News

2012年 年頭のご挨拶 「音楽の力を信じて」

謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

2011年3月11日の東日本大震災。

私たちは8日後の19日、震災後初の公演を東京・池袋の東京芸術劇場で行いました。

冒頭の黙祷。目を閉じると、まるで大ホールに一人取り残されたかのような静寂の海が広がりました。

その張り詰めた心に染み透る「G線上のアリア」・・・。

被災地の避難所での弦楽四重奏。

最後に唱歌「故郷(ふるさと)」を避難住民の方々に歌っていただきました。

涙する女性の姿に、私自身も目頭を熱くしてしまいました。

震災はあらゆるものを奪い去りました。

故郷も、家族も、希望さえも。

しかし、その中で改めて知らされたことがあります。

人間には音楽がある、人間から音楽は奪えない、ということです。

音楽を聴くことの喜びと慰謝の力は、あらゆる困難を乗り越えてゆく、生命の原動力となるはずです。

お陰さまで読響は今年4月に創立50周年を迎えます。

私たちはこの音楽の原点に立ち返り、活動を続けます。

読売日本交響楽団 理事長  横田 弘幸