News

2019年度《読響アンサンブル・シリーズ》の年間会員券、17日(日)発売

ensemble2019.jpg2019年度の《読響アンサンブル・シリーズ》の年間会員券(4回連続券)を、2月17日(日)から一般発売します。現在、読響会員は優先発売中。

よみうり大手町ホールで開催する《読響アンサンブル・シリーズ》は、チケットの完売が続いている人気シリーズです。2019年度も豪華メンバーが、バラエティに富んだ曲目をお届けします。 

2019年度は、読響特別客演コンサートマスターの日下紗矢子、ソロ・ヴィオラの鈴木康浩、ピアノの上岡敏之と中川賢一が登場。7月12日(金)には鈴木康浩によるプロデュースで、鈴木が長原幸太、富岡廉太郎らとブラームスの弦楽五重奏曲第2番などを披露します。11月18日(月)には“現代音楽のスペシャリスト”中川賢一が、読響メンバーとスティーヴ・ライヒとメシアンを演奏し、作品の真髄に迫ります。1月10日(金)は、日下紗矢子がリーダーを務め、モーツァルトのディヴェルティメント第11番とシェーンベルクの「浄夜」で妥協を許さぬアンサンブルを繰り広げます。2月14日(金)は、指揮者として独自の音楽を追及する上岡敏之がピアノの腕前を披露し、ショーソンとフォーレで独自の世界を作ります。

会場の「よみうり大手町ホール」は、地下鉄「大手町」駅から直結しており、アクセスも抜群。客席最後列から舞台まで約21メートルと近く、息づかいが感じられる501席の空間です。普段の大ホールでの演奏とはひと味違う音楽の魅力を、どうぞお楽しみください。

年間会員券(4回連続券):13,600円(全席指定)
お申し込み:読響チケットセンター 0570-00-4390(10時~18時)
発売日:2月17日(日)
詳しくは、こちらをご覧ください。

反田恭平が登場!4月〈パルTAMA主催しんゆり名曲〉、16日(土)発売

shinyuri1904.jpg4月7日(日)に昭和音楽大学テアトロ・ジーリオ・ショウワ(新百合ヶ丘駅徒歩4分)にて開催する「パルTAMA主催 読響しんゆり名曲コンサート」のチケットを2月16日(土)に発売します。チケットは、一般4,800円、一般親子ペア5,800円です。

現在、お得な2回セット券も、一般料金9,400円、アテナ会員7,300円(年会費2,000円で同時入会可)で、好評発売中です。

お申し込みは、読響チケットセンター 0570-00-4390(10時~18時)、読響チケットWEB もしくはチケットパルテノン 042-376-8181(休館日を除く10時~18時)まで。詳しくは、パルテノン多摩HPのこちらをご覧ください。

◆4月7日(日)15時開演 昭和音楽大学テアトロ・ジーリオ・ショウワ
指揮:広上淳一 ピアノ:反田恭平
ベートーヴェン/「エグモント」序曲
チャイコフスキー/ピアノ協奏曲第1番
ベートーヴェン/交響曲第7番

詳しくは、しんゆり名曲シリーズチラシ(PDF)をご覧ください。

2019年度《大阪定期演奏会》会員券(3回セット券)好評発売中!

2019年度の《大阪定期演奏会》の会員券(3回セット券)が好評発売中です。

2018年度は1400名以上の年間会員のお客様に支えられ、全公演のチケットが完売した大人気シリーズ。2019年度も豪華出演者が集い、極上の演奏をお届けします。

osaka20192020.jpgのサムネイル画像7月はシカゴ響などに客演する巨匠トーヴェイが、ホルストの「惑星」で壮大な世界を描きます。チャイコフスキー国際コンクールで物議を醸した鬼才ドゥバルグが弾く、ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番にも期待が高まります。12月はザルツブルク音楽祭などに招かれるボルトンが「第九」を披露。日本が誇るプロ合唱団の新国立劇場合唱団と、歓喜の歌を高らかに響かせます。2月は首席客演指揮者の山田和樹が「巨人」で会場を興奮の渦へと誘い、奇抜なファッションとフレンドリーな笑顔で人気のラドゥロヴィチは、ハチャトゥリアンの難曲で情熱的なソロを披露します。

◇詳細は以下をご覧ください。
7月17日(水)19時 《第23回大阪定期演奏会》
12月24日(火)19時 《第24回大阪定期演奏会》
2月4日(火)19時 《第25回大阪定期演奏会》

会員券は、1回券でお聴きいただくよりも最大で約30%も安くなっており、読響CD(非売品)やチケットホルダーなど特典も多数ございます。年間会員券(3回連続券)は、S席13,600円、A席11,700円、B席9,800円、学生4,500円です。

お申し込みは、読響チケットセンター0570-00-4390(10時~18時・年中無休)、読響チケットWEB:http://yomikyo.pia.jp/まで。フェスティバルホールチケットセンター06-6231-2221(WEBhttp://www.festivalhall.jp/ticket.html )でも販売しています。

第23回大阪定期演奏会

2019年7月17日〈水〉 フェスティバルホール(大阪)

指揮=ブラムウェル・トーヴェイ
ピアノ=リュカ・ドゥバルグ
女声合唱=昭和音楽大学

ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番 ハ短調 作品18
ホルスト:組曲「惑星」作品32

第24回大阪定期演奏会

2019年12月24日〈火〉 フェスティバルホール(大阪)

指揮:アイヴァー・ボルトン
ソプラノ=サリー・マシューズ
メゾ・ソプラノ=池田香織
テノール=小堀勇介
バリトン=トーマス・オリーマンス
合唱=新国立劇場合唱団(合唱指揮=三澤洋史)

ベートーヴェン:交響曲第9番 ニ短調 作品125「合唱付き」

第25回大阪定期演奏会

2020年2月 4日〈火〉 フェスティバルホール(大阪)

指揮=山田和樹
ヴァイオリン=ネマニャ・ラドゥロヴィチ

マーラー:花の章
ハチャトゥリアン:ヴァイオリン協奏曲 ニ短調
マーラー:交響曲第1番 ニ長調 「巨人」

新入団のお知らせ[ホルン:矢野健太]

矢野健太.jpg2月1日付で矢野健太(やの けんた)がホルン奏者として、入団いたしました。昨年7月から契約団員として出演、6か月のテスト期間を終えました。

入団にあたって「先輩方が築き上げてきた読響という素晴らしいオーケストラの一員としてこれから演奏できることを大変嬉しく思っております。日々感謝の気持ちを忘れず、聴きに来てくださるお客様の心に響くような演奏ができるよう精進して参りたいと思います」と抱負を述べています。

 【プロフィール】1992年、東京都出身。13歳でホルンを始める。2015年3月に東京芸術大学音楽学部を卒業。在学中、推薦により芸大定期/室内楽第41回に出演。第36回霧島国際音楽祭賞を受賞。第3回日本ホルン・コンクール第4位。これまでにN響、都響、東響、日本フィル、東京フィルなどにエキストラとして出演。ホルンを守山光三、西條貴人、日高剛、伴野涼介の各氏に師事。室内楽を古田俊博、岡本正之の各氏に師事。またヴォルフガング・トムベック、アンドレ・カザレの各氏のマスタークラスを受講した。

1月公演の批評が、朝日新聞、日経新聞、毎日新聞に掲載!

_DSC5935 - コピー.jpg首席客演指揮者の山田和樹が指揮した1月公演の批評が、朝日新聞(1月28日夕刊)と日本経済新聞(1月25日夕刊)、毎日新聞(1月28日夕刊)に掲載されました。

朝日新聞と日本経済新聞の批評はWEB版にも掲載されています。どうぞ、ご覧ください。

朝日新聞(白石美雪氏): 対比と共鳴、心にくい演出
日本経済新聞(江藤光紀氏): 場をつかむ変幻自在のタクト

【写真】©読響 撮影=青柳聡

新常任指揮者ヴァイグレらが登場! 4~6月公演、1月26日(土)発売

Collage_Fotor22.jpg《定期演奏会》《名曲》《土曜マチネー》《日曜マチネー》《みなとみらいホリデー名曲》の各シリーズの2019年4月~6月に開催する全12公演の1回券を、1月26日(土)午前10時から一般発売します(読響会員は優先発売中)。

新常任指揮者ヴァイグレは5月に登場し、ブルックナーの交響曲第9番をはじめ、ブラームスの交響曲第4番、ベートーヴェン「英雄」などを披露します。

首席客演指揮者マイスターは4月にムソルグスキー(ラヴェル編)「展覧会の絵」などを指揮。もう一人の首席客演指揮者の山田和樹は、6月にカリンニコフの交響曲第1番などで迫力のサウンドを響かせます。特別客演指揮者の小林研一郎は、6月にフランクの交響曲などに熱い想いを込めます。

エストニアの鬼才エルツ(4月)、マルチな活動で才能を発揮する鈴木優人(4月)、16年半ぶりに登場するカリスマ大植英次の3人の客演指揮者にもご期待ください。

ヴァイオリンのフラング、ボムソリ、ピアノのジュニエ、岡田奏、チェロのユリア・ハーゲン、上野通明ら、フレッシュな気鋭ソリストたちが共演します。

チケットのお申し込みは、読響チケットセンター 0570-00-4390(10時~18時・年中無休)へ。
「読響チケットWEB」 http://yomikyo.pia.jp/ でもお買い求めいただけます。

第216回土曜マチネーシリーズ

2019年4月27日〈土〉 東京芸術劇場

指揮=コルネリウス・マイスター
チェロ=上野通明

プロコフィエフ:交響曲第1番 ニ長調 作品25「古典」
カサド:チェロ協奏曲 ニ短調
ムソルグスキー(ラヴェル編):組曲「展覧会の絵」

第588回定期演奏会

2019年5月14日〈火〉 サントリーホール

指揮=セバスティアン・ヴァイグレ

ヘンツェ:7つのボレロ
ブルックナー:交響曲第9番 ニ短調 WAB.109

第217回日曜マチネーシリーズ

2019年5月19日〈日〉 東京芸術劇場

指揮=セバスティアン・ヴァイグレ
ピアノ=岡田奏

ロルツィング:歌劇「ロシア皇帝と船大工」序曲
モーツァルト:ピアノ協奏曲第21番 ハ長調 K.467
ブラームス:交響曲第4番 ホ短調 作品98

第589回定期演奏会

2019年6月13日〈木〉 サントリーホール

指揮=山田和樹
ソプラノ=アルビナ・シャギムラトヴァ

伊福部昭:SF交響ファンタジー第1番
グリエール:コロラトゥーラ・ソプラノのための協奏曲 作品82
カリンニコフ:交響曲第1番 ト短調

26日と27日、東京芸術劇場シアターオペラ「ドン・ジョヴァンニ」に出演!

ドンジョ.jpg1月26日(土)、27日(日)には、東京芸術劇場にて、東京芸術劇場シアターオペラ vol.12「モーツァルト 歌劇『ドン・ジョヴァンニ』」が開催されます(主催:東京芸術劇場)。このプロダクションは、全国共同制作プロジェクトの一環として行われており、20日の富山公演を終え、2月3日には熊本で上演されます。

指揮・総監督は、井上道義。演出は、井上の信頼が厚くダンサー・演出家として進境著しい森山開次です。オペラとダンスの邂逅、日本語上演という、新たな「ドン・ジョヴァンニ」をお楽しみください。オペラでの演奏でも高い評価を得ている読響の演奏にも、どうぞご期待ください。

両日とも開演1時間前の13時から当日券を発売予定です。詳しくは、東京芸術劇場ボックスオフィス0570-010-296まで。

東京芸術劇場HP:http://www.geigeki.jp/performance/concert152/

〈パルTAMA主催 読響しんゆり名曲コンサート〉2回セット券、好評発売中!

しんゆりシリーズ表.jpg4月7日(日)と8月28日(水)に「パルTAMA主催 読響しんゆり名曲コンサート」を、昭和音楽大学テアトロ・ジーリオ・ショウワ(新百合ヶ丘駅徒歩4分)にて行います。パルテノン多摩大ホールの使用中止に伴い《パルテノン名曲シリーズ》に代わる演奏会として開催。

お得な2回セット券は、一般料金9,400円、アテナ会員7,300円(年会費2,000円で同時入会可)で、現在好評発売中です。良い席はお得なセット券でお求めください。

お申し込みは、読響チケットセンター 0570-00-4390(10時~18時)、読響チケットWEB もしくはチケットパルテノン 042-376-8181(休館日を除く10時~18時)まで。詳しくは、パルテノン多摩HPのこちらをご覧ください。

◆4月7日(日)15時開演 昭和音楽大学テアトロ・ジーリオ・ショウワ
指揮:広上淳一 ピアノ:反田恭平
ベートーヴェン/「エグモント」序曲
チャイコフスキー/ピアノ協奏曲第1番
ベートーヴェン/交響曲第7番

◆8月28日(水)15時開演 昭和音楽大学テアトロ・ジーリオ・ショウワ
指揮:太田 弦 ソプラノ:廣田美穂 テノール:笛田博昭
ロッシーニ:歌劇「セヴィリアの理髪師」序曲
ドニゼッティ:歌劇「ラ・ファヴォリータ」から“優しい魂よ”
ヴェルディ:歌劇「アイーダ」から“勝ちて帰れ”
マスカーニ:歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」間奏曲
プッチーニ:歌劇「蝶々夫人」から“ある晴れた日に”
プッチーニ:歌劇「トゥーランドット」から“誰も寝てはならぬ”
チャイコフスキー:交響曲第5番

詳しくは、しんゆり名曲シリーズチラシ(PDF)をご覧ください。