川瀬賢太郎が登場! 《三大交響曲》を東京・横浜で演奏へ

明日16日(土)と17日(日)に、サントリーホールと横浜みなとみらいホールにて、川瀬賢太郎の指揮で《三大交響曲》を披露します。
 
DSCN2461.JPG川瀬は、今年4月から“国内最年少の常任指揮者”として神奈川フィルのポストを務めている29歳の期待の指揮者。読響とは、2011年の読響大阪定期演奏会、2013年のラ・フォル・ジュルネ音楽祭、今年2月の都民芸術フェスティバルなどで共演しています。個性的な解釈と思い切りのよいタクトで音楽を創り、近年メキメキと頭角を現してきました。今回の《三大交響曲》で、有名な「未完成」「運命」「新世界」の3曲により、どのような音楽を聴かせてくれるのか、期待が高まります。
 
なお、16日と17日のチケットは両日とも完売しております。各日、開演1時間前の13時から、キャンセル待ち整理券を配布します。
[2014年8月15日 19:17]

読響チケットセンター

前の月へ2016年12月次の月へ

    1
45
18:30
6
19:00
78910
111213
19:00
14151617
14:00
1920
19:00
22
19:00
2324
25
14:00
26
19:00
2728293031

クリックすると、読響ブックレット2016が新しいページでPDF表示されます