News

9.22.jpg明日9月24日(土)と25日(日)、各14時から東京芸術劇場コンサートホールにて《第250回土曜・日曜マチネーシリーズ》を開催します。常任指揮者セバスティアン・ヴァイグレが、リムスキー=コルサコフの交響組曲「シェエラザード」などを指揮します。

グリンカの歌劇 「ルスランとリュドミラ」 序曲で華々しく開幕し、続いてラフマニノフ「パガニーニの主題による狂詩曲」を演奏。ピアノの独奏を務めるのは、独創的な解釈で欧州で注目を浴びる新星コレスニコフ。繊細なタッチと抜群のテクニックで、聴衆を魅了するでしょう。

後半には、リムスキー=コルサコフの「シェエラザード」を披露します。ヴァイグレのタクトは、弦楽器を豊かなニュアンスで歌わせ、華麗なサウンドを引き出すでしょう。オペラのようにドラマティックな表現を生み、会場を熱狂へと誘います。コンサートマスターの林悠介のソロでの艶やかな音色もご堪能ください。

当日券は、両日とも13時から販売します。また、学生券(2,000円/要学生証)の整理券も13時から配布します。皆様のご来場をお待ちしております。

第250回土曜マチネーシリーズ

2022年9月24日〈土〉 東京芸術劇場

指揮=セバスティアン・ヴァイグレ
ピアノ=パヴェル・コレスニコフ

グリンカ:歌劇「ルスランとリュドミラ」序曲
ラフマニノフ:パガニーニの主題による狂詩曲
リムスキー=コルサコフ:交響組曲「シェエラザード」

第250回日曜マチネーシリーズ

2022年9月25日〈日〉 東京芸術劇場

指揮=セバスティアン・ヴァイグレ
ピアノ=パヴェル・コレスニコフ

グリンカ:歌劇「ルスランとリュドミラ」序曲
ラフマニノフ:パガニーニの主題による狂詩曲
リムスキー=コルサコフ:交響組曲「シェエラザード」

12月7日(水)に長原アンサンブル.pngトッパンホールで開催する《第36回読響アンサンブル・シリーズ/長原幸太リーダーの室内楽》の出演者とチケット発売日が決定しました。チケット(全席指定)5,000円は、10月2日(日)から一般発売/9月27日(火)から読響会員優先発売します。

読響コンサートマスターの長原幸太がリーダーを務め、ソロ・ヴィオラの鈴木康浩、首席チェロ奏者の富岡廉太郎ら読響メンバーとロシアの3つの弦楽作品を披露します。

チャイコフスキーに学んだタネーエフの大作、弦楽五重奏第2番を前半に置き、後半にはロシア五人組のボロディンの弦楽六重奏と、キーウに生まれてタネーエフに学んだグリエールの弦楽八重奏曲を演奏します。

会場のトッパンホール(408席)は、国内有数の響きの良いホールで、いずれのお席からも舞台が見やすい贅沢な空間です。読響メンバーによる洗練されたアンサンブルを、どうぞお楽しみください。

チケットのお申込みは、読響チケットセンター 0570-00-4390(10時~18時) 及び 読響チケットWEB まで。

◆2022年12月7日(水)19時30分開演 会場:トッパンホール
《第36回読響アンサンブル・シリーズ/長原幸太リーダーの室内楽》

【出演】
ヴァイオリン=長原幸太(コンサートマスター)、岸本萌乃加(次席)、對馬哲男(次席)、武田桃子
ヴィオラ=鈴木康浩(ソロ・ヴィオラ)、正田響子
チェロ=富岡廉太郎(首席)、唐沢安岐奈

【曲目】
タネーエフ:弦楽五重奏曲第2番 ハ長調 作品16
ボロディン:弦楽六重奏曲 ニ短調
グリエール:弦楽八重奏曲 ニ長調 作品5
※19時からプレ・トークあり

【チケット料金】
全席指定 5,000円

20220823_0139 - コピー.JPG

明日9月21日(水)深夜26時35分(22日の午前2時35分)からの日本テレビ「読響プレミア」では、8月23日(火)にサントリーホールで開催された《第620回定期演奏会》から、ユライ・ヴァルチュハの指揮によるマーラーの交響曲第9番を、番組枠を拡大し、ノーカットで放送します。ナビゲーターは、ふかわりょう。

スロヴァキアの指揮者ヴァルチュハは、ベルリン・フィルをはじめ欧州の一流楽団や歌劇場で指揮を務めて大絶賛され、今年6月から米国ヒューストン響のポストに着任しました。今、まさに大躍進を遂げている気鋭が今回、読響デビューを飾りました。

マーラーの交響曲第9番では、各楽器から湧き上がる旋律をエネルギッシュに描きあげ、死へと迫る狂気を露わに浮き立たせました。終演後は、何度もカーテンコールが続くほど、お客様から盛大な拍手を受けました。ヴァルチュハの読響デビュー公演を、どうぞお楽しみに。

日本テレビ「読響プレミア」ホームページ:http://www.ntv.co.jp/yomikyo/

同放送は、BS日テレでも10月1日(土)午前7時から放送される予定です。

1-3.png

《定期演奏会》《名曲》《土曜マチネー》《日曜マチネー》《川崎マチネー》の各シリーズの2023年1~3月に開催する全11公演の1回券を、10月15日(土)から一般発売/10月7日(金)から読響会員優先発売します。
 
1月は、国際的に華々しく活躍する首席客演指揮者の山田和樹がマーラー「悲劇的」、R.シュトラウス「アルプス交響曲」、チャイコフスキー「マンフレッド交響曲」など大作を並べた重量級の3プログラムを指揮します。

2月には、常任指揮者ヴァイグレがシューマンの交響曲第2番を振るほか、ボストン響にデビューして欧米で注目を浴びる新星ラキティナ、ハイデルベルク市立劇場の音楽総監督を務めるグランディが指揮台に上がります。

3月には、指揮者/クリエイティヴ・パートナーの鈴木優人が自作の新曲、ヴィトマン、シューベルト作品を披露し、特別客演指揮者の小林研一郎がチャイコフスキーの交響曲第4番などに熱い思いを込めます。
 
フランスを代表する俊英ヴァイオリニストのルノー・カプソン、世界的ヴィオラ奏者のタメスティ、現代最高峰の“ピアノの怪人”ポゴレリッチ、世界各地で称賛を得ているメゾ・ソプラノのアンナ・ルチア・リヒターらバラエティに富んだソリストたちとの共演にもご期待ください。
 
チケットのお申し込みは、読響チケットセンター 0570-00-4390(10時~18時・年中無休)へお電話いただくか、読響チケットWEB でもお買い求めいただけます。完売が予想される公演もございますので、どうぞお買い逃しなく。

第254回日曜マチネーシリーズ

2023年1月 8日〈日〉 東京芸術劇場

指揮=山田和樹
ピアノ=イーヴォ・ポゴレリッチ

チャイコフスキー:「眠りの森の美女」から“ワルツ”
プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第3番
チャイコフスキー:マンフレッド交響曲

第659回名曲シリーズ

2023年1月13日〈金〉 サントリーホール

指揮=山田和樹

黛敏郎:曼荼羅交響曲
マーラー:交響曲第6番「悲劇的」

第255回土曜マチネーシリーズ

2023年2月11日〈土・祝〉 東京芸術劇場

指揮=エリアス・グランディ
メゾ・ソプラノ=アンナ・ルチア・リヒター


モーツァルト:歌劇「ドン・ジョヴァンニ」から序曲、“薬屋の歌”
歌劇「フィガロの結婚」から“自分で自分がわからない”“恋とはどんなものかしら”
歌劇「皇帝ティートの慈悲」から“私は行く、でも愛しい人よ”

ブラームス:交響曲第1番 他

第625回定期演奏会

2023年2月22日〈水〉 サントリーホール

指揮=アンナ・ラキティナ
ヴァイオリン=ルノー・カプソン

エレナ・ランガー:歌劇「フィガロの離婚」組曲(日本初演)
エスケシュ:ヴァイオリン協奏曲(日本初演)
チャイコフスキー:交響曲第1番「冬の日の幻想」

第626回定期演奏会

2023年3月 9日〈木〉 サントリーホール

指揮=鈴木優人
ヴィオラ=アントワーヌ・タメスティ

鈴木優人:読響創立60周年記念委嘱作品(世界初演)
ヴィトマン:ヴィオラ協奏曲(日本初演)
シューベルト:交響曲第5番

第8回川崎マチネーシリーズ

2023年3月17日〈金〉 ミューザ川崎シンフォニーホール

指揮=小林研一郎
ピアノ=仲道郁代

グリーグ:ピアノ協奏曲
チャイコフスキー:交響曲第4番

9月14日(水)「第655回名曲シリーズ」のチケットを、9月8日(木)10時から追加発売します。
 
同公演は、完売となっておりましたが、関係者席などの最終調整を行い、S席とA席を合わせて約40枚を追加で販売します。お申し込みは、読響チケットセンター0570-00-4390(10時~18時) 及び 読響チケットWEBまで。

常任指揮者ヴァイグレが、R.シュトラウスの交響詩「英雄の生涯」などを指揮し、ドラマティックな表現で華麗なサウンドを響かせます。前半には、国民的人気ピアニストの辻井伸行がベートーヴェンのピアノ協奏曲第3番をを披露し、ベートーヴェンの音楽の神髄に迫ります。どうぞ、ご期待ください。

第655回名曲シリーズ

2022年9月14日〈水〉 サントリーホール

指揮=セバスティアン・ヴァイグレ
ピアノ=辻井伸行

レズニチェク:歌劇「ドンナ・ディアナ」序曲
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第3番
R.シュトラウス:交響詩「英雄の生涯」

第九なし.png

12月16日(金)~12月25日(日)に、東京芸術劇場、サントリーホール、横浜みなとみらいホールで開催するベートーヴェン「第九」公演(計6公演)のチケットを、本日9月3日(土)から一般発売します。

読響の指揮者/クリエイティヴ・パートナーの鈴木優人がベートーヴェンの「第九」を指揮し、鮮烈なサウンドを響かせるでしょう。キャロリン・サンプソン(ソプラノ)、オリヴィア・フェアミューレン(メゾ・ソプラノ)、櫻田亮(テノール)、クリスティアン・イムラー(バス)の実力派4人が共演。日本を代表するプロ合唱団の新国立劇場合唱団が、“歓喜の歌”を高らかに響かせます。

また、第1部として鈴木優人によるオルガン演奏(約15分)があります。

◆12月16日(金)19時 東京芸術劇場 《大成建設 Presents「第九」特別演奏会》
◆12月17日(土)14時 東京芸術劇場 《第253回土曜マチネーシリーズ》
◆12月18日(日)14時 東京芸術劇場 《第253回日曜マチネーシリーズ》
◆12月20日(火)19時 サントリーホール 《SHINRYO Presents「第九」特別演奏会》
◆12月21日(水)19時 サントリーホール 《第658回名曲シリーズ》
◆12月25日(日)14時 横浜みなとみらいホール 《大成建設 Presents「第九」特別演奏会》

指揮=鈴木優人(指揮者/クリエイティヴ・パートナー)
ソプラノ=キャロリン・サンプソン メゾ・ソプラノ=オリヴィア・フェアミューレン
テノール=櫻田亮 バス=クリスティアン・イムラー
合唱=新国立劇場合唱団(合唱指揮=冨平恭平)

ベートーヴェン:交響曲第9番 ニ短調 作品125「合唱付き」
※前半に鈴木優人によるオルガン独奏(約15分)あり。

チケット料金
S9,700円、A7,600円、B6,100円、C4,600円

主催:読売新聞社、日本テレビ放送網、読売テレビ、読売日本交響楽団
共催:公益財団法人東京都歴史文化財団 東京芸術劇場(17日、18日)
特別協賛:大成建設株式会社(16日、25日)
特別協賛:新菱冷熱工業株式会社(20日)
助成:文化庁文化芸術振興費補助金(舞台芸術創造活動活性化事業) | 独立行政法人日本芸術文化振興会(17日、18日、21日)
事業提携:公益財団法人東京都歴史文化財団 東京芸術劇場(16日)
協力:横浜みなとみらいホール(25日)

10月8日(土)岩手県民会館「とうぎんスペシャル 読響創立60周年記念 岩手特別演奏会」(主催:岩手県文化振興事業団、テレビ岩手、読売日本交響楽団)のチケットは、好評につき完売しました。

同プログラムの、10月9日(日)マルホンまきあーとテラス(石巻市複合文化施設) オーケストラキャラバン 読響創立60周年記念 石巻特別演奏会」のチケットは、好評発売中です。どうぞ、お買い逃しなく。

お申し込みは、読響チケットセンター 0570-00-4390(10時~18時) もしくは 読響チケットWEB まで。

明日9月3日(土202209021.jpg)14時から、かつしかシンフォニーヒルズで「熱狂のボレロ&荘村清志らによる4本のギター協奏曲」公演(主催:葛飾区文化施設指定管理者)を開催します。

【公演詳細】https://www.k-mil.gr.jp/program/symphony/2022/0903.html#info

近年メキメキと頭角を現している太田弦が「カルメン」「ボレロ」などを名曲を指揮します。太田のダイナミックなタクトが、読響から華麗なサウンドを引き出すでしょう。どうぞ、ご堪能ください。

前半には、荘村清志、福田進一、鈴木大介、大萩康司の4人のギタリストがソリストとして登場し、ロドリーゴの「4つのギターと管弦楽のための『アンダルシア協奏曲』」を演奏します。4本のギター協奏曲は大変珍しく、読響がこの曲を演奏するは今回が初めて。日本を代表するギタリストたちによる豪華共演をお楽しみください。

会場の「かつしかシンフォニーヒルズ」は、どの席からも見やすい1300席ほどの贅沢なつくりのホールで、国内でもトップクラスの音響性能を備えています。
 
チケット(S席6,800円、A席6,300円)は好評発売中です。お申し込みは、かつしかシンフォニーヒルズ 03-5670-2233 まで。

当日券は、開演1時間前の13時から販売します。皆様のご来場、お待ちしております。

20220826.jpg

明日8月27日(土)と28日(日)、各14時から東京芸術劇場コンサートホールにて《第249回土曜・日曜マチネーシリーズ》を開催します。スロヴァキアの鬼才ユライ・ヴァルチュハが、ブラームスのピアノ協奏曲第1番とメンデルスゾーンの交響曲第3番「スコットランド」を披露します。

ヴァルチュハは、今週23日(火)《第620回定期演奏会》で、マーラーの交響曲第9番などを指揮し、読響デビューを果たしました。終演後は、何度もカーテンコールが続くほど、お客様から盛大な拍手を受けました。二つ目のプログラムとなる《土曜・日曜マチネーシリーズ》では、ドイツ・ロマン派の二つの名曲を指揮し、その真価を発揮します。後半の「スコットランド」では、弦楽器や木管楽器を豊かなニュアンスで歌い込ませ、躍動感あふれるリズムを引き出すでしょう。

前半には、ドイツを拠点として充実した活動を続けている河村尚子が共演。読響とは2009年以来、度々共演を続けており、2020年10月には、ラフマニノフの「パガニーニの主題による狂詩曲」を弾き、聴衆を魅了しました。今回、ブラームスの傑作と名高いピアノ協奏曲第1番に挑み、更なる深い芸術性へと迫ります。どうぞ、ご期待ください。

当日券は、両日とも13時から販売します。また、学生券(2,000円/要学生証)の整理券も13時から配布します。皆様のご来場をお待ちしております。

第249回土曜マチネーシリーズ

2022年8月27日〈土〉 東京芸術劇場

指揮=ユライ・ヴァルチュハ
ピアノ=河村尚子

ブラームス:ピアノ協奏曲第1番
メンデルスゾーン:交響曲第3番「スコットランド」

第249回日曜マチネーシリーズ

2022年8月28日〈日〉 東京芸術劇場

指揮=ユライ・ヴァルチュハ
ピアノ=河村尚子

ブラームス:ピアノ協奏曲第1番
メンデルスゾーン:交響曲第3番「スコットランド」