「彼方の閃光」などが、日本経済新聞「2017年ステージ展望」で紹介されました

cambreling.jpg日本経済新聞(1月5日夕刊)の「夕刊文化」の「2017年ステージ展望/クラシック 《難曲・大作に挑む国内オケ》」にて、「今年最も注目すべき国内オーケストラ」として読響が紹介されました。記事では、常任指揮者カンブルランが振る3つのメシアンのプログラム(1月31日「彼方の閃光」、4月15日「忘れられた捧げもの」、11月「アッシジの聖フランチェスコ」)が挙げられています。

記事は、以下の日本経済新聞のWeb刊でもご覧いただけます。
http://www.nikkei.com/article/DGKKZO11290570U7A100C1BE0P00/

なお、1月31日(火)の「彼方の閃光」公演(会場:サントリーホール)のチケットは絶賛発売中です。
残券が少なくなっておりますので、お買い逃しなく。

第566回定期演奏会

2017年1月31日(火) 19:00 サントリーホール

指揮=シルヴァン・カンブルラン

メシアン:彼方の閃光

[2017年1月10日 16:41]

読響チケットセンター

前の月へ2017年4月次の月へ

      1
2345678
14:00
9
14:00
101112131415
18:00
161718192022
2425
19:00
26
18:30
272829
14:00
30
14:00
      

オーディション

  • 現在、募集はありません
クリックすると、読響ブックレット2017が新しいページでPDF表示されます