Concert

第531回名曲シリーズ

2010 10. 8〈金〉 19:00  サントリーホール

リヒャルト・シュトラウスの華麗な音絵巻に酔いしれ、益々人気のベートーヴェンに心躍らせるライヴ。ブラジル・サンパウロ出身の気鋭マエストロ、ロベルト・ミンチュクの客演にご注目を。今年43歳。マズアに認められたミンチュクは、カルガリー・フィルの音楽監督と母国の要職を兼務。欧米メジャーでも人気だ。ドイツの俊英チェリスト、ヨハネス・モーザーと、読響が世界に誇るソロ・ヴィオラ奏者・鈴木康浩を交えた「ドン・キホーテとサンチョ・パンサの冒険物語」は必聴。

(奥田佳道)

指揮:ロベルト・ミンチュク
チェロ:ヨハネス・モーザー
ヴィオラ:鈴木康浩
R.シュトラウス/交響詩〈ドン・キホーテ〉
ベートーヴェン/交響曲第7番

【主催】読売新聞社、日本テレビ放送網、読売テレビ、読売日本交響楽団

文化芸術振興費補助金(芸術創造活動特別推進事業)

チケット料金
A ¥8,000
B ¥6,000
C ¥5,000
D ¥4,000
  • 団体割引(10人以上)あり。
  • 学生の方は、開演15分前に残席がある場合のみ¥2000(要学生証)。
  • 都合により曲目、出演者等が一部変更される場合もございます。あらかじめご了承ください
  • 未就学児童のご入場は、固くお断りいたします
  • 開演後の途中入場はご遠慮ください