News

「アッシジ」公演が『音楽の友』誌の「コンサート・ベストテン2017」で第1位に

20180118120112-0001.jpg昨年11月に常任指揮者シルヴァン・カンブルランの指揮で行ったメシアン「アッシジの聖フランチェスコ」(演奏会形式)公演が、月刊誌『音楽の友』(2月号/音楽之友社)の音楽評論家・記者40人が選ぶ「コンサート・ベストテン2017」で第1位となりました。

池田卓夫、佐野光司、長木誠司、寺西基之、東条碩夫、野平多美、萩谷由喜子、長谷川京介の各氏が「第1位」とし、青澤唯夫氏をはじめ15人が「ベスト10」の中に同公演を挙げました。

また、読響がオーケストラ・ピットで演奏した昨年10月の新国立劇場/ワーグナー「神々の黄昏」公演も、第7位になりました。

「音楽の友」誌は、全国の書店で販売しているほか、以下の「音楽の友」HPからもお買い求めいただけます。どうぞ、ご覧ください。
https://www.ongakunotomo.co.jp/magazine/ongakunotomo/