Concert

第601回定期演奏会

2020 9. 8〈火〉 19:00  サントリーホール

指揮=尾高忠明
ピアノ=小曽根真

グレース・ウィリアムズ:海のスケッチ
モーツァルト:ピアノ協奏曲第23番 イ長調 K.488
ペルト:フェスティーナ・レンテ
オネゲル:交響曲第2番

音楽に、希望を込めて。
コロナ禍での「今」に想いを込めた、渾身のプログラム。第二次世界大戦中、ほぼ同時期に作曲されたウィリアムズ「海のスケッチ」と、オネゲルの交響曲第2番。自然に救いを求めて海の美しい情景を描いたウィリアムズに対し、オネゲルは、迫り来る大戦への閉塞感や悲痛な思いを音にした。しかし、最後は将来へ希望を託すかのように、トランペットの明るいテーマで閉じられる。間に演奏されるのは、小曽根真とのモーツァルトのピアノ協奏曲第23番とペルト「フェスティーナ・レンテ」。自粛期間中、53日間ライブ配信を続けて話題を呼んだ小曽根は、聴き手を自ずとハッピーな気分へと誘い、圧倒的な“オゾネ・ワールド”を作り出すだろう。ペルト作品は、“ゆっくりと急げ”という意味の欧州の古い格言をタイトルにした作品。まさに、世界が混乱している今、良い結果に早く至るためには、焦らずゆっくり進むのが良いのかもしれない。尾高流の静かに熱いメッセージが込められたプログラムだ。

★当日アンコールとして、
ピアノの小曽根真とコントラバス(首席)の大槻健が、ビリー・ストレイホーン/「A列車で行こう」を演奏しました。


【9月主催公演の開催について】
https://yomikyo.or.jp/2020/08/9-15.php
※当初の発表から出演者、曲目が一部変更になりました。
※1回券は、8月23日(日)から再発売します。

【新たな座席券の発送、及び再発売について(8月19日更新)】
チケットご購入者の皆様、ご出欠の希望をご返送いただき、ご協力ありがとうございました。
集計の結果、来場ご希望のお客様全員に、当選のお知らせと新たな座席券を8月28日までに送らせていただきます。
また、同公演の1回券を、8月23日(日)から再発売します。


【感染症対策へのご協力のお願い】

https://yomikyo.or.jp/kansensyotaisaku.php

※変更前の出演者、曲目はこちら
※座席表は
こちら(PDF)

チケット料金
S ¥7,600
A ¥6,600
B ¥5,600
C ¥4,100
読響チケットセンター 0570-00-4390(10時-18時・年中無休)
  • 団体割引(10人以上)あり。
  • 学生の方は、開演15分前に残席がある場合のみ¥2000(要学生証)。
  • 都合により曲目、出演者等が一部変更される場合もございます。あらかじめご了承ください
  • 未就学児童のご入場は、固くお断りいたします
  • 開演後の途中入場はご遠慮ください

尾高忠明:ⓒMartin_Richardson
小曽根真:ⓒ久富健太郎