで、モンテカルロ・フィル、ウィーン室内管、読響、N響、都響など国内外の楽団と共演し、アメリカやアジア各地で活動を展開。NHK「トップランナー」「スタジオパーク」、TV朝日「題名のない音楽会」「徹子の部屋」など多数のメディア出演、NHK-BS「街道てくてく旅~熊野古道をゆく~」のテーマ曲の作曲・演奏など多彩に活躍している。2019年冬にプレミアムライブ「TONES Live」をスタート。毎月ソロリサイタルを開催している。

10月8日~10日に岩手県盛岡市、宮城県石巻市、福島県いわコバケン×角野_正方形.pngき市で開催する読響創立60周年東北公演「小林研一郎×角野隼斗」(読響60周年東北公演オフィシャル・スポンサー:大成建設株式会社)の岩手公演と石巻公演のチケット発売日が決まりました。

10月8日(土)15時から岩手県民会館で開催する「とうぎんスペシャル 読響創立60周年記念 岩手特別演奏会」のチケットは、7月20日(水)から読響チケットセンター 0570-00-4390、読響チケットWEB などで発売します。
【詳細】https://yomikyo.or.jp/concert/2022/06/-60-1.php#concert

10月9日(日)15時からマルホンまきあーとテラス(石巻市芸術文化センター)で開催する「オーケストラキャラバン 読響創立60周年記念 石巻特別演奏会」のチケットは、7月30日(土)から読響チケットセンター 0570-00-4390、読響チケットWEB など発売します。
【詳細】https://yomikyo.or.jp/concert/2022/06/-60-2.php#concert

82歳の今もエネルギー漲る指揮で絶大な人気を誇る名匠・小林研一郎と、“かてぃん”の名のYouTube動画が話題沸騰の新時代のピアニスト角野隼斗が初共演する話題のコンサート。小林は、“十八番”とするチャイコフスキーの交響曲第5番で力強いサウンドを引き出し、興奮のフィナーレへと誘います。角野は、有名なラフマニノフのピアノ協奏曲第2番でロマンティックな旋律を透明感あふれるタッチで弾き、聴衆を魅了するでしょう。

なお、10月10日(月・祝)16時からの「読響創立60周年記念 いわき特別演奏会」のチケットは、絶賛発売中(S席は完売)です。
【詳細】https://yomikyo.or.jp/concert/2022/03/-60.php#concert